« 北京なう | Main | ガンダムSUPER EXPO 東京2010 »

August 05, 2010

ガンプラコンテストの人気者

ガンプラコンテストの審査などをやっていると
製作意欲をかき立てるMSの傾向のようなものを感じることがある。

旬の作品に登場するMSに人気が集まるのはもちろんなのだが
去年くらいまでは必ずMGケンプファーを用いた作品を目にした。

今年は上海、北京の2ヶ所のコンテストの審査をやってきた訳だが
今年はケンプファーの姿が全く見当たらない。
代わりに目につくのがクシャトリアだったりする。

映像を見ると作りたくなる気持ちが膨らむ・・・というのはとっても理解できる。
その大きさもコンテスト映えするという点では狙う気持ちも判る。
お値段的に結構なお値段であるのに加え
海外では国内価格よりも高価で売買されているので
コンテスト作品として手を着けるには些か勇気が要るとは思うのだが
皆さん結構頑張ってらっしゃる

100805a機体色としてメタリックグリーンを使うのがデフォ・・・という訳ではないと思うのだが
上の2体のクシャトリアはもちろん別作品。
メタリックにすることで曲面構成のバインダーが引き立つ効果というのは確かにあると思うが
そこに"ひと工夫"はやはり欲しい気分ではある。
色味の違いは人によって自然に出てくるとは思うが
メタリックグリーンのクシャトリアが並ぶと細かい差異があったとしても
全部おんなじように見えてしまう。

逆にツヤ消し仕上げの機体が混じっていたりするとむしろ目立ってしまったり。
"キャンバス"が広いのでオレ色で塗るというのも狙うという点ではアリかもしれない。

100805bこうして北京の作品画像を加工してると
俺的にもちょっと作ってみたくなったりする。
バインダー4枚はちょっと負荷が大きいので、1枚キッチリカッチリ仕上げて複製する・・・
というような手段でも講じないと途中で手が止まってしまうかもしれないけどね。

|

« 北京なう | Main | ガンダムSUPER EXPO 東京2010 »

Comments

お帰りなさいませ\(^ー^)/

日本ももう直ぐ模型誌に拠るガンプラのコンテストの締め切りが近づいていますね(^w^)

今回、初めてオラザク選手権に3部門応募しようと企んでおりまして、ようやく3機とも完成しました(汗

ダブルオーのセカンドシーズン開始の時に、14年振りにガンプラに接し、あまりの進化に驚きと感激を隠せませんでした(」゜□゜)」

実は当時、うつ病を患っておりまして、友人から『ガンプラ復帰してごらん』と勧められたのがきっかけだったのですが、かなりガンプラに助けられましたねf^_^;

今回はコンテストも初めてなら、SD部門参加も初めてでして、作ってみて思っていた以上に奥が深く楽しいなぁと思いました(笑)

今回はあえてユニコーン部門の参加は見送りましたが、もし審査員として参加されるなら、ガンプラのおかげで病気が改善してる人間も居るんだなぁと思って頂けると嬉しいです(*^o^*)

長文、失礼しました(=゜-゜)(=。_。)

Posted by: ファングいけお | August 05, 2010 10:34 PM

ご無沙汰しております。
クシャトリアがコンテストで人気のようですがやはりそのボリュームや作りやすさが理由だと思います。
自分がクシャトリアを作った時にバインダーの上部が「パカッ」と開いてファンネルラックが露出するギミックを再現しようと思ったのですがさすがに四つは厳しいので断念しました。MGでクシャトリアが出るときにはきっと再現してくれます…よね?

ところでRGガンダムを組んだのですが組み立てる楽しさを実感できるキットですね。組む前は「作るハイコンプロ」的なイメージだったのですが組み上げてスミ入れ、デカール貼りとつや消し吹きだけで「作品」として成立してしまうのでは?と感じるほどの情報量のあるキットだと思います。

さて、いよいよ今週からEXPOですね。

Posted by: バンキッシュ | August 09, 2010 09:42 AM

■ ファングいけお様
オラザクに限らず最近は写真コンテストが増えてきているので
せっかくの作品ですから撮り方などにも万全を期して応募して下さい。
作る目標があるとキットに向き合う気分も変わってくると思います。
それも模型のお楽しみということで
これからもガンプラとお付き合いいただければ幸いです。


■ バンキッシュ様
クシャトリアの場合、やはり4つのバインダーというのが
モチベーションを維持できるかどうかの試金石のようです。
同じ作業を4回繰り返すというのはなかなかしんどいものですからねぇ。

RGも購入された方の多くは実際に作られているようで
発売以後検索を介して当ブログにたどり着いてこられる方も多いようです。
要はRGを使って何を作りたいのか、何を表現したいのか
というのが肝なのではないかと思います。

Posted by: 川口克己 | August 18, 2010 01:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガンプラコンテストの人気者:

« 北京なう | Main | ガンダムSUPER EXPO 東京2010 »