« 学習と学問の違い | Main | 【告知】 この夏一番長い日 »

August 21, 2013

バンダイホビーセンター取材@RRM

9月刊行予定のRRM誌#3(モデルアート刊)で
BHC工場見学的な記事が掲載されるのだが、その内容確認が回ってきた。

元々#2で掲載を予定されていたらしいのだが
取材スケジュールの調整がつかず、結局#3での掲載となった次第。
なので、その折の雰囲気は既にBHCサイトのブログで紹介済みだったりする。
http://blog.lalabit.com/hobbycenter/archives/2013/06/10/index.html

内容的には総花的な面はあるが、通り一遍な"プラモが出来るまで"的なモノではなく
それぞれの現場でどんなことを考えながら何をしているのか、
というあたりも拾っていただき、
ナマのBHCが透けて見えるような記事に仕上げていただいた。

で、そのBHC取材の相談を持って来たのが旧知のフリーラーター氏なのだが、
RRM創刊後すぐにMA社内で何とかしないと…な話が持ち上がり
件のライター氏が外部スタッフとして協力することになり
BHC取材の相談の際に"RRM誌の今後を案ずる会(仮)"的な話しになり
その流れでカワグチもRRM誌に関わるようになったのがそもそもだったりする。

その後、MAの中の人(非編集スタッフ)も交えて"案ずる会(仮)"では
超絶作例は他誌さんが先行してる訳だから
RRM誌には"作る"ことを促す内容で、
"艦スペ"みたいなアーカイブ性にある誌面をイメージしてたんだけどなぁ…
という極めて個人的な印象から、コンセプチュアルな話しや具体的な改善策など
半ば無責任な話しも含め社内会議にお持ち帰りいただいた。
まぁ、編集方針に立ち入るつもりなどは端から無いので
最終的には編集長氏のご判断に委ねることになる。

その後も断続的に意見交換などは行われていたりするが
編集長氏とも直接お話しをするようになり
"案ずる会(仮)"は発展的解消ということになっている。

#3ではスタッフワークも刷新して臨まれているようだが
今回の陣容を聞いて率直に"そっち行ったかぁ…"という印象を受けた。
収録内容はバルキリーとヤマト艦載機ということだが
結果的には"いきなりロボ"よりはMA的にもやり易いんじゃなかろうか、
というのがサンライズの中の人との共通見解だったりする。

あと1ヶ月ほどで店頭に並ぶ訳だが
先行して記事起こしされたBHCレポだけではどんな誌面になるのかは判然としない。
とりあえずは更新される情報を順次確認しながら
お付き合いは継続していくことになる。

|

« 学習と学問の違い | Main | 【告知】 この夏一番長い日 »

Comments

MAにざく太郎紹介したってほんと?

Posted by: 通りすがり | August 22, 2013 11:54 PM

一部でそのような風評が流れていることは見知っておりますが、
そうした事実は全くありません。

更に言うなら他のモデラーさんなども模型誌に捻じ込んでいる、
というような風評もありますがそれらも事実無根。
そもそも他人を紹介するだの斡旋するだのというリスクは負わない主義ですし、
仕事に関する人間関係に於いてプライベートに近いところで接点を持つことは、
それこそストリームベース在籍のころからしないことにしてますのであり得ません。
モデラー間の付き合いもそうですし、
模型誌をはじめとする取引先諸氏ともそのような距離感での付き合いしかありません。

Posted by: 川口 克己 | August 23, 2013 10:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バンダイホビーセンター取材@RRM:

« 学習と学問の違い | Main | 【告知】 この夏一番長い日 »