« 軽巡 五十鈴 @フジミ | Main | GBWC2011 シンガポール »

November 16, 2011

模型を作る時の損得感情

メーカーの中の人が書くと言い訳のように聞こえるかもしれないので
ただの模型好きのオサーンの戯言だよ…と、あらかじめお断りしておきたい。

キットが無いのなら自分で作ってしまえ…
という言葉は常套句として今も時々用いられる。

拠り所となるキットが無かった昔は好むと好まざるとにかかわらず
そういう方向で作りモノをしていた人も多かったと思うが
昨今の商品発売ペースを考えると
「待ってりゃそのうち出るんじゃね…」と思うのがやはり人情というもので
これはさすがに出ないだろう…と思って作り始めたら商品化が決まりました!
というのは確かに涙目だとは思う。

更に言えば「金輪際スクラッチなんかしねぇ!」などと心に誓う人もいるかもしれない。

でも、そんなジンクスに見舞われる人の嘆きというのは俺的には必ずしも同意しない。
直前のブログで五十鈴@フジミの件を書いたばかりではあるが
タミヤベースで作っていた作業を無駄だったとは全く思っていない(強がりではなく)。

スケール物の場合、目指す完成型というのは自ずと決まってくるので
作る人によって解釈がどうのということはないため感覚差というのは出にくいが
ガンプラの場合は人によって各MSに対するイメージはかなり違ってくる。

例えばアッガイ。
ジャブローに潜入した赤鼻のアッガイと08小隊のアッガイでは
ビジュアルからして別物だし、そこに安彦先生が描かれた体育座り、
ことぶきつかさ先生のシャイニングアッガイ、
ビルダーズのべアッガイなんかも絡んできて、
いつの間にかアッガイ像はかなり肥大している。
俺イメージのアッガイとあなたイメージのアッガイは必ずしもイコールではない。

キットが必ずしも100%自分が思い描いていたものになる訳ではないので
結局自分のイメージに近づけるためには切った貼ったの大手術になる場合もある。
キットとは異なる俺イメージを完成させたいという思いがあるモチーフであれば
キットが出たとしても製作途中のものを仕上げることに躊躇はあるのだろうか。

パチ組みで終了…ということでよしとするのであれば
そもそもスクラッチしてまで作ろうとは思わないだろうし
無いから自分で作ってでも…という欲求を実現するためには相応のスキルも必要となる。

そこまでのスキルはないけど改造でやってみようと思ったんですけど…
という方もせっかくなので完成させていただきたい。
やったことがない技法はやってみないとノウハウにはならない。
知識だけで作品は作れないのだから知識に裏付けされた実践という意味でも
完成させ達成感と共に経験を味わっていただきたい。

五十鈴はどうするかって?
世の中に1隻しかなかった艦だからね、
同型艦に変更するかもしれないけど完成はさせるよ。

|

« 軽巡 五十鈴 @フジミ | Main | GBWC2011 シンガポール »

Comments

いやもー頷くこと頻り、といった感です。
あれだけ完成度の高いHGUCガブスレイが発売された今でも
旧キット改造で仕上げ、記念すべきHJ300号に掲載させていただいた
ティターンズカラーのガブスレイがマイベストでありんす。

惜しむらくはブツが掲載後、行方不明でついぞ手元に戻って来なかったことですが
いつかはHGUCベースで再戦したいと考えております。

まぁまずは数多のお手付きキットを完成させなきゃですけど(´д`)

ストレート組みで仕上げるも良し、
気の済むまで手を入れるも良し、
模型の楽しみ方は千差万別、キットは素材だと教えて下さったのは
川口名人や諸先輩がた。
拳で語る、かのごとく、模型を楽しんでいるか、は
上手い下手に拘わらず作品から伝わってくるものですし。


などとオッサンの戯言で長文、失礼いたしました(・ω・)ノ

Posted by: Masaki_Plus | November 16, 2011 07:54 PM

私は、スクラッチするだけの、腕も、時間も、金も無いので、メーカーさんに出来たら出して欲しいと、アンケートにも書いているものなのですが。スクラッチが出来ればアンケートとかも、書かないし、買わなくてすむのですが。多分普通完全変形のMAとか無理ですよね。

Posted by: マコト | November 27, 2011 12:15 AM

最近は旧キットの範疇に入る物ばかり作っている私としては、
何かしらの形で、殆どのキャラクターが時を超えた超絶スタイルにで
何既発売、或いは発売予定になっている対象キャラが殆どなので、
私としては、その辺はあまり気にならないです。
箱サイドの完成写真とボックスアートを交互に眺めて、
「ここが違うからさてコイツはどうしたらヨイか??」と
店頭の陳列棚の前で<アレコレと変換妄想をした後に
素材コーナーやらホームセンターを「なにか利用できそうな、材料は無イカ??」
とのんびりと眺め回る時間等含めて、楽しみになっておりまする。

後に、妄想作業を実工作に変換した時、パーツばっさりと切断した後、
「あ・・駄目じゃん・・・どうしょ・・・・・・・」
までの辛苦まで含めてなんですが・・。

Posted by: 咲くぷら | November 29, 2011 02:00 PM

■ Masaki_Plus さま
ごぶさたしちゃっております。
頭でっかちな御仁が少なくない…というのは今に始まったことでもなく
30年前にも結構いらっしゃった訳で改めて申すまでも無いのですが
出来れば"自分にとってのベスト"というのを改めて自問願いたいわけです。

俺だったらこうする…的な気分が不要になれば
模型趣味なんてものは存在意義を失ってしまうんだろうなぁ…
というのが率直な気分だったりします。

■ マコト さま
スクラッチ…などと考えると遥か高みのもののように思われますが
幼児の頃に粘土で何かを作るというような行為は
自分の思い描く形を工夫して作り上げる、という点で考えれば基本的に変わりは無いと思います。
フォルムだけならファンドでMSを作り上げた速水氏のように
"粘土"でロボを作ることは可能。
特殊な道具や材料が無いとスクラッチは出来ない、という思い込みは
可能性に蓋を閉ざすことではないかと思う訳です。
可動させるためにはどうすれば良いのか、
可変させるためにはどうすれば良いのか、
私が模型にこだわるのはそういうことを考えることも含めて
模型趣味として楽しんでいるからなのではないかと思っているわけです。
山卓さんにしてもMAX君にしても
最初からフルスクラッチでMSが作れた訳では無いはずです。

■ 咲くプラ さま
失敗したくない…というのは人情ですし
失敗しないに越したことは無いのですが
「げ…失敗した!」という経験を経ると2度目は同じ失敗は繰り返さない訳で
それもまたノウハウだと思う訳です。
模型趣味などというものは極めて効率の悪い趣味だと思いますが(笑

Posted by: 川口 克己 | January 09, 2012 12:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 模型を作る時の損得感情:

« 軽巡 五十鈴 @フジミ | Main | GBWC2011 シンガポール »