« 広州より帰国 | Main | プララジショー終了…そしてガンプラEXPOへ »

October 06, 2011

GBWC 2011 中国代表決まる!

さて、昨晩はおねいさんの画像でUP逃げした訳だが
今宵はキッチリカッチリ、中国代表の作品をUPしましょう。

GBWC海外各国各エリア大会では応募部門が国内とは若干異なっている。
■ 少年組:14歳以下
■ 青年組:15~20歳
■ 高級組:20歳以上
というのが基本的な部門分けで、開催国によってはこれに
団体組/女子組/専業組…というような独自部門が設定される場合がある。

部門数が増えれば入賞機会も増える訳で、
出品を考える人の背中を押す効果として機能していたりする。

しかし、最終戦のグランドチャンピオン選出に際しては
■ オープン部門:15歳以上
■ ジュニア部門:14歳以下
ということになるので、"青年組"を設定している国では
各賞が決まった後にオープン部門への出品作品として
青年組、高級組の1位作品のいずれかを選出することになる。

中国では3エリアそれぞれの予選があるので
3エリア×2作品の計6作品の中から
最終戦のオープン部門に出品する作品が選ばれるということになる。

111006aオープン部門の中国代表作品は
三国伝の三英傑が玉璽を求め競う姿を水墨画のような雰囲気で制作した大作。
ケースの中の作品を撮影していることもあり
写真ではイマイチ作品像が伝わりにくいかもしれないが
ホビーサイトの方ではクリアな画像がUPされる…はずなので
とりあえずここでは雰囲気だけ感じていただければ幸いではありまする。

111006bジュニア部門の中国代表作品は
MGのクアンタを"クアンタムバースト"状態で制作した作品。
細かいところでは粗いところも無いではないが
11歳でここまで作ってくれれば文句は無いと言うもの。

ジュニア部門に関しては大人の関与が常に物議を醸す訳だが
基本的には本人申告を尊重しながらもコメント等の判断材料も踏まえ
慎重に審査は行っているつもりではある。

ちなみに、今回の広州予選会の審査は
香港モデラーの謝 氏、梁 氏、カワグチの3人の協議をもって行った。

その他の優秀作品やイベントの様子などは
Webアルバムが出来た際にまたご案内させていただきまっす。

|

« 広州より帰国 | Main | プララジショー終了…そしてガンプラEXPOへ »

Comments

なんだかもう芸術品の域ですよね…

Posted by: ドズル兄 | October 08, 2011 07:34 AM

中国での審査お疲れさまです。
掲載されている作品はさすがにきれいですね。
ところで中国で入賞されました作品にWildRiver荒川さんの円形劇場作品「回収」と酷似したジオラマがありましたね。
オリジナルでなくても良いのかなぁと思いました。

Posted by: じゃいあん | October 08, 2011 03:23 PM

■ドズル兄 さま
写真では実際の雰囲気が伝わりにくいのが少々じれったくもあり…ではあります。

■じゃいあん さま
件の作品に関しましてはWR荒川氏にも連絡させていただき対処させていただきました。

Posted by: 川口 克己 | January 09, 2012 12:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference GBWC 2011 中国代表決まる!:

« 広州より帰国 | Main | プララジショー終了…そしてガンプラEXPOへ »