« RGガンダムを塗装して仕上げる その7 | Main | RGガンダムを塗装して仕上げる その・・・最後 »

June 26, 2010

RGガンダムを塗装して仕上げる その8

今回キットに付属しているのはガンプラではよく使用されているフィルムシール。

普段は台紙上で余白をカットし貼り込むことが多いのだが
今回はライン状のマーキングなども多いので、
一度パーツに貼った後に余白をカットしていくことにした。

この辺の順序はスケール物で細かい水転写デカールを貼り込む時に
時折やっているのだが、なるべく塗膜を傷つけないように
フィルムを確実にカットするというのが肝になる。

ナイフの刃は新しいものに替え、
フィルムに刃を入れた時のフィルムを貫く感触を指先で感じ取り
切れ味が悪くなってきたように感じたらさっさと新しい刃にする。
刃を引く時はあくまでもフィルムのみを切る程度のチカラ加減を意識する。

パーツをしっかり固定しナイフを滑らすように切るというのは基本なのだが
曲線や細かい残しをする時などは逆にナイフをしっかり固定し
パーツを持つ手を動かすことで細かい切り出しを行うと
比較的きれいにマーキングを残すことが出来ることもある。

年齢を重ね細かい作業はメガネを外さないと・・・
というスタイルになってしまっているのだが
さすがにこんな作業は拡大鏡のお世話にならないとしんどい。

しかも多目のシール全部に対しコレをやってくのはかなりの根気を要する。
時々休憩しながら集中を維持しながらやってくしかないですなぁ・・・。

こんな作業をやってる時のBGVはオレ的には「救命病棟24時」だったりする。
一応第1or2シーズン限定ということで・・・。

100626

|

« RGガンダムを塗装して仕上げる その7 | Main | RGガンダムを塗装して仕上げる その・・・最後 »

Comments

つい、余白が少なくできないのかなぁ等と一寸思っちゃいました。精度とか、台紙から取る時、大切な部分をおじゃんにするのも怖いかもしれませんが。
あと拡大鏡で、NHKの「ゲゲゲの女房」を思い出しました。ルーペは昔からの定番とはいえ、しげさんウラヤマシスです。余談、失礼しました。

Posted by: にあ | June 26, 2010 10:04 PM

救命病棟24時はやっぱり1・2シリーズですよね。
無塗装な私もその名人式余白カット試してみようかな…。う~ん,気力が残ってたらにします(泣)。

Posted by: ASAHII@ | June 26, 2010 11:59 PM

「救命病棟24時」第一シーズン、私も観てみたいです。この「救命病棟24時」第一シーズンって諸般の事情でDVD化されてないんですよね。

Posted by: 友蔵 | June 27, 2010 05:07 PM

はじめまして。
貼ってからの余白のカット…ものすごい集中力と指先の感覚ですね…。今度試してみます。
自分も何かを観ながら(聞きながら)作業をすると集中力が高まるんですけど、なるほど”BGV ”か…上手い言い方だ。自分はというと、同じ医療ドラマ繋がりで「Dr.HOUSE」(シーズン1~3)がお気にです。
仕上がりまであと少し、がんばってください。

Posted by: 緋影 | June 28, 2010 01:34 AM

貼ってから余白カットですか!?
凄い集中力ですね、さすがとしか言い様が無いです。

Posted by: えどり | June 28, 2010 10:27 AM

■ にあ様
確かに余白が無ければ余白部分をカットするという工程が減って楽になるのですが
シールの場合、その形状にもよりますが小さな抜きを入れようとすると
生産時に抜いたシールが台紙から離れ、抜き刃に付着してくるといった不具合が生じるとか、
印刷部分ギリギリで抜こうとするとフィルムの印刷位置と抜き刃の位置の誤差が生じた時に
印刷部分に抜きが被って不良品になるといった都合などもあって余白を取らざるを得ない
という事情もあったりします。

10年位前まではルーペに頼るのは負け・・・というような
個人的な気分もあったのですが、背に腹は替えられない・・・ということで(笑


■ ASAHII@ 様
第3期以降はテーマが大きな話しになってしまうので
ドラマ的に新藤先生のパーソナリティが弱くなっちゃうような気がするんですよね・・・。

シールの余白カットは塗装の有無に関わらず、やっただけの効果は確実ですので
お試しされると良いと思いますよ。


■ 友蔵様
何話か忘れましたが出演者さんとの契約的な話しで
再放送、ビデオグラム化が出来なかったんじゃないかと記憶しています。
再放送される時はその話だけスルーになってたのではなかったかなぁ。


■ 緋影様
台紙上でカット出来れば塗膜に傷を付けるというようなリスクは回避できるのですが
細かいカットを行う場合、台紙から剥がれて綺麗にカットできない
というようなことが生じる場合があるので
今回は貼った後に余白をカットしています。
あまり刃を深く入れると余白を剥がす時に塗膜まで剥がれてしまうこともあるので
その辺はご注意下さい。


■ えどり様
上コメント返信にも記しましたが台紙上でカット出来ればそれに越したことは無いのですが
今回は細かいシールが多目だったので敢えて貼った後に切り出した次第です。

ぶっ通しで作業すると途中で放棄したくなるので
腕1本、脚1本という具合に目標設定して作業、しばらく休憩という感じでやってましたので
結局土曜日一日シール貼りをやってたような気分です。

Posted by: 川口克己 | June 28, 2010 12:46 PM

余白の件について、とても丁寧に教えていただき、ありがとうございました。なかなか難しい事がわかりました。
ルーペのお話もありがとうございました。眼鏡のレンズが免許更新の度に厚くなる私にとっても、心に染み入りました(笑)。

Posted by: にあ | June 28, 2010 09:18 PM

■ にあ様
シールの余白を目立たなくする、という目的に対して何が出来るのか
という風に考えてもらえれば良いと思います。
白地の所に貼る分には然程目立ちませんし、
トップコートなりでツヤを整えるだけでも見え方はかなり変わると思いますので
やり易い方法でトライしていただければ・・・と思います。

Posted by: 川口克己 | July 02, 2010 01:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RGガンダムを塗装して仕上げる その8:

« RGガンダムを塗装して仕上げる その7 | Main | RGガンダムを塗装して仕上げる その・・・最後 »