« December 2011 | Main | February 2012 »

January 16, 2012

AGE-1 タイタス

昨年末にTwitterで
 萌え系だろうがメカものだろうが
 基本的に感情移入できる対象がないと俺的には楽しめない訳だが、
 AGEに関してはユリン推しというスタンスをはっきりさせておこうw

などというツイートを発したが、昨日放送分でユリンは逝ってしまった訳だ。

先のツイートには「敵の中の人も描かれないと感情移入しにくいのよねぇ…」
という気分も言外には含まれていた訳で、
デシルやユリンがUEのMSに搭乗してフリットのガンダムに対する…
というのは、やはり俺的には望ましい展開だったりする。

そんなこんなも含めてAGEに対する評価は…まぁいろいろある訳だが
巷ではネタキャラ扱いされているタイタスもアンバット上陸に際し、
一瞬の登場ではあったが最期に一花咲かせたと俺的には思いたい。

デザインを拝見した段階ではあまり作りたい気分は盛り上がらなかったのだが
組み上げられたHGタイタスを見た時は意外と立体映えするなぁ…
などとも思ったりした。

手元には既にAGE-2ノーマルが届いている訳で
すぐにでも作り始めたい気分も無い訳ではないが
正直な気分的には今はタイタスの方がちょぴっと作りたい気分が上だったりする。

シャッター抉じ開けシーンを作りたい…という訳ではないが
重くて硬そうな感じで仕上げてみたいよぅ…などと、かなりマジで思っていたりする。

とりあえずは同時進行…かなぁ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

January 15, 2012

HG 1/144 "AGE-2 normal"

本日放送回がいよいよ"運命の14話"…ということになり
フリット編も終盤になだれ込むことになるのだが
続くアセム編の情報も公開されつつある。

キービジュアルでは
髭を蓄えすっかりオサーンになったフリット君も描かれたりしているのだが
プラモのラインナップ的にも
アセム編の主人公機となるAGE-2を含め今月から商品が店頭に並び始める。

ということで
HG AGE-2ノーマルであります。

20120115a
番組放映前にメタリック系グロスでAGE-1を仕上げたりもした訳だが
1クールを終えたところで
何となくAGE世界のMSの雰囲気も感じられるようになった気がする。

さて、変形機能を備えたAGE-2、
どんな感じで仕上げようか…と思案中だったりする訳だが
アセム編に入ってフリット編とMS観が変わったりすると嫌だなぁ…などと思いつつ
とりあえずは成型品を眺めている次第。

20120115b
さて、どうしようかにゃぁ…。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 12, 2012

紅き雲

昨日は午後からBHCでの会議に出ていた。
休憩の時間に外に出ようとしたら
普段の夕方の陽射しとなんとなく違う感じがしてそのまま外に出てみると…
20120111
バルンガでも居そうな何とも怪しい感じの巨大な雲があった訳です。
夕日の照り返しなんだろうけど、雲自体が発光しているような感じ。

詳しくないのでわからないが、地震雲の類ではないよなぁ…

今年は年明け早々の元日に関東圏では地震があり
先日静岡の海岸ではクジラが打ち上げられ
お台場でもクジラの死骸があがったという。

なんて書いてたらフロアで一斉に携帯の警報がカエルの大合唱…ヲイヲイ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2012

有人潜水調査船しんかい6500

1/48"しんかい6500"が発売になった。

昨秋のホビーショーではお向いさんブースのハセガワさんと
スケールこそ違えネタ被りで期せずして"しんかい"対決になった訳だが
営業氏の話によると販売状況的にはまずまずなスタートとなった様子。

キャラクターメインの販売店様では目立った動きは感じられないとのことだが
実際の購買層が40~50歳くらいという話を聞くと
模型全般を扱ってらっしゃる販売店様では割と好調…というのも頷ける。

サンプルを展示していただいている販売店様では
お客様の反応も顕著という話もあるので
実際に飾っていただける販売店様も今後増えていく…はず。

そんな中で、モデルケースということで
ヨドバシ秋葉原店、新宿西口店ではディスプレイも含め
充実の売り場づくりをお願いし、かなり効果を上げている様子。

秋葉、新宿界隈に行かれる方はちょぴっと覗いていただけるとありがたい。
深海もまた"漢の浪漫"ではある訳ですよ。

Bc073

<写真は昨秋のホビーショーで展示された試作>

Exploring Lab.シリーズ(バンダイ ホビーサイト内)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 08, 2012

偽物語

年が改まったご挨拶もそこそこに
通常レベルでスタートする2012年な訳です。

エリア的には既に放送が始まった「偽物語」。
MXではなく、チバテレで視聴する俺的には
今晩第1話ということになる訳ですよ。

火憐ちゃんと月火ちゃんの話…となるのだが
俺的には「恋物語」読後ということもあり
貝木泥舟氏がちょぴっと気になっていたりする。

原作を読みながらイメージしていたのは
喪黒福造氏のような雰囲気だったのだが
キャラデザインを見るとビジュアル的には真逆な感じ。

そりゃそうかぁ…ひたぎさんとのいきさつを考えれば
ビジュアル的にはこっち方向だわなぁ。

忍野メメ級の存在感を発揮していただけると
俺的には満足度がかなり高くなるのだが。


「偽物語」公式サイト

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »