« September 2011 | Main | November 2011 »

October 27, 2011

終末の日

小学生の頃に五島勉氏の「ノストラダムスの大予言」が社会現象となった。
ブームの状況下では書店で見かけることも稀だったが、
たまたま我が家でも入手することが出来、怖いもの見たさな気分で読みふけった。
学校では禁書扱いになり、休み時間の雑談で触れることも憚られる雰囲気があった。

元々オカルト的なものには興味津々な性癖ということもあり
以後の続刊も欠かさず購読してきた。

1999年になり8月、
まぁ、そんなもんだよね・・・などと嘯きながらも
いわゆる終末論的な予言系への興味は持続中だったりする訳だが
昨今のトレンドは2012年に終末が訪れる・・・
とされるマヤ暦関連の終末論だったりする訳だが、最近は
「ホントは2011年10月28日がマヤ暦が終わる時」
ということになっているらしい。

て言うか、それって明日じゃん。

世の中的にはそれほど騒がれていない様子で、10月29日になって
「やっぱりね・・・」ということになり、
「来年の12月21日が本命だよ」などと言う人も出てくるのだろう。

期限が明日かどうかは別としても
今年は大きな災害に見舞われている年であるのは確かで、
東日本大震災は復興もままならず、タイの大洪水などは現在進行形の大災厄である。
自然災害だけではなく政情不安が続く北アフリカも平穏には程遠い。
ことほど左様に世界各国・各地で不安の種が根を張る現在は
人類滅亡とまでは言わないまでも危機的状況であるのは確かでしょう。

それじゃ、オイラは何をするのか?
と問われると、想像力の欠如したオサーンは
対処療法的に生活を紡いでいくことしか思いつかない訳で
とりあえずは世の中が明日で終了…ということにならぬよう
祈るくらいしか出来なかったりする。

さて、終末の日とされる明日、あなたは何をしますか?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 25, 2011

プララジのバンダイブースはこんな感じでした

ずいぶん日にちが経ってしまいましたが
プララジの画像をWebアルバムにUPしました。

既に情報的には皆さんご存知かとは思いますが
ご確認方々ご覧いただけますと幸いであります。

とりあえずはバンダイ編のみということになるのですが
他社ブース編も画像のリサイズ+加工は済んだので
あとはテキストでござる。

第51回全日本模型ホビーショー(バンダイブース編)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2011

プララジショー終了…そしてガンプラEXPOへ

本日プララジショーが終了しました。
一般公開日の昨日今日はカワグチ的には
バンダイブースにはおらず
GBWCの2次審査会場にいた訳ですが
今年のプララジで顕著だったのは子供来場者の増加。

ダンボール効果によるもの…だと思ったりもするのですが
久しぶりの光景のような気もする訳です。

ちょぴっと考えてみれば
幕張メッセのハナレは次世代ホビーフェア@コロ2が開催される場所でもあり
彼らにとっては未知の地という訳でもなく
むしろ旧知のイベントホールなんでしょう。

要はそこで開催されるイベントに
彼らにとって魅力のあるコンテンツがあるかどうか…ということで、
動機さえあれば我々がイメージするほど
行きにくい地ではないのかもしれない。

GBWCの来場者投票もかなりの票数となり
明日以降集計が始まる訳だが
結果を踏まえ11/4~6に秋葉原UDXで行われる最終審査に至る次第。
今回一般100作品、ジュニア50作品が掲出されていた訳だが
最終審査では更に作品数が絞り込まれ
1次、2次では写真審査だったものが
最終審査では作品そのものを持ち込んでもらうことになる。

そこで第1回GBWCの日本一が決まるのだが
最終審査では審査員ポイント評定に加え
今回同様イベント来場者の投票ポイントも加味され
最終的にチャンピオンが決まることになる。

コンテストだけではなく
今回のプララジではご覧いただけなかった
新製品、企画の情報なども発信する予定ではあるので
会期中に秋葉までお越しいただける方は是非UDXまで足を伸ばしていただきたい。
長谷川指導員もそう言ってます…のでw
111016

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2011

GBWC 2011 中国代表決まる!

さて、昨晩はおねいさんの画像でUP逃げした訳だが
今宵はキッチリカッチリ、中国代表の作品をUPしましょう。

GBWC海外各国各エリア大会では応募部門が国内とは若干異なっている。
■ 少年組:14歳以下
■ 青年組:15~20歳
■ 高級組:20歳以上
というのが基本的な部門分けで、開催国によってはこれに
団体組/女子組/専業組…というような独自部門が設定される場合がある。

部門数が増えれば入賞機会も増える訳で、
出品を考える人の背中を押す効果として機能していたりする。

しかし、最終戦のグランドチャンピオン選出に際しては
■ オープン部門:15歳以上
■ ジュニア部門:14歳以下
ということになるので、"青年組"を設定している国では
各賞が決まった後にオープン部門への出品作品として
青年組、高級組の1位作品のいずれかを選出することになる。

中国では3エリアそれぞれの予選があるので
3エリア×2作品の計6作品の中から
最終戦のオープン部門に出品する作品が選ばれるということになる。

111006aオープン部門の中国代表作品は
三国伝の三英傑が玉璽を求め競う姿を水墨画のような雰囲気で制作した大作。
ケースの中の作品を撮影していることもあり
写真ではイマイチ作品像が伝わりにくいかもしれないが
ホビーサイトの方ではクリアな画像がUPされる…はずなので
とりあえずここでは雰囲気だけ感じていただければ幸いではありまする。

111006bジュニア部門の中国代表作品は
MGのクアンタを"クアンタムバースト"状態で制作した作品。
細かいところでは粗いところも無いではないが
11歳でここまで作ってくれれば文句は無いと言うもの。

ジュニア部門に関しては大人の関与が常に物議を醸す訳だが
基本的には本人申告を尊重しながらもコメント等の判断材料も踏まえ
慎重に審査は行っているつもりではある。

ちなみに、今回の広州予選会の審査は
香港モデラーの謝 氏、梁 氏、カワグチの3人の協議をもって行った。

その他の優秀作品やイベントの様子などは
Webアルバムが出来た際にまたご案内させていただきまっす。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

広州より帰国

"ガンダムExpo広州"への参加を終え帰国しました。
離日の際の飛行機の遅れ話やSNS難民状態だった話は既にした訳ですが
滞在中に現在香港在住の泉クンに会う機会があり
その流れで"天聞角川"のエライ人(女性)とお会いする機会を得た。
更に現在"天聞角川"に関わってらっしゃる
元台湾角川のシンさんと再会する…というご縁をいただいた。

で、"天聞角川"のエライ人のはからいで
声優の緑川光さんの広州でのイベントを拝見する…ということになったのだが
基本的にはトークショーのようなイベントで、
通訳さんを介してのトークなのだが、
広州のファンの人たちのリアクションが緑川さんのトークとズレ無しで
皆さん日本語を解してらっしゃる様子。

後で知ったことだが、中国ではスラムダンクが超人気だったらしく
中国のファンの人たち的には緑川さん=流川クンというイメージらしい。

そのイベントで緑川さんと一緒にステージに上がられた
女性の声優さんがいらっしゃった。
不勉強にしてお名前だけでは分からなかったのだが
今野宏美さんという声優さん。

お名前を見た記憶はあったのだが、"日常"のはかせと聞いて理解した。
更にトークの中で触れられた
「デビュー作はセンチメンタルグラフィティの山本るりか…」と聞いて
俺的にはちょぴっと感動モノだったりした。

などと、帰国早々GBWCとは何の関係もない話に終始した訳だが
広州大会の審査はもちろん行なって来たし
3エリア全ての審査を終了し中国代表の選出の行なって来た。

その辺のお話はまた機会改め…ということで。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 03, 2011

SNS難民なう

各国で代表が決まりつつある"GBWC2011"。
7月には上海、北京での中国代表選の予選が開催された訳だが
現在中国3エリアの最後の地、
広州予選会が行われる"ガンダムExpo広州"に参加するために
三度、中国本土に訪れている。

出国の際に搭乗予定機の燃料系にトラブルがあったとのことで
再点検→整備→部品交換→代替機へ変更…という不測の事態などもあり
出国が1時間半ほど遅れるといったアクシデントはあったが
まぁ、北京の際の機内6時間待ちを経験していると
ロビーで1時間半待ちというのは気持ち的には許容範囲だったりする。
休日に現地との連絡係になってもらった りりっち嬢には申し訳なかったけど…。

そんなこんなで現在広州にいる訳だが
ネット接続状況は相変わらずで、facebook、Twitter ともに開けない。
フレンド、フォローをして下さっている方には放置状態になってしまい
これまた大変申し訳ないのだが、今しばらくご容赦のほど…。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »