« October 2012 | Main | January 2013 »

December 25, 2012

GBWC2012 終了しました

20121225

ブログ自体ずいぶん音信普通になっている訳ですが
夏以降、GBWC各国(エリア)の代表選や諸々のイベントに参加、
それに合わせた作りモノ仕事に終始していた訳ですが
一昨日前の日曜にGBWC2012ファイナルが開催され
今年のグランドチャンピオンが決まりました。

既に結果はいろんなところで紹介されていますが

オープン部門全13作品中、
優勝を獲得したのは香港代表。
2位はフィリピン、3位が韓国

ジュニア部門全11作品中、
優勝を獲得したのはインドネシア代表、
2位は香港、3位がタイとなりました。

審査はHJ誌、DHM誌、MG誌各編集部からの3名に
岸山、カワグチを合わせた計5名で行いました。

審査員はそれぞれに
「工作」「塗装」「アイデア(創造力・クリエイティビティ)」
の3項目に対し各10点計30点満点で各作品を評価し、
それを集計した後に審査員5名で協議の上、決せられた訳ですが
各国(エリア)の優勝作品が集まっているだけに
極端な点差はつかず、審査は難航しました。


国内外を問わず、今回GBWCに応募いただいた作品の中には
昨年の入賞作品を踏まえ、
傾向と対策を練ったものと思われる作品も多く見られました。

来年も第3回大会を開催する予定ですが
昨年、今年の入賞作品から傾向を読もうとする方は
過去の入賞作品をトレースするような方向で臨むのであれば
過去入賞作品をはるかに上回る作品が臨まれます。

クリーチャー振りを狙うのであれば第1回のマレーシアの作品、
ゴテ盛りを狙うのであれば今回の香港の作品を凌駕する作品でないと
クリエイティビティで高得点を得るのは難しい、
と思ってもらった方がいいと思います。

普段の趣味であれば特に必要はありませんが
コンテストの場合はハッタリも必要になります。
それも確かな製作技術があった上でのものであるというのも現実。

多分、来春頃にはGBWC2013に関する情報も公開されるはずです。
各国(エリア)の応募締め切りはそれぞれに異なりますので
要確認のうえでご参加いただけるとありがたい次第です。

表彰式終了後に今回のファイナリストの作品は一ヶ月ほどのメドで
GFTに展示されています。
また、今年カワグチが審査させてもらった各国(エリア)の作品は
全てではありませんが本館のイベントページからご覧いただけますので
ファイナリストの作品を含む様々な作品をご覧いただくのもよろしいかと。

ということで、GBWC2013はスタートしている訳です。

ちなみにファイナルのレポは近々上げさせていただきます。

表彰式の様子(バンダイホビーサイト)
本館イベント・インデックス

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2012 | Main | January 2013 »