« 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 | Main | ゴーイングメリー号・甲板編 »

January 06, 2011

ようやく昨年末の積み残しを整理しました。

12/24~27の旅程で香港に行ってきた訳ですが
その時の様子をお伝え出来ておりませんでした。

ということで、GWCファイナルの各国の作品、
ファイナルが行われたイベント"GUNDAM EXPO 2010 Hong Kong"の様子なども併せて
Webアルバムにアップロードしました。

今までのような小さな写真のレポではなく比較的大きめの画像でアップしているので
海外モデラーの作るガンプラを見ていただく機会になれば幸いであります。

今回12エリアの優秀作品32点をアップしてます。
なんらかの刺激になってもらえれば・・・という気分ではあります。

これでようやく年が越せた気分ですよ(笑

Bandai Model Kit World Cup2010
Dec.2010 X'mas Days in Hong Kong

|

« 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 | Main | ゴーイングメリー号・甲板編 »

Comments

お忙しい中レポートありがとうございました。

Bandai Model Kit World Cup2010:
ガチ勝負の世界で色々な作風と宴会の和やかな様子が楽しいです。
おねいさんの抱いてるガンプラになりたい。
また作品、じっくりみたいなあ。

Dec.2010 X'mas Day's in Hong Kong:
うーまーそー!!
よだれたらたらです。
※さっき、ケーキ食べたばかりなのに。

Posted by: にあ | January 06, 2011 10:03 PM

電撃ホビー誌で三国伝などの作例をやらせてもらっている桐原と申します。
川口さんとは2年ほど前、北海道のプロショップ講習会でちょっとだけお話させていただいたのですが、覚えていらっしゃいますでしょうか?

海外モデラーさんの作られた作品を拝見しました。日本のモデラーさんたちとはちょっと違う仕上がりの作品が多くて色々刺激になりました。
三国伝の作例をやらせてもらっているので、三国伝作品が多いのも嬉しいです。SDって単品でポンと置かれるよりもディオラマとかヴィネット仕立てで仕上げるといい感じですね。

どの作品もそうですが「楽しく作りました」という感じが出ていて良かったです。
こういう作品を直に見られるとすごくテンションが上がるんですけど、なかなかそういう機会がないのが残念です。

Posted by: 桐原ひろゆき | January 07, 2011 12:22 AM

■ にあ様
ファイナルとなるとお国柄的な作風が感じられる作品は限られてしまうのですが
さすがに各エリアNo.1の作品ばかりというのは見応えがあります。
言葉の壁はあっても集まっているのは模型の国の住人ばかりということで
放っておいても勝手に盛り上がってしまうというのは楽しいものです。
夏から始めたFacebookではファイナル後に参加していた人たちともお友だち登録したりと
点から線で結ばれるGWC(BAKUC)になり始めたかなぁ…
という実感もあって実に刺激的な年末年始ではあります。

■ 桐原ひろゆき様
中華圏のモデラーさん的にはやはり三国伝というのが具体的なイメージが沸くのでしょう、
シーンの表現にもそれなりのこだわりが感じられる作品が多いように思えます。
好きなものを自分のこだわりで作る、というのはともすると忘れがちですが
模型趣味的にはやっぱり肝なんですよね。

以前Twitterでフォローいただいていたのを思いだし
遅ればせながらフォローさせていただきました。
改めましてこれからも宜しくお願いいたします。

Posted by: 川口 克己 | January 11, 2011 12:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ようやく昨年末の積み残しを整理しました。:

« 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 | Main | ゴーイングメリー号・甲板編 »