« RGガンダムを塗装して仕上げる その・・・最後 | Main | 真 龍装劉備ガンダム »

June 29, 2010

~パチ組みの先にお楽しみはある (お試し版)~

先週末にプロショップ専用商品のMGボールが発売になっている。
今回は普段パチ組みで終了、という方に塗装を試してみましょうよ・・・
という気分を何とかお伝えできないか、という意図で企画した商品になる。

商品内にはこんな感じでやってみようよ的なガイドを同梱しているのだが
紙幅の関係もあり画像のサイズやテキスト量といった点で
十分に説明しきれていないのではないか、という気分が拭えない。

ということで、物理的制約の少ないWeb上で増補版をやってみようと思い
「パチ組みの先にお楽しみはある」というページを作ってみた。

Title2
以前プロショップの訪店ブログがお試し版からホビーサイトに昇格(?)したのと同様に
将来的にはホビー事業部で運営している「Gunpla owners club」のコンテンツとして
プロショップ専用商品に限らず、重点商品や限定商品など
様々な商品のお楽しみの方向性を探るページにしていきたいというプチ野望がある。

気分としてはやっぱり「積んどくよりも作ろうぜ」ということで。

パチ組みの先にお楽しみはある 

|

« RGガンダムを塗装して仕上げる その・・・最後 | Main | 真 龍装劉備ガンダム »

Comments

初めまして、川口名人。
来月33歳になる、というのに、相変わらずガンプラにはまっている男子です。
最近、パチ組ばかりで終了してしまうのと、積みプラが増えてきて、テンションが下降気味です。名人のテンションキープの方法は何ですか?
因みに、今は友達のためにMGキュベレイを、いわゆるMAX塗り&パール塗装しています。これは、友達の結婚式のお祝いにということで、テンションをキープさせながら作業してます。

Posted by: 将生 | June 29, 2010 11:22 AM

ああなんてオイラのためにあるようなページなんでしょう!!
毎週仮面ライダーWに「お前の積みを数えろ」と言われておりますが、もう少し頑張って手を動かして在庫をへらしてみようと思います。

Posted by: Yaskun74 | June 29, 2010 11:29 PM

you telling your secret

Posted by: koji okama | June 30, 2010 12:35 AM

can i have your advice what is the best gundam mg model the sinanju or a blue astray

Posted by: koji okama | June 30, 2010 12:42 AM

こんばんわ。
MGハイニューガンダムを組んだときに「ガンダムっぽく無い!」と思い公式設定とは異なりますが胸のダクトのパーツを黄色に塗り変えただけでかなり印象が変わった事がありました。こういう遊びが出来るのもガンプラの魅力のひとつだと個人的には思います。スケールモデルではなかなか出来ない事なので。

ところで「これだけはつくろう」とありますが何かどこかで見た記憶があるのは多分気のせいでしょう(笑)

Posted by: バンキッシュ | July 01, 2010 02:52 AM

■ Yaskun74 様
ご来場ありがとうございます。
あのページに関しては模型誌さんなどでは触れないような
今更聞けない系の話しも含めてビジュアル重視でご覧いただけるようにしたい
ということで始めました。
不定期更新になるかとは思いますが、
当面は当ブログでご覧いただく完成品関係を詳述するような形で・・・とは思っています。

「とりあえず作ってみようか・・・」
という気分になっていただければ幸いであります。


■ Koji Okama-san
The technique that had you look with a ball is only arrangement by the conventional experience not special technique.
Because the technique varies by a person, there is such a way; when have refer to it, is thankful.

Which of "SINANJU" and "ASTREY BLUE FRAME" is good is a very difficult question.
The molding of "SINANJU" is a very interesting thing at the point called solid presence.
I think that "ASTREY BLUE FRAME" is interesting MS at the point called the value of the equipment when clear-cut and fearless.
I think that the final decisive factor becomes the point which MS likes.


■ バンキッシュ様
某社さんの冊子のあのページを見ながら見よう見まねで作ったというのが
カワグチ的にはプラモ趣味に深く足を突っ込むことになったきっかけでもあり
リスペクトな気分であるのは間違いないです。

考証が一義とされるスケールモデルでも極端なアレンジは別としても
スケールによって塗色の彩度や明度を変えることもありますし
カラーチップとは違ったとしても自分がイメージする色にアレンジする
などということは普通にあるわけで、自分のイメージを形にすることが出来る
というのがガンプラも含めたプラモデルの自由度なのではないかと思う次第です。

Posted by: 川口克己 | July 02, 2010 01:08 PM

i know that astray is not that expensive and great in equipments and sinanju is full of luxury thats why its expensive i know that astray is better in you skill in your ball thank you to you advice sinanju is better in glossfull luxury color like a rose red and in inner frame my idea

Posted by: koji okama | July 03, 2010 11:40 AM

■ koji okama-san
I think that it is a good idea to put out your originality to produce the image color of the character valuing it.

I process the image with PC when thinking about an original arrangement of color, simulate, and confirm the atmosphere of finish.

It painted on the line drawing with the colored pencil and it had simulated it in old times though the image processing software like the Photoshop was used now.

Please make only one work that exists in the world in my image.

Posted by: 川口克己 | July 13, 2010 07:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ~パチ組みの先にお楽しみはある (お試し版)~:

« RGガンダムを塗装して仕上げる その・・・最後 | Main | 真 龍装劉備ガンダム »