« 異形の怪鳥 | Main | RGガンダムを塗装して仕上げる その1 »

June 03, 2010

RGガンダムのテストショットを組んでみた

100603a静岡HS以降、各所で画像が上げられているので
既にRGガンダムがどんな感じなのか・・・というのは承知されているかもしれない。

先日テストショットをワンセットいただいたので早速組んでみた。
未加工や未調整部分もありキッチリカッチリ・・・という具合にはいかず、
パーツの合わせ精度も未だ出ていないところもあったが
全体に組み上げる上でのストレスはほとんど感じなかった。

部品点数は多いのだが、大半は色分けに準じた外装パーツということで
組み上げていく過程が他のガンプラとは若干趣を異にしているため
多少時間はかかるものの、初物的な面白さを感じつつ組み進めることができた。

100603b
以前全塗装で仕上げたG30と比較すると
靴のボリュームや頭の大きさ、顔つきなど随所に差異はある。
印象としては、お台場ガンダム改め東静岡ガンダムのバランスにより近いように思える。

立体パズルと揶揄されることもあるガンプラだが
個人的な印象では"究極の立体パズル"と言えるかもしれない。
"究極の立体パズル"をどう模型的に仕立て上げるかは
モデラー諸氏の腕次第というところだろうか。

DHM誌に付録で付くハンガーのトライも出ていたのでちょっと借りて載せてみた。
デスクに置いておいても邪魔にならない1/144というサイズは
MS周辺アイテムと合わせるには最適なんではなかろうか。

100603c
鉄道模型のNゲージと近似スケールということで
ストラクチャーなどを持ってきて配するも良し、
プライザーのフィギュアを並べるも良し、
とりあえず今度は全塗装して組み上げてみたいところだ。
とりあえずパチ組んだ外装をバラして塗装する・・・というのもアリかもしれない。

ちなみにマーキングシールも支給されたのだが今回は貼っていない。
塗装したものに貼るとかなり良いアクセントになるんではなかろうか。

G30ガンダムに貼ってもいい感じだよなぁ・・・などとも思ったり。

|

« 異形の怪鳥 | Main | RGガンダムを塗装して仕上げる その1 »

Comments

good rg i know that in july i think you will make a giant robot in shizuoka i not sure about that

Posted by: koji okama | June 04, 2010 12:38 AM

「~みた」とか嫌いです。
川口名人には使ってほしくなかったです。
なんか2chとかニコニコ見てる残念な人達みたいで気持ち悪いです。
「~じゃね?」とかもってのほかです。痛すぎます。

Posted by: 立体パズル | June 05, 2010 02:01 AM

 正直G30は顔の大きさに違和感があったのですが(お台場の巨大ガンダムはあの大きさだから顔を大きめに作ってもバランス取れてたけど、それを小スケールでやるとちょっと・・・)これはすっきりした感じがしていいですね。やっぱりMSは顔が命だなぁと

Posted by: K1 | June 05, 2010 07:17 AM

 初書き込み失礼しますという挨拶が抜けてましたね。失礼しました・・・

Posted by: K1 | June 05, 2010 07:28 AM

very nice, huge improvement over the hg line and looks good just snapbuilt.

Posted by: gundam kits | June 05, 2010 10:35 AM

お久しぶりですm(_ _)mSHで、嫌なニュースを聞いて沈んでました。RG…技術は進んでいきますね、模型ってアートだなって思います。それでいて、可動を求められる…人型で有る為。大変だな~って、感じながら自分は1/200を求めてます。なぜなら、複数置きたいけれど、置き場所は狭いから。ヽ(´▽`)/

・・・みた。って名人に使って欲しかったとか、欲しくなかったとか… 名人って大変だな~って思います。今度はじゃね~って、使ってみて下さい(゚ε゚)キニシナイ!!(

Posted by: MITU | June 08, 2010 08:17 PM

普段は1/400ばかりいじっていてガンプラは買わないのですが、ファースト世代としてはRGは買いだと確信しました。
合わせてDHMのハンガーもゲットしなくてはなりませんね。
この勢いでRGガンキャノンを出していただきたいものです。

Posted by: じゃいあん | June 09, 2010 07:52 PM

■ Koji Okama-san
"GUNPLA" is born and becomes the 30th anniversary this year.
RG is released as a commemorative model in July.

Same time the statue of 1/1 scales stands in Shizuoka.
It is the same statue that this was put up in Odaiba in last summer.
Painting and a marking, the equipment are going to be changed this time.


■ 立体パズル様
表現に関してのご指摘につきましては
意図して使い分けている部分もありますが
望まれない方もいらっしゃるということで配慮させていただきます。


■ K1様
人間の目線による立体把握の感覚については
いわゆる"タミヤディフォルメ"の例を出すまでも無く
原寸大とミニチュアの親和感の調整は甚だ難しいものがあります。

スケールによって見え方、見せ方も異なりますし
見る人による差異も大きく絶対的なバランスというものが無いため
企画担当者は常に頭を悩ませる点ではあります。

写真によってもアングルによって見え方は全く異なってきますので
最終的には店頭に飾られるであろうサンプルをご覧いただく、
或いは実際に組んでいただくのが一番ということになりますね。

実際に手にされた時に「これはもっとこう・・・」
と思われる点も出てくるかもしれませんが
そうした違和感を解消出来るのが素材としてのプラモデルなのだろうと
個人的には思っていますので、是非お手にとっていただけると幸いです。


■ gundam kits-san
Thank you for comment.
"GUNPLA" always aims at the evolution to a base in the history of 30 years.
Please assemble "RG" for a hand by all means.


■ MITU 様
なかなかご期待に副えられない面もあり、申し訳なく思っておりますが
「~複数置きたいけれど、置き場所は狭い~」というのは切実ですよね。

プラモに限らず昨年後半から続く高額商品に対する購買欲求の低下という市場心理がある中で
RGについてはMGのダウンサイジング的な方向性も一面では持ち合わせています。

作る場所が無いよ、置くとこ無いよ、作れる環境が無いよ等々
模型趣味を楽しむ環境を整えるのはなかなか厳しい昨今ですが
HGの上位版と捉えるか、MGの汎用版と捉えるかでRGの立ち位置は変わってきます。
興味を持っていただけるようでしたら
MITUさんなりのRGへのアプローチを是非お試しいただけると幸いであります。

お気遣いありがとうございます。
まぁ、カワグチはカワグチということで(笑


■ じゃいあん様
RGに関しては静岡HSで次回作の予告はさせていただきましたが
HG、MGのように新製品が続々・・・という状態ではないので
個々の商品を企画しながら方向性を確認しつつ
シリーズとして構築されていくだろうものだと思っていますので
3作目以降に関してはまだ白紙に近い状態です。
RGガンキャノン、どんな仕様が望ましいんでしょうねぇ・・・

Posted by: 川口克己 | June 10, 2010 12:10 AM

カワグチはカワグチ( ̄ー+ ̄)なんか、いいな~良い響きですね。 と、言っても名人の事を、知り尽くしてる訳ではないのですが… イメージは、今だに「プラモ京四郎」の中に描かれてる川口名人なのです。
 潜水しながらも、ガンプラサポーターに投稿したり、富野さんのコメントを読み、色々考えてみたり…そんな中で、以前「模型ってなんだ」って、ペットさんのつぶやきを、思い出したり 凝り固まってないか?という自問自答とか・・・RG組みながら、また考えてみよ~と、思います(゚ー゚)。

Posted by: MITU | June 10, 2010 03:14 AM

初書き込みです。宜しくお願いします。
RGのテストショットを見て、
製品版が本当に楽しみです。
ファースト世代の私は、ガンプラ発売当初から、
今まで ずっとガンプラを作り続けて来ました。
G30のキットも、お台場で見た1/1ガンダムの様に
他キットからデカールを流用し、パネルの色違いも
何とか、塗装をして完成させました。
RGは、そのパネルごとの色違いまで、再現されて
いるので、自分が作ったキットと違いなども
楽しみたいです。1年戦争に登場した全てのMSが、
RG化してくれたらと願っています。

    シャア専用ザクも期待しています。

Posted by: kockyjiji | June 19, 2010 12:12 AM

■ MITU 様
模型趣味は思考を巡らすことだとカワグチ的には思ってます。
所有することはもちろんですが、自分はどれだけ楽しめるかというのも
"作る"という行為が付帯する模型趣味では
"作る"の前に"考える"というお楽しみがある訳で
いろんなことを考えることで気持ち的にも深まるのではないかと思う次第です。


■ kockyjiji 様
ご来場ありがとうございます。
RGに関しては今回は1/1ガンダムの細分化された塗装を表現するための
フレームと外装という構成が採られましたが
次アイテム以降の仕様検討ではどうすればリアルっぽく表現できるか、
という点を模索しながらの作業になるのではないかと思います。

そういう意味では実際にRGガンダムを手にされた方からどのように評価され
どのような向き合い方をされるのか、というのは今後を考える上で
大きな指針にもなるのではないかと思いますので
手にされた時に感じられたことなどもお教えいただければ幸いです。

Posted by: 川口克己 | June 21, 2010 12:17 PM

MG2.0の発売で今後はアニメ寄りに戻るのかと思いきや
30th以降、初代MG風になってるのが非常に残念

現開発部がMG1.0世代だからしょうがないのか
あのダサいMG1.0を生み出した当時の開発部が悪いのか
MG2.0やver.Kaの細部のバランス取りが下手過ぎるのも…

愚痴がとまらん

Posted by: | July 19, 2010 10:18 AM

■ 名無し様
今の開発担当陣がMG1.0世代という錯誤のソースがどこかは知りませんが
MGが駄目駄目ということであれば私の責任でしょう。
コメントにいただいた言葉通りに解釈するなら
20余年前のMSVの時代に遡り
記号としてのリアルなどという方向にガンプラが走った時点で
あなたが望まれる方向とは別物なのでしょう。

私見ながらキャラクターモデルという観点で申しあげれば
機構や構造はともかく、フォルムやデザインという点では
最新のキットこそが素晴らしいものだとは思いません。
昔の最中キットが良いという方もいらっしゃいますが
同一機種のキットに関してはスケールモデルのような考証的な正しさは
メーカーとしても意識していませんし、
「これが正しい姿」などと言い切れる人はいません。
同一機種の複数のキットはあくまでも選択肢に過ぎず、
実際に作られている方の中には好みのフォルムに近いものをチョイスし
製作されている方も少なくないようで、
個人的にはそれが"プラモ"だと思ってますが。

Posted by: 川口克己 | July 21, 2010 03:08 PM

初書き込み失礼します。
昨日、楽しみにしていたRG1/144ガンダムを買って来ました。
まだ組み立ててはないですけどランナーが多くて作り甲斐がありそうです。
GFFは出来は良くてもつまらない、塗装環境がないのでHGだと物足りないし、かと言ってMG以上だと気負いすぎてしまう自分みたいなユーザーにとってはまさにこう言うのが欲しかった!って感じですね。
クリアパーツのフレームでUCガンダムデストロイモードが出たら面白そうだなーっと思いました(笑
次回作も楽しみにしてます。

Posted by: そば | July 30, 2010 11:51 AM

■ そば様
ご来場ありがとうございます。
RGに関しては今回のガンダムが第1弾ということで
今後についても試行錯誤を繰り返しながら
企画を進めていくことになると思います。

30周年ということで露出が高まることを前提に
久し振りにガンプラ作ってみようか・・・
という方を意識して商品は作られていますので
特別な環境や道具、マテリアルが無くても作れる
それなりに満足の得られるガンプラ・・・ということで
気負わずに作れるものを指向したのは確かですので
是非完成させてみてください。

Posted by: 川口克己 | August 05, 2010 06:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RGガンダムのテストショットを組んでみた:

« 異形の怪鳥 | Main | RGガンダムを塗装して仕上げる その1 »