« 東京スカイツリー | Main | 人間五十年 »

December 10, 2009

ヤマト復活を前に・・・

紆余曲折を(多分)経て今週末に公開となる「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」
プラモ的には新製品を・・・ということではなく
再販が中心の展開ということになるのだが、
メディア対応も含めて完成品のメンテナンスなども行っていたりする。

「エッチング取れてるので・・・」
ということでカワグチの所にも1/350ヤマトのメンテ依頼が来た。

元々は塗装も含めしっかりした完成品だったようなのだが
メインエンジンカウルは天地逆、
各所のエッチングが取れ、パーツも一部欠損している。
真ちゅう製の主・副砲身も金属地そのままということで
欠損部分のパーツはサンプルから抜かせてもらい、
プラパーツ及び資材パーツ等の差し替え部分は塗装して仕上げることにした。

真田さんの域には及びもつかない身としては、(作業中の気分は真田さんだったのだが)
「こんなこともあろうかと・・・」という具合に塗料等を用意できている訳でもないので
近似色を買出しに行って作業すること3時間、
何とか出航出来るレベルにはなった・・・はず。

091210

|

« 東京スカイツリー | Main | 人間五十年 »

Comments

こんにちは。

昨夜、あえて数十年振りに『劇場版さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち』を見ました。

この劇場版だけはちょっと特殊なんですよね。

ある意味、真の完結編とも言える作品ですからね。

他の作品が嫌いな訳ではないのですが、後から出た劇場版は、かなり無理な設定ですからねぇ。

で、今回の復活編ですが…果たしてどんな作品になっているのか…

今の世相に訴える力があるのか?

子供の頃、やはりヤマトとガンダムには多大な影響を受けました。

銀河鉄道999やキャプテンハーロックにも影響を受けました。

願わくば旧来のファンをがっかりさせず、現在の子供たちにも良いメッセージを与えうる作品であって欲しいと願います。


ここだけの話ですが、大袈裟ではなく、機動戦士ガンダムOOと言う作品には、こんなおっさんになった今、命を救われた特別な作品です。

あの作品に出会わなかったら…

他人はバカにするかも知れません。しかし現実にそれだけの影響を私は受けました。

これからも子供たちに良い作品を世に送り出して欲しいと思う今日この頃です。

Posted by: ファングいけお | December 12, 2009 02:18 PM

dramatic yamato your a warmaker kawaguchi what place did you make that mate

Posted by: koji okama | December 12, 2009 02:58 PM

■ ファングいけお様
当時心躍らせた人たちにとっては
"さらば~"とそれ以降の続編については同様の感慨を
少なからず持ち合わせているものと思います。

人それぞれに琴線に触れるツボというのはある訳で
テーマなり作品そのものから読み取れるものというのは
本人の素養も影響するものだと思います。

そうした感慨を引き起こしてくれるきっかけとなる作品には
年齢に関わらず出会いたいものです。


■ koji okama-san
I did on the desk of the company.

Posted by: 川口 克己 | December 12, 2009 06:31 PM

in bandai

Posted by: koji okama | December 13, 2009 05:14 PM

■ koji okama-san
Yes it's in BANDAI.

Posted by: K.Kawaguchi | December 22, 2009 12:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤマト復活を前に・・・:

« 東京スカイツリー | Main | 人間五十年 »