« U.C.HARD GRAPHという模型 | Main | 夏のイベント2012(やや告知 兼 備忘録) »

June 28, 2012

最近の作りモノ

ここ2週間ちょっとの間にお仕事系作りモノ仕事が2件ありました。

ひとつはこのところ積極的にガンプラ情報を扱っていただいている
"GoodsPress"誌でのビルダーズパーツのご紹介に際しての使用例の作成。

元々はプロモデラー氏に依頼予定だったのがスケジュールの調整がつかず
急遽カワグチが対応することになったということで製作期間は1週間弱。
テストショット出たところで一式預かり、1/144対応ということで
HGガンダム/ザクセットでお試しを製作した次第。

20120628a

取材直前まで仕上げに勤しんでいたので完成体の写真は撮ってませんが
そのあたりは7月売り号(多分)でご覧いただけると幸いであります。
特製カッティングマット付き、ということらしいです。

もうひとつは秋葉原ASOBITCITYさんで開催される
"M1アストレイコンペ"にあたってお店のスタッフさんや流通のご担当さん
バンダイの営業担当が参加してコンペの前祝いをするというもの。

以前同様な感じでジェノアスを製作した訳ですが
今回も営業氏よりアストレイのサンプルを手渡され一気に作り上げた訳です。

20120628b

そのまんま作るのはNGということだったので
ユニコーンEp5のリゼルGRカラーのイメージで色替えで臨もう…
とネタ的には早々に決まったのですが
背面のスラスター関係がどうも宇宙世紀に馴染まないなぁ…
ということで、プラ板細工でプロペラントタンクを作り
ボックス状のスラスターの位置を置き換えて
何となく宇宙世紀な味付けを加え仕上げました。

アストレイ色の強過ぎるきらいのある刀は敢えて残し
一応ゼネラル・レビルに配備された対艦用試作機という気分で
とりあえず良しにしてしまいました。
腰に帯刀というシルエットならバックパック周りと違って
そんなには目立たないですし。

元デザインの個性をどこまで残して別モノに見えるよう細工するか…
というのは按配ということになりますが
塗色だけでもそれらしくなるというのはやってみて実感。
特徴的なデザインだけにどこまでイメージが変わるか危惧してましたけど。

小ネタ的にはガンダム顔をフラットな量産機顔に、
腰のVマークはプラ板で新造というようなアレンジは入れてます。

カメラ部分はお手軽にクロームシルバーで塗装した上から
ハセガワさんの模型用カッティングシートの
クリアグリーン@曲面追従シートを貼り込んでみましたが
結構アリな感じです。

ちなみに、画像中の"Type-A"というのは
アストレイのAではなく、アサルトのAですよ。

さて、このところガンプラ濃度がかなり高くなってきているので
そろそろ浮気など…。

ASOBITCITY ガンプラマイスターさんのブログ
連邦軍"ゼネラル・レビル"搭載 試作突撃機 Webアルバム

|

« U.C.HARD GRAPHという模型 | Main | 夏のイベント2012(やや告知 兼 備忘録) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61464/55069767

Listed below are links to weblogs that reference 最近の作りモノ:

« U.C.HARD GRAPHという模型 | Main | 夏のイベント2012(やや告知 兼 備忘録) »