« スマイル0円 | Main | SPAMメールにご注意 »

March 16, 2012

20年分の想い

今日、10:47に東京駅から出線したのぞみ329号が
東京発下り線の300系新幹線のラストランだったのだそうだ。

今週末に来季に向けての事業部フロア移動があるので
今日は朝から引越し荷物作りなどやってたりする訳だが
PCは立ち上げっ放しでTwitterを時々眺めながらの作業をしていて
TLに朝日新聞名古屋本社報道センターの記者氏が取材している様子が
リツイートされ流れてきた。

今日は銀座の方もアップルストアとユニクロで大変なことになっていたようだが
新幹線18番ホームは大勢の取材と撮り鉄の人たちで溢れていた様子。

カワグチ的には鉄道の国の人ではないのだが
鉄道の国は模型の国の隣国のようなもので
ディオラマ用のストラクチャーやフィギュアで昔からお世話になっていたりもする。
隣国の出来事は気になる訳で時々見ていたが
記者氏はその後JR名古屋駅に向かいライブでツイートしていたりする。
ちょうどコレを書いてるタイミングで名古屋駅17番ホームで入線のアナウンスがあった…
などとツイートされると何となくこちらの気分も盛り上がってきたりするw

画像などもUPされていたので
同フロアのBトレインチームの皆さんにメールでそんな様子を配信したところ
300系の思い出などを添えた返信もいただいた。

約20年走り続けた300系はいろんな人のいろんな思いを乗せて走ってたんだなぁ…
などとちょぴっとしみじみしてみたり。

ラストランを見届けようと駅に集まる人の気持ち
何となくわかるような気がしましたよ。

"ライブ"っていいなぁ…。

20120316


|

« スマイル0円 | Main | SPAMメールにご注意 »

Comments

Twitterや動画配信などインターネットを介したライブが本当に身近になったと思います。
TV番組の実況やイベントの動画配信でのなんというか一体感のようなものや色々な思い・考えが見えて面白いなあ、とこの頃感じています。

新幹線は現在の仕事柄利用する機会がありませんが、玩具で見聞きした電車の実物が終わりを迎えたということで、時代とともに感慨深いものがあります。
最初の新幹線の終わりは、個人的に「まだ現役だったのか」という思いでした。
春の別れですね…(しみじみ)。

Posted by: にあ | March 16, 2012 07:14 PM

(株)バンダイ 川口克己様

相変わらず新たな版権シール無しB-CLUBガレージキットが多数出回っていますが、その中の以下ネット上にて確認できる「B-CLUB 1/144 Concept-X 6-1-2 ターンX」と「c・o・v・e・r-kit メガサイズモデル RX-78ガンダム用ディテールアップパーツセット」は本件への川口様からのご返答後に新発売された商品ですが、一体どうなっているのでしょうか?

「B-CLUB 1/144 Concept-X 6-1-2 ターンX」
http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j158200350
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-831757.html
「c・o・v・e・r-kit メガサイズモデル RX-78ガンダム用ディテールアップパーツセット」
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-818589.html
「B-CLUB 1/144 GX-9901-DX ガンダムダブルエックス」
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-769309.html

たっくんのパパ様のご報告通り、上箱裏のナンバー印があるなら貴社の不祥事の可能性大です。
残念ながら企業コンプライアンス及び現在までの経過から、貴社が知的財産権侵害という重大な犯罪行為である本件へ真摯にお取組みであるとは言えず、今後のご対応によっては関係各所へ通報せざるを得ません。
貴社のご都合もおありでしょうが社会正義を以て本件が早急に解明され、我々消費者が不利益を被らないようご対処される事を願います。

Posted by: B-CLUBファン | March 25, 2012 09:23 PM

> B-CLUBファン様
個人のブログのコメントで、何故タイトルと無関係の製品に関わる問い合わせをされるのか、不思議でなりません。
それはメーカーの公式サイトに対して行うべきではないでしょうか。
書くべき場所というのは、それにふさわしい場所で行うべきだと思います。
川口名人は優しい気さくな方だと思いますが(たまにブラックモードもありますが)、そこに頼りすぎるのも甘えに近いと考えます。
もしご気分を害されたらすいません。
ただ、ブログのコメントとしては不適切と思います。
冷静になってよりスピーディーに改善するための王道をご検討いただけませんか。

Posted by: にあ | March 27, 2012 10:24 PM

■にあ様
思っていること、考えていることなどを誰もが容易に発信できる環境になり
そのようにして発せられた情報に共感する、或いは知識を持っていることで二次発信者となり
元情報に深みと広がりが加わり拡散し、祭りとも言うべきライブ感を持つ…というのは
実に面白い時代、楽しい環境になったと思う反面、拡散段階では伝言ゲームが常に有している
歪曲、偏向といった(潜在・顕在を問わず)リスクも厳然としてある訳で
発信者はもちろん、拡散を担う人たちもその辺は承知しておかないと
「こんなはずでは…」というようなことにもなりかねませんから難しい時代でもあります。

新幹線、東京タワーといった時代を象徴するものには感慨を共有できる人たちは多い訳で
別れの時に抱く気持ちというのも容易に伝播していきます。
過去を懐かしむ、というより記憶を甦らせることで当時の自分を振り返ることも出来るわけで
別れというものをそんな風にとらえておきたいなぁ…などと思う訳です。


■B-CLUBファン様
ご報告ありがとうございます。
前回も申し上げました通り、私個人が強制力を持って対処できる案件ではありませんので
対応に関しての該当部署、関係各社へご報告いただきました内容を伝達させていただきます。

Posted by: 川口 克己 | March 29, 2012 05:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 20年分の想い:

« スマイル0円 | Main | SPAMメールにご注意 »