« January 2013 | Main | April 2013 »

February 22, 2013

方便としての"リアル"という言葉

模型の国の住人が目指す方向性の大きな流れに"リアル"という志向がある。
よりホンモノに近づけるというのが模型的志向のひとつだとするなら
近づけば近づくほど"リアル"ということになる。

ホンモノの無いガンプラの場合は
もし本当にモビルスーツなどという戦闘兵器があったとしたら…
という仮定に立ち、その場合どういうものになるだろうと想像をめぐらせ
表現していくことが多くの場合"リアル"とされる。

お台場の18mさんを見上げながら、これが走り回り、飛び回り、転げ回り、
敵と撃ち合い、殴り合い、蹴り合うことを想像すると
"リアル"ってなんじゃい? と正直なところ思わなくも無い。

それを言い出すと全否定になるので、
そこには触れず模型として"リアル"を志向する、というのが
自分も含めた多くのガンプラモデラーではなかろうか。

関節部に油圧シリンダー風のディティールを入れるとか、
航空機のブレードアンテナのような意匠を入れてみるといった、
既知のディティールを入れることで機能を想像させるといった工作的アプローチや
塗装の剥がれや汚しを加えることで使用感を表現するといった塗装的アプローチなど
現在様々に見られる"リアル"に見せるためのアプローチは
"リアル"という記号を盛り込んでいく作業であると思っている。

極論すればホンモノっぽく見せるための方便が"リアル"という言葉であり
ホンモノっぽさというのも人によって感じ方が異なるので
これこそが"リアル"という絶対的な定義は実はどこにもない。

カワグチなどはスケールモデルを作りながらガンプラも作るという経歴を経ているので
その考え方、手法を使って"リアル"と思われる自分の中の回答を作ってきたつもりだが
大河原さんの設定線画に近付けることを、或いは、
「めぐりあい宇宙」の安彦さん作画のガンダムに近付けることを"リアル"とする考え方もある。

あんこうチームのIV号戦車の砲塔に劇中には無い控えめに描いた藤の花を入れるとか…
絶対負けられない生徒会の38(t)に勝手に履帯脱落防止板を付けてしまう…
というような暴挙もアニメの作品に登場する乗員やドラマを踏まえて想像を逞しくすれば
考えようによっては"リアル"の表現方法のひとつと言えなくもない。

個々人が求める目標を表現するためのアプローチは
すべからく"リアル志向"と言えるのかもしれない。
それを"リアル"の定義とするのはあまりにも乱暴だと思うので分けて考えるべきだとは思うが、
"リアル"の定義が曖昧であることには変わりは無い。

このあたりの"リアル"に対する意識の持ち様も
先日の"自由"、"自分に課すルール"の話とかぶってくる…と言うか
自分に課すルールのひとつでもあると思う訳で
そこがブレなければ作ってる最中に迷走したり暴走することも無いとは思うんだねぇ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 20, 2013

模型の国に於ける"自由"

模型の国で時々聞かれる言葉に"自由"或いは"自由度"というのがある。

カワグチ的には普段から
「自分の趣味なんだから自分が思うように作ればいいじゃん…」
などと言っている訳だが、
「他人の目を気にして模型が作れない…というのは本末転倒じゃね?」
「こうしなきゃいけない的なお作法があるから模型はめんどくさい…って思い込んでない?」
というあたりが真意だったりする。

ここでポイントになるのは自分が納得できるか、満足できるか、というところで
ガルパンでおピンクのリーがあるんなら黄色いグラントがあってもいいかも…
などと思うのはその人の感性であってそれは自由の範疇。
本人が納得して作るんならそれでもいぃじゃん…でも、俺は作らないけど。
WLでマストを細く作り変えるの面倒だからパーツのまんまで作ります…というのも自由。
それで編成出来るくらい艦艇を揃えられるんならそれでもいいじゃん…俺は気にするけど。
というのがカワグチ的なスタンスだったりする。

こういう書き方をすると突き放したような印象を持たれるかもしれないが
自分だって模型の国にやって来た当初はそんな感じだった訳で
当時はそれなりに自分の中で満足はしていた。
ただ、興味を持てば持つほど知識欲が生じるのが人情で
知識が蓄積していくと納得のハードルは勝手に上がっていく。

ゼロ戦を真っ黒く塗って夜戦塗装だぜ、カッケぇ~と喜んでいた小僧も
知識が備わってくると、
零戦の夜戦型は20mm斜銃を装備していて…などと薀蓄をたれるようになり、
その段階で黒塗りのゼロ戦は急に色褪せ闇に葬りたくなる。
それが自分の中の納得度のハードルが上がった瞬間であろう。

黒塗りゼロ戦に喜んでいる小僧に
大人が「そんな零戦は無い!」などと冷や水を浴びせかければ
小僧は意気消沈して模型の国を去ることを決めるかもしれない。

誤りを正すのは知識を持つ者の努めだと思っている人はそれも止む無し…
と思うのかもしれないが、ハッキリ言って大人気ない。

「確かに夜戦用に黒く塗った戦闘機はあるけど、零戦の夜戦型は…」
と、道を示してくれれば小僧の知識欲は掻き立てられるはず。
否定するのは簡単だが、それは自分の知識を誇示するだけの自慰行為に過ぎないと思う訳で
他人の自慰行為に付き合う義理は誰も持ち合わせていない。

最初っから超絶技巧でスゴイ模型を作れるヤツなんてそうそういる訳ではなく
大人気ない人だって最初はブンドドに興じていたのかもしれない。
模型の国に長く住んでいるとそういう記憶は消去されがちだが
次代の模型の国の住人予備軍を育む上で
カワグチ的には"否定から生まれるもの無し"という意識は譲る気は無い。

だからと言って、
手抜きの言い訳として「どう作ろうが俺の勝手」と嘯くのもどうかとは思う。
特にキャラものの場合、本物が無いから自由に作ることが出来るという表現がよく使われるが
本当に自分で納得してるの?と、聞いてみたくなることはままある。

カワグチ的には模型の国で言うところの"自由"は
"自分の中でルールを作る自由"だと認識している。

パンターにDAKのマークは付けないし
赤城に天山を乗せることは自分の中で絶対に良しとは出来ない。
でも、VII号戦車の模型を作るのであれば暗視装置を付けてみよう…とか
unicraftのJu187を作るんならルーデルの機体にしようか…などとは思う訳で
考証という制約を課した中でどれだけ楽しめるかというのが自分の中のルールだったりする。

ガンプラにしても然り。
カワグチ的にはルウム戦役で戦ったGMなどというものは作れないし
黒い三連星のゲルググというのは全く食指が動かない。

そういう意味ではカワグチが自分に課している自由度というのは甚だ不自由なものかもしれない。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 14, 2013

自分に合ったツールに出会えるという事は幸いである

カワグチが先端に溝の切ってあるピンセットを30年来愛用している
というのは模型誌さんでも取り上げていただいたので
ご存知の方も多いかもしれない。

時計屋さんが微細な螺子を扱う用のピンセットらしいのだが
現在入手出来ないらしく、今度アスキー・メディアワークスさんが
"電撃ツール"として商品化されるということでご協力などもしていたりする。

まぁ、アレは特殊工具の類なので無ければ困るというものでもないのだが
普段使いのピンセットもピンキリで、
人によって合う合わないがはっきりあることを改めて認識した。

普段使っているのはこれまた現在絶版になっているのだが
プロホビーさんが以前販売していたピンセットで
はさむ時の固さ、先端のグリップの具合がカワグチ的には丁度良い具合だったので
ずっと愛用しているのだが、これが自宅作業机の上で遭難したらしく
見当たらなくなってしまった。

とりあえず代用に…ということで1000円ちょっとのピンセットを買ってきて
使ってみたが、先端のグリップがぜんぜん効かない。
しょうがないので以前買ってあまり使ってなかった
1000円弱のピンセットを引っ張り出して使ってみると
グリップの効き具合が全く違う。

はさむ時の固さがイマイチしっくりこないということでお蔵入りしてた訳だが
改めて使い比べてみるとここまで違うのか…ということを改めて思い知った。

ツールの使い勝手というのは人によって異なるし、用途によっても変わってくる。
値段の多寡でも判断できないのが難しいところではあるのだが
総じて良い道具というのはそれなりのお値段がするもの。

普段「お気楽に作ろうぜ」と言っているカワグチだが
もちろんピンセットが無くても模型趣味は楽しめる。
ただ、あった方が効率的だし精度も上がるのも間違いない。
どうせ買うんなら自分に合ったツールを見つけていただきたいところではある。

これはもうお店の方とご相談だが
ピンセットなどはお試しさせてもらえれば
自分に合ったものに巡り会えるかもしれない。

ちなみに道具ケースの中には
普段使いでは全く使用してないピンセットが4本あった。
さて、帰ったら遭難中のピンセットの捜索隊を派遣するか…orz

20130214


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | April 2013 »