« 適正サイズという限界 | Main | 学習と学問の違い »

June 25, 2013

模型の国の縄張り争い①

以前よりカワグチ的にはプラモデルと女性の親和性は高い、という話を折々でしてきた。
その一方で女性がプラモデルを嗜むことを珍獣を見るがごとく取り上げるメディアに対し
不審の目を持って見ていることも記してきた。

基本的にそのスタンスは自分の中では全く揺らいでいないのだが、
熱心にプラモデルを楽しんでらっしゃった女性モデラーがある日、模型の国から去ってしまう…
という例に度々接し、その辺りに思いを巡らせていて思ったのは
形骸化しているとは言ってもやはり「模型は男の趣味」という固定概念は根強いということ。

特に年季の入った模型趣味者の中には「模型道に女子供が入ってくんじゃねぇ」という
些かアナクロな求道主義があり、排他的傾向が強い方が少なくないのではないかと思ったりする訳です。
また、男が大半を占める模型の国に女性が入ってくるとオス化する人も少なくないようで
排他と下心の入り混じった直接・間接の攻勢に晒されれば、
女性にしてみれば、そりゃぁ耐え切れるものではなかろう。

今までは女性モデラーのコミュニティに対してはメディアの好餌という印象があり
カワグチ的には比較的ネガティブな見方をしていたのだが
絶滅危惧種が何の手段も講じず放置されていればそのまま絶滅の道を歩むを例にするまでも無く
彼女たちが模型の国に根付くためには
誰からも脅かされることの無い入植地は間違いなく必要なのだろう。

カワグチは女性モデラーに対して否定的と思われているROMさんもいらっしゃるだろうが
冒頭に述べた点は過去日記をサルベージしていただければ詳細が発掘出来ると思う。
今回はそこに現実的な視点が加わったということですよ。

|

« 適正サイズという限界 | Main | 学習と学問の違い »

Comments

昔のガンプラとスケールモデルといわれるプラモのモデラーの関係は、今はどうなのかなあって思いました。
コンテストを観に行くくらいの私なせいか、実際の縄張り争いを目にした事がないんです。
交流の場があると、大人になれない(社交性がない)人が少なくないのかしら。
女性の作品も面白いし素晴らしいものもあると、コンテスト作品を観て思うのですが。

Posted by: にあ | June 25, 2013 12:42 PM

ずいぶんと久しぶりにコメントします。ブリタニア帝国から帰国してプラモデル買いまくりだぁ~と思っていましたが、現実は狭い部屋と時間が無いなどの制約が有り、完成品のロボット魂すら躊躇する状況です。ですが、人が作った作品を見て刺激を受けています。模型を作る世界で縄張りとか差別とかがあるのは悲しいですね。みんな楽しく楽しめばいいのに。いままで気がつかなかったです。模型作成じゃ無いけど妻の友人でMS in Actionのシャアザク(限定版か、何かの特典のレアなもの)とか自慢されたりとかしていたので・・・

Posted by: ブリタニア帝国住人 | June 26, 2013 10:56 PM

はじめてコメントさせていただきます。

最近の世の中では、女性が男性の職場に進出して来たり、逆に男性が今まで女性の職場とされていた職種に進出したりしてきていますよね。
そんなご時世に、女性が模型を作ることを珍獣が見るがごとく取り上げるメディアに対しては違和感を持たざるをえませんね。感覚が古いのか、模型という世界自体を蔑視しているとしか思えません。
が、模型を趣味にもつ女性を取り上げていただくことで、なんとなく閉鎖的に受け取られがちな模型の世界に光があたってくれればとも思いますが。
ただ、気をつけないと一時のF1ブームのように食い散らかして終わりという形になりかねないので、注意が必要と思いますが。

Posted by: pepe32red | June 27, 2013 07:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 模型の国の縄張り争い①:

« 適正サイズという限界 | Main | 学習と学問の違い »