« July 2012 | Main | December 2012 »

October 09, 2012

地球深部探査船「ちきゅう」その後

10/3に手元に成型品一式(テストショット)が着荷して以来
会社から帰ってからひたすら作り
この3連休でひたすら作った「ちきゅう」

本日無事納品となりました。

普段から接している他社さんの1/700艦船模型とは全く異なるキット内容は
作っていて実に新鮮であり、最後に特徴的なデリックを取り付ける時は
戦艦の艦橋を取り付ける時のような高揚感がありました。

「ちきゅう」に関する資料も手元には十分でない中
開発担当氏から渡された写真資料と
JAMSTECのサイトに上げられている画像から
各部の機能を確認し、状態を推測するという
リサーチ的なことも行いながら作っていくというのは
久しぶりに資料首っ引きで作る面白さを実感した気分です。
(資料に振り回される辛さでは決してなく)

公試運転の時は甲板上のリノリウム色は緑ではなく茶だったのか…
デリック・デッキ側面のJAMSTECのロゴは最近付けられたものらしい…
甲板上に積み上げられたドリルパイプは結構サビてるっぽい…
そんな些細な発見を知ること、形にしていくことというのは
実に模型趣味を反映したお楽しみなのではないかと思う。

20121009

とりあえず今回、予備と合わせて2セット支給され
結局1セット丸々手元に残っているので
そうした些細な発見を反映させながらもう一度じっくり作ってみたい気分ではある。


前方からの画像と製作途中のメモ的画像
JAMSTEC公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2012

カワグチ流ガンプラとの付き合い方~ガンプラに於ける「リアル」~

来週の全日本模型ホビーショーで小一時間ほどガンプラ話しをする訳だが
組合のサイトの方にタイムテーブルが上がった。

著名人トークショーということで登壇する訳だが
カワグチが著名人であるか否かはこの際置いておくとして
土曜の10時から…という、ちょっと微妙な時間だったりする。

東京西部にお住まいの方は東京横断コースですからねぇ<幕張
近年、新製品の出品にのみ関心を持たれているという方も多いので
果たしてどれくらいの方がオサーンの話しに興味を持たれるのか
これまた微妙な感じではありますが…。

で、どんな話しをするかと言うと

 ■なんでプラモデルを作るの?(フィギュアじゃダメなんですか?)
 ■ガンプラの楽しみ方に「正解」はない
 ■ガンダムって本当にリアルなんですか?
 ■妄想を広げるとガンプラ製作は楽しくなる
 ■妄想を広げた実例からガンプラを模型的に楽しむ
 ■リアルという「記号」をガンプラで表現する方法
 ■「考える」というプロセスが模型の醍醐味

というような内容をコンパクトに丸めて45分でお話しする訳です。

今まで講演であるとか、
BHCでのお話しであるとか、
プロショップの講習であるとか、
いろんな所でお話ししてきたことをまとめたようなものなので
「それ聞いたし…」というような話しも含まれる訳だが
その辺りは割り引いて聞いていただけると有難い限り。

土曜の朝からお勉強的な話しをする訳で
お越しいただいた方をおいてきぼりにしてしまう可能性は大ではあるが
そのあたりはご容赦のほど…。

第52回 全日本模型ホビーショー

| | Comments (4) | TrackBack (0)

パーツの整形と金属ヤスリの話し

ゲート跡の整形なんかを行う際に
カワグチ的には金属ヤスリを使用している、
というのはご存知の方も多いかもしれない。

金属ヤスリを使うということに対して
「仕上げに使うんですかぁ?難しくないですか?」
「普通、紙ヤスリじゃないんですか?」
「初心者の人にお奨めしちゃっていいんですか?」
といった反応が返ってくることが多い。

中学の技術の時間に使うような
木工用、金属用のゴツイやすりを想像すると
そんな疑問もわからないではない。

が、カワグチが整形時に使っているのはそういう類のものではなく
目の細かいコンパクトなヤスリだったりする。
紙ヤスリの番手にすると800番くらいのもの…かなぁ。

もちろん金属ヤスリで整形した後には
1000番以上のペーパーで仕上げる。

それでも疑念を抱かれる方も実際にいらっしゃる訳だが
紙ヤスリを使う時に"当て木"を使いませんか?

爪を切った後、爪切りに付いてるヤスリで
切った跡を整えたことないですか?
多分生まれて初めて使ったヤスリって
爪きりに付いてるヤスリじゃないですか?

心当たりのある方は削った時の感触さえわかれば
平面に対してのヤスリがけで金属ヤスリで戸惑うことはないはずです。

先入観に囚われずにいろいろお試ししてみましょうよ。

20121004


| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 03, 2012

地球深部探査船「ちきゅう」

すっかりご無沙汰になってしまいました。
その間に世の中は色々慌しく動いている訳だが
気が付くと来週は幕張でホビーショーが開催されるという季節。

カワグチ的には今回のホビーショー用作りモノ仕事のひとつが
ブース展示用の「ちきゅう」な訳ですが、
本日成型品一式(T3)が届き、更に「連休明けまでに仕上げてチョ!」
という追加オーダーまでいただいた。

20121003a

純粋に作りたい…という気分で二つ返事で引き受けた訳だが
カロリー超高めであることは言うまでもない。
同時期に2つモビルスーツの作り物を抱えているということで
ロボ以外のものに逃避したい気持ちも無いではなかった…かな?

普段1/700艦船モデルも嗜んではいるのだが
いやぁ、でかいねぇ、四角いねぇ。

でっかいトラスを載せてる割に喫水下が意外に浅く感じられ
船体断面形の四角さは戦闘艦とも客船とも異なる不思議な感慨を受ける。
タンカーなどはこんな感じかもしれないが模型として作る機会はないからねぇ。

"しんかい"の時に「まぁ、おもちゃ屋にしては頑張ったんじゃね?」
的な評価をよく目にしたが、まぁ、殊更に「プラモデル作ってんだよ」
などと顔真っ赤にする気もサラサラ無い訳で、
楽しんで作っていただける方に手にとって戴くというのが本意な訳です。

それでも1/700スケールということで
他社さんの艦船模型と比較される方も少なくはないでしょう。
とりあえずパーツのディティールに関してはこんな感じ…と言うことで。

20121003b

東日本大震災後の海底調査やメタンハイドレードの試掘など
その特異な船型をニュース映像などでも目にする機会が増えてきた。
清水港での一般公開で間近でご覧になった方もいらっしゃるかもしれない。
東海道新幹線で移動中に停泊しているちきゅうをチラ見した、という方もいらっしゃる。

作り込み始めればキリが無い艦船模型の世界。
掘削に関わる配管やトラスへのディティールの追加など
その辺りは手にされた方の
思い入れと気力とスキルに合わせて料理していただければ幸いかと。

20121003c

まずはハイエンドな物と言うよりは、
誰もが及第点を付けていただけるようなキットに仕上がってくれれば
開発担当者も本望なのではないかと思う次第です。

とりあえずは納期に間に合わせるのが優先だけど
時間に余裕のある時(何時よ?)にじっくり作りたいと
個人的には思う訳です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | December 2012 »