« ジェノアス・コンペ@ASOBITCITY | Main | 電撃ガンプラ王決定戦2011 その後 »

December 19, 2011

模型の国のサイズ感覚

ジェノアスが完成したので久しぶりにAFVキットの箱を開け
ちょぴっと作業を進めよう…と思ったのだが、1/35がでっかく感じられかなり戸惑った。
ちなみにブツはトラペのE-25。

最近1/100よりも1/144のガンプラばかりを手にしていて
作業空間感覚がこじんまりしてきているのかもしれない。

1/72しか作れない身体になっちまったんじゃないか…
という危機感を何気に感じてしまう今日この頃。

ちなみに1/700艦船模型は全く違和感がなかったりする。

|

« ジェノアス・コンペ@ASOBITCITY | Main | 電撃ガンプラ王決定戦2011 その後 »

Comments

自分も同じ感覚を味わった事があります

あと同スケールでもタイガー1型やパンサーを作った後にT-34を作ろうとしたら小さく感じます(^^;

Posted by: タンコ | December 19, 2011 08:34 PM

基本的ないくつかのスケールの間を渡り歩く
って面白いですね。
タンコさんのおっしゃる同一スケールで違いを感じたり。

Posted by: にあ | December 19, 2011 10:50 PM

■ タンコ さま
駆逐艦と空母、戦闘機と爆撃機、ソフトスキンと重戦車等々
同スケールでもサイズ感覚に戸惑うことは少なくありませんが
今回は久々に1/35AFVを手にしたということで
感覚的に忘れてしまっていたというのが要因なんでしょうね。

■ にあ さま
作るものによってサイズ感覚だけではなく
作り込みの感覚、仕上げのアプローチなんかも変わってくるというのが
本来飽きっぽいカワグチが止めることなく模型三昧を続けている所以なのかもしれません。

Posted by: 川口 克己 | January 09, 2012 12:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 模型の国のサイズ感覚:

« ジェノアス・コンペ@ASOBITCITY | Main | 電撃ガンプラ王決定戦2011 その後 »