« SNSに寄せられる商品化リクエストにコメントしない訳 | Main | "たかが"模型にややこしい話を持ち込むようになった訳 »

January 23, 2013

それでもボクはサフをふかない ~カワグチ流邪道道~

以前からカワグチは基本的にプラモデルにサフを吹かないと公言している。
(レジンキャスト・キットは除く)

敢えて刺激的な言葉を使えば
なんでもかんでもサフを吹いてから塗装という"お作法"に馴染めないのよ。


「下地にサフ吹いとかないと成型色の影響が出ませんか?」
と、聞かれることがある。

そういう理由をわきまえたご質問には真摯に向き合うのですが、
カワグチ的には本塗装をする前に
同系色の隠ぺい力のあるやや濃い目の色で下地を吹くので
成型色の影響はほとんど受けません。

サフに比べると塗料の厚みは遥かに薄いので彫刻が埋まることもない。
むしろ、グレイ、白サフの上にきれいに塗膜を乗せるのって難しくないですか?


「ヒケとか傷とか埋めないんですか?」

深いヒケや傷の処理にはピンポイントでMr.SSP(旧アルテコ)やビンサフを使います。
下のような浅いヒケはペーパーで処理してしまいます。

20130123a

カワグチ的にはパーツ表面を1000番くらいのペーパーで軽くやするところから
下地処理が始まる訳です。
入り組んだ細かいところはスルーしますが、
基本的にはパーツのほとんどにペーパーをかけます。
これは、ヒケ、傷の確認及び処理はもちろんですが、
抜きテーパー(わからない方はグーグル先生に聞いてください)の処理、
塗料のノリを良くするための表面の荒らしといったサフ同様の目的があります。

20130123b

600番くらいのペーパーでヒケが気にならなくなるまで
表面全体をやすり、その後、番手を上げて平滑面を出すのは普通のヤスリがけと同じ。

ツヤの有無に関わらず仕上げのクリアコート層がそれなりの厚さになるので
塗膜は出来るだけ薄くしておきたいというのがひとつの理由ではあるのです。

成型色の影響を受けなくする…
ヒケや細かい傷を埋める…
塗料のノリを良くする…
といった目的がクリアできれば良い訳で
カワグチ的にはサフを使って塗膜が厚くなるよりは
ペーパーと下地塗装で下準備をした方がいいや…ということでサフを吹かない訳です。

ただ、やりすぎるとエッジが無くなってダルダルになるリスクも勿論ある訳です。
手間は確かにかかる訳で、
だからカワグチはペーパーがけが死ぬほど嫌いなんだと改めて思う訳です。

目的を達成するための手段は必ずしも1対1では無い訳で
切った、貼った、塗った、という基本的な作業にしても
人によって段取りや道具、作業方法は微妙に異なると思う訳です。
だからカワグチは通り一遍のHow-Toが大嫌いな訳です。


ちなみに、表題の"カワグチ流邪道道"は
"カワグチリュウジャドウミチ"と読んで欲しいなぁw

--------------------------------------------------------------

<補足>

サフェイサーを吹くな、と言ってる訳ではないのだからね。
そんなこと言うと自分も大嫌いになってしまいますので。

勘違いすんなよ。手抜きの薦めじゃないからなw

|

« SNSに寄せられる商品化リクエストにコメントしない訳 | Main | "たかが"模型にややこしい話を持ち込むようになった訳 »

Comments

カワグチリュウジャドウミチですね、(`・ω・´)ゞ
了解しました。なんだか中二病的サウンドがステキングです。そして、サフより(失礼)、アスナの新しい使い方が勉強になりました。今度から私は桐乃を使います。

私もサフレスモデラーです。サフしたら部屋の静電気を帯びた部分が粉だらけになるので(笑)
ヒケも削り落とすか、バンパー修理用の速乾性のパテを薄くか瞬着で埋めて削ってます。

Posted by: しうしう@うなぎ犬 | January 23, 2013 03:24 PM

ペーパーがけ死ぬほど嫌いとかHow-To大嫌いとか言ってる段階で
正統派モデラーさんからは白眼視されてしまうのでしょうが、
カワグチは別にそういう人たちのために模型を作っている訳ではないので
これからも邪道街道を勝手に走っていくのですw

厨二的な言動は普段からなのでむしろ楽しんでいたり…w

このところモバマスのおねいさん頻出だったので趣向を変えてみました。
黒雪姫先輩もそのうち…。

Posted by: 川口 克己 | January 23, 2013 03:44 PM

何が正統で何が邪道かは、個人的には名人流お遊びかなあって思いました。
正統といわれる空気みたいなのは、なんとなくわかるくらいになってると自分で思うのですが(笑)。
遊びは好きなように楽しみましょう、ですね。

Posted by: にあ | January 23, 2013 07:43 PM

此方も基本的にはサフは吹かないのは勿論、
サフ塗りは滅多にしませんね。^^;

此方流は主に部分塗装ですが、
3回サンプラ大会に応募したうちの2回は力(りき)を入れすぎて、
本来の部分塗装ではなく、
全塗装に近い感じでやっちゃってます。^^;

といっても、環境が理由でエアブラシを使わず(というよりは経済的に買えず・・・)、
筆塗装やマーカー塗装でやっています。

でも、たまにトップコートは吹くかも♪^^(本来は吹いてないです)

シールは殆ど使いませんが、
近いうちにシールを活用した制作法もマスターしないと・・・と思います。

Posted by: 菊池 勝 | January 23, 2013 09:18 PM

結局は自分でどこまでやれば納得できるか、という点に尽きると思います。

Posted by: 川口 克己 | January 23, 2013 10:50 PM

納得ですか。おっしゃる通りですね。
最近久しぶりにやすったら、やすりすぎて凹みました。
けど、私は今回紹介された記事をみて、またがんばろうと元気をもらいました。
ありがとうございました。

Posted by: にあ | January 24, 2013 06:46 AM

しばらくやってないと感覚を忘れてしまうので
基本は"継続こそがチカラ"です。

Posted by: 川口 克己 | January 29, 2013 06:28 PM

ありがとうございます。ヽ(´▽`)/

Posted by: にあ | January 30, 2013 06:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference それでもボクはサフをふかない ~カワグチ流邪道道~:

« SNSに寄せられる商品化リクエストにコメントしない訳 | Main | "たかが"模型にややこしい話を持ち込むようになった訳 »