« 渋谷のチカラ | Main | シズオカ シネマパーク フェスティバル2010 »

February 18, 2010

第三種装備

「弘法筆を選ばず」という言葉がある。
弘法大師のように書に優れている者なら筆の善し悪しは関係ない・・・
ということで、自分の技量不足を道具のせいにしてはいけない
という意味で使われたりもするのだが、
公私に於いて模型工作道具を常に傍らにおいている身としては
はっきり言って道具は選んだ方が良い。

達人の域に至っていないからだ・・・と言われるとそれまでなのだが
良い道具を使えば労力とストレスが間違いなく軽減される。

電撃ホビーマガジン誌で
モデラー諸氏が普段どんな道具を使っているか、という特集が以前組まれた。
読者さんからの反応も高く、
実際に紹介されたツールが売れたという話も聞いた。

イベントでの模型教室や会社での作り物などがあるため
カワグチ的には普段家で使っているツールとは別に
持ち運び用のツールをセットにして置いている。

とりあえず中を見てみると・・・

 BOX:タッパー(ダイソー)
 ニッパー:薄刃ニッパー(タミヤ)/ハードマイクロニッパー(ミネシマ)
 カッター:ハイパーA型・替刃(オルファ)/細工カッター・替刃(オルファ)
 ピンセット:ライトタッチピンセット(Pro-Hobby 絶版)/
                 時計用ピンセット(商品名・メーカー不明)
 ピンバイス:両頭式ピンバイス(Anex)/精密ピンバイス(タミヤ)
 ドリル刃:マイクロドリル刃セット(高儀)
 金属ヤスリ:ハードコートヤスリPRO(タミヤ)/精密ヤスリ・平(BUNSEIDO)/
                   目立てやすり(商品名・メーカー不明)
 ヤスリ:タイラーシリーズ各種(サテライトツールス)
 ケガキ針:デザインナイフ(商品名不明・NTカッター)
 レザーソウ:レザーソー(EXACT)
 ドライバー:精密差し替えドライバー(Rubicom)
 スケール:直尺15cm(シンワ)
 ディバイダー:ディバイダー(商品名・メーカー不明)
 接着剤:Mr.ジャスト はけ塗り瞬着(GSIクレオス)

100218
これにフィニッシングペーパーやチゼル、タガネ等の工具、
簡単な塗装道具が加わると持ち歩きの第三種装備ということになっている。
ちなみに第二種装備はモーターツール、各種プラ材が加わり
第一種装備はハンドピースが加わることになる。

ちなみにこれらお道具箱の中身を合算すると約2万円。
これを高いと感じるか、妥当と感じるのかは価値観というものですね。

|

« 渋谷のチカラ | Main | シズオカ シネマパーク フェスティバル2010 »

Comments

ここブリタニアに来て以来思うのですが、日本は模型に関する道具や素材が充実していると思います。様々な会社から使いやすい道具が発売され、その流通も充実していて、軽易に入手できます。それに対して、ここでは、模型専用ではなく、日曜大工のような工具専門店の膨大な種類の中から工具を探すか、ホビー専門店(模型屋さんではなく、手芸店といった方が良いと思います。プラモデルもここで売られています。)で限られた工具を購入するかです。日本は本当に模型天国だと思い知らされました・・・・日本にいたときはその有り難みがが分かってませんでしたよ。。。
塗装と素組みしかしないんですけどね。

Posted by: ブリタニア帝国住人 | February 19, 2010 03:58 AM

工具の値段もピンからキリまでありますしね。
これから模型を作る人にはどれを選んだらいいか迷う事もありますよね。
やはり一番いいのは自分の手にフィットする工具が理想ですが、店頭で陳列しているのは買わないとフィットするか分からないので、出来たら見本用に1本だけ開封して貰い実際に自分の手でフィットするか触れるのが理想なのですが、工具とは言え立派な凶器にもなりますので現実するのは難しいでしょうね。

Posted by: 返り咲き親父 | February 19, 2010 01:29 PM

こんにちは。
工具は難しいです。
とりあえず、自分で上手く扱えなくて
眠って頂いてるツールも数多く(滝汗)
実際使ってみないと分からないので
かなり賭けだなぁ…と、思いながら買います。
高い工具が、ダメだったときは…(´Д⊂グスン

Posted by: Zハナモリ | February 19, 2010 02:20 PM

■ ブリタニア帝国住人 様
日本が模型に関する環境が充実しているというのは確かにその通りだと思います。
50年の国内プラモの歴史の中で安定した需給関係が築き上げてきた結果と言えるのかもしれません。

ただ、今回ご紹介した工具も含めカワグチが普段使用しているツールで
模型専用の道具というのは実は3割くらいで
あとは日曜大工、デザイン用品、皮革工芸、弱電工具等のショップで買い求めたものだったりします。
今でこそポリパテ、エポパテ、シリコン、注型用樹脂等、模型用として販売されていますが
最初は自動車修理用、手工芸用等、プラモとは関係ないものが大半だったりします。

前日の日記で東急ハンズ渋谷店の話を書きましたが
ハンズのありがたい点は模型専門店ではお目にかかれないモノがあって
使えそうなモノを探す、便利なモノを発見するお楽しみがある点だと思ってます。
(箸にも棒にもかからないモノも多々ありましたけど)

日本ではお目にかかれない道具やマテリアルを探してみるというのも面白いかもしれませんよ。


■ 返り咲き親父 様
実際に使ってみないと判らないのが道具、ということになりますが
買った当初は馴染まなくても
使ってるうちに慣れてくる、馴染んでくるということもあるので
こればっかりは博打のようなもの・・・としか言い様がないですね。

他の人が薦める道具が自分に合うか、というと微妙ですが
博打の確率を上げるという意味では傾聴に値することもありますし
同じ道具でも安いものよりは高いものの方が使い勝手が良い傾向はあります。
(失敗するとダメージは大きいですが)

家電品などでも商品スペック以外にクチコミ情報を参考にする人もいます。
出来るだけ確率を上げて「失敗したぁ・・・」という自体を回避する
というのがとりあえずのところでしょうか。


■ Zハナモリさま
Zハナモリさんはリアルでも多くのモデラーさんとお会いする機会も多いようですから
みなさんが使ってらっしゃる道具なんかを
ちょぴっと、やんちゃしない程度に使わせて(触らせて)もらう・・・というのはどうでしょう?

カワグチが行脚で東海方面に伺う時にも多分お道具セットは持ち歩いていると思いますので
お会いする機会がありましたら試しに使ってみます?

Posted by: 川口 克己 | February 19, 2010 06:02 PM

勉強になります。こちらのHome Depに行ったときに色々見てみようと思います。まぁ、ここにいる間は作れないんですが(ガンプラは入手できないので)・・・

Posted by: ブリタニア帝国住人 | February 20, 2010 09:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第三種装備:

« 渋谷のチカラ | Main | シズオカ シネマパーク フェスティバル2010 »