« GBWC2012 優勝作品評 | Main | 適正サイズという限界 »

April 18, 2013

とりあえず作ってみようや

先日YS秋葉原スケールショップで店長さんと話をしていてガルパン特需の話になった。

キットを買われた方が箱絵と違う…と悲嘆にくれるケースが続出してるということだが
確かに"P虎"などは初プラモの人にとっては途方にくれるだろうなぁ・・・とも思うが
そこで○mmプラ板を切り出して・・・などと改修点を示されても
多分不安は払拭されないのではなかろうか。

だったら厚手のケント紙でもキットの箱紙でもいいから箱絵を見ながら
ハサミで丸を切り出して両面テープで車体側面に貼り付ける、
同じように紙で砲塔上面の張り出しを作って貼り付けて塗装する・・・
ってことならまだ工作面での不安は軽くないかい?

塗装した後の質感が違っちゃうじゃん・・・と言われると思うけど
そんなことはあったり前のことで
実際やってみないとどれくらい違うかもわからなくないですか?

模型の国の人たちが使っているエポパテでもポリパテでも
スチロールとは質感違うんだから。
それを均すためにサフ吹いてるんでしょ?

技術論とか厳密な考証はその後でいいじゃん。

とにかく作らないとスキルは永遠に上がらない訳で
大洗戦車隊を並べたくて買ってるんだろうから
そこでいきなり高いハードルを前にして足踏みするより
"なんちゃって"でもなんでも作った方がいいと思うんだねぇ。

劇中で38(t)にヘッツァー改修キット・・・などという台詞が出てくるから
考証的なところに縛られる気分もあるとは思うけど(罪作りだとも思うけどw)
ディティールに目をつぶってとにかく作って
車体前面装甲板にマウスの履帯でガリガリ削られた跡を付けるだけでも
それはそれで良い作品になる思う訳ですよ。

それでもやっぱり気になる人は2台目ということで
他キットからパーツを持ってきて、ミリ精度の工作施して仕上げる。

徹底改修した大洗版ヘッツァーの前面装甲ガリガリにするの、嫌でしょう。
だったら最初っから割り切って作っちゃった方がスキルも上がるし
満足も得られるのでないかと思うんだけどなぁ・・・。

毎度の繰り返しで申し訳ないですが
模型はこう作らなければならない…なんてことは無い訳で、
自分が楽しめればそれはそれで良いでしょう。

コンテストに出すというような場合は
それ用に気持ちも切り替えて臨めばいい訳で
普段から"なんちゃって"で作り倒している経験を集大成して臨めば
誰からも文句言われる筋合いのない、自分でも納得できる作品が出来ると思うですよ。

ストイックに模型道を歩んでらっしゃる方からは
こんなことを言うこと自体が害悪を垂れ流してると思われるんだろうなぁw

|

« GBWC2012 優勝作品評 | Main | 適正サイズという限界 »

Comments

子供の頃
あれだけプラモ作りが楽しかったのは
人の目を気にせず自由に作っていたからですよね。
接着剤がはみ出ようがゲート跡が残っていようが
完成したら嬉しかったですね。
そういった原点は忘れずにプラモ製作したいと思います。

Posted by: えふらっぷ☆ | April 21, 2013 06:51 PM

■えふらっぷ☆様
完成して嬉しいけど自分の中では「いつかきっと…」的な感情もあったはずだとおもうんですね。自分が納得できるためなら多少のことは頑張れるはずで、その最初の一歩を踏み出したときに模型の国のゲートをくぐってしまうのではないかと思う訳です。

Posted by: 川口 克己 | April 26, 2013 07:04 PM

問題はプラッツが明確な悪意を持ってユーザを騙そうとしたことです。
パッケージやwebサイトにキットを組み立てた物と違う物を掲載し、ユーザに誤解させて購入させようとした。
差分が有ることに怒っているのではなく、騙そうとしたことに怒っているのです。
一度失った信用はそう簡単には取り戻せない。


例えば『HGUC MS-06R-2 高機動型ザクII 後期型』のキットが発売されたとする。
パッケージの組立完成見本にはMS-06R-2 が載っているが「細部に異なる部分があります。」と注意書きがある。
またはMS-06R-2 のイラストのみで組立完成見本が載っていない。
ユーザは当然、このキットはMS-06R-2 が改造しなくても作れると思って買う。

しかし、買ったキットの中身は『HGUC MS-06R-1A 高機動型ザクII』の商品と同じパーツしか入っていなかった。
この状態で「同じ 高機動型ザクII なんだから、べつにいいじゃん」とか「脚部装甲くらい厚紙で自作すればいいじゃん」というのなら、もはや何も言うことは無いです。


プラッツの商品を購入して騙された人は「模型の国で詐欺まがいの酷い目にあった」とまわりの人に自分が経験した事を伝えるでしょう。
こんなことをしていては模型の国から誰もいなくなってしまいますよ。

Posted by: 闇に吠えるもの | May 01, 2013 07:15 PM

■闇に吠えるもの様
悪意の有無に関しては他社の人間である私には何を言える立場でもありません。

例に挙げられているようなことは少なくともバンダイでは意図を持って行うことはありませんし、一般常識として許されるものではないと思います。

許されるものではないものははなからありえないというのが前提ということで
文中では特に記していませんでしたが、本文に挙げた話はメーカー擁護を意図したものではありません。

こんな中途半端なものを手にして作るのやめちゃうのは残念すぎるから何とかする方法考えようぜ。というのが主旨であることを申し述べておきます。

Posted by: 川口 克己 | May 01, 2013 07:31 PM

コメントの返答ありがとうございます。

返答内容を読んで、川口さんの意図を私が丸っ切り読み取れていなかったことが分かりました。
主旨の違う発言をして、どうもすみませんでした。

意図の読み取れない、だだの"痛い人"になってしまいました。すみません。

最後に、一番最近作った「ポケプラ オーダイル進化セット」は大変素晴らしいキットだった。とだけ言っておきます。

Posted by: 闇に吠えるもの | May 01, 2013 08:32 PM

■闇に吠えるもの様
言葉足らずであったこと、申し訳なく思っております。
同様に思われた方もきっと少なくないと思います。

静岡ホビーショーも間近となりましたが
メーカーさんも流通、一般のお客様から
色々と苦言が寄せられるのではないかと思います。

来年の映画化も決まったガルパンですから
そこに向けてどのような展開をされるのか
多くの方が見ていることを意識していただきたいものです。
「模型ってゆるい」などと思われてしまうのは甚だ心外ですので。

オーダイル進化セット、シールが貼り難くて大変だったと思います。
設計担当はよく知っている者ですのでお伝えさせていただきます。

Posted by: 川口 克己 | May 01, 2013 08:43 PM

昔バンダイは、Rー2のランドセルがRー1と違うのを知っていながら同じランドセルで出したはずですよね。

違いましたか?

Posted by: まこ | May 09, 2013 09:14 PM

ご指摘の商品を特定いただけますでしょうか。

Posted by: 川口 克己 | May 10, 2013 09:09 AM

プラモを作る
私にとってこれは、脳科学者の茂木先生の言うところの『脳が喜ぶ』ことなのです。
あの組み立て&塗装が終わったときの達成感。私の脳はこの時一番喜んでいる気がします。
今回のMGガンダム3.0Ver.は今まで一番脳を活性化させてくれた、スゴイキットでした。

私の脳をさらに喜ばせてくれる商品を創り続けてください。

Posted by: 真ハセログ | September 11, 2013 11:14 AM

ありがとうございます。
作業として作るのと意思なり意図をもって作るのでも
きっと感じ方は違ってくるのでしょう。
プラモデルという作ることを
楽しんでいただけるような気分で向き合っていただけるとありがたいですし
喜んでいただけるような商品をご提供できるよう頑張ります。

Posted by: 川口 克己 | September 11, 2013 01:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference とりあえず作ってみようや:

« GBWC2012 優勝作品評 | Main | 適正サイズという限界 »