« 気がつくと既に12月 | Main | 東京スカイツリー »

December 07, 2009

北壁の死闘

時々思い出したように読みたくなる本というものがある。

最近は昔に比べて濫読傾向は無くなって
新しい本との出合いも少なくなってきているのだが
現在通勤中の読み物として鞄の中に入っているのが
"北壁の死闘 < TRAVERSE OF THE GODS >"
ボブ・ラングレー著/梅津正彦訳

初版が1987年12月ということで20余年前の本になる訳だが
当時コミカライズ化もされており
初めて読んだ勢いのままにコミックス版も購入し現在倉庫で眠っている。
以来、折々に手にすること十数回、その都度勇気と士気を貰ってきた。

 自らが関わるアイガー北壁での山岳事故を目の当たりにし
 登山が出来なくなったかつては優秀な登山家であった主人公が
 総統勅命の特殊任務遂行のために召集され
 罪の意識と山への恐怖という爆弾を抱えたまま山岳訓練に従事させられ
 意思がバラバラな部隊の中で
 自分自身との戦いを経ながら作戦が遂行される・・・

というような話しなのだが、
山岳小説とは縁の無いカワグチが書店で本書を手にしたきっかけは
カバー画に描かれた騎士十字章だったりするのがいかにもカワグチな訳だが
偶然手にした同書だがエンターテイメントとして一級品の拾いモノだった
と、俺的には思っている。

フィクションである本作品ではあるが
"ヨーロッパで最も危険な男"と呼ばれたオットー・スコルツェニーSS大佐や
アイガー北壁で実際に起こった"トニー・クルツの悲劇"と呼ばれる山岳事故等、
実在の人物や事件を巧妙に織り込むことで作品世界への感情移入は促される。

エーリッヒ・シュペングラー少尉のドラマは
今しばらくは通勤電車の中でカワグチの気分を高揚させてくれるだろう。

|

« 気がつくと既に12月 | Main | 東京スカイツリー »

Comments

whats the reason why you post that book in your blog sorry sir but i cant understand why you love winter with nazi

Posted by: koji okama | December 07, 2009 09:01 PM

Firstly I write it, I am not a person believing in Nazism in a political creed.

However, there is a thing to be able to call entertainment for a novel about the war or a movie.

I make a tank of former Germany force, a plane, vessels as a model hobby, but recognize them as a thing knowing the entertainment that seems to be a novel and a movie.

Consciousness for the Hakenkreuz is not so high in Japan when I compare it with Europe and America.

It was a picture drawn on the cover of the book as one of the important items to appear in a story, but did not recognize the meaning till it was pointed out.

Therefore, the image deletes it.

Posted by: K.Kawaguchi | December 07, 2009 10:13 PM

im war addicted in me war is not an entertament to me its a question to me how an inovation is inovation sorry to say to you that your nazi but japan is an axis in that time

Posted by: koji okama | December 08, 2009 01:37 PM

■座右の書と申しましょうか、ふと手に取る原典的な本ってありますよね。
僕の場合はやっぱり『火星年代記』です。
物語を作るときに、この作品を手にすると、やはり丁寧に真摯に作らなければと思い知らされます。

■ようやく熊本城のインストが終わりました!

Posted by: たくぼん。 | December 09, 2009 01:13 AM

I do not affirm the war.
And, it doesn't admire.
Of course, I do not think that the hostility that man kills one another is an entertainment.

However, I do not have a mind to deny the movies, the novels, the games, and the model-kits that makes the war a theme.
It is thought that it is without relation to a political conviction and historical sense of values to recognize that the entertainment them.

It is a story that makes the war a theme though Gundam is a story of the fiction.
I am recognizing that image works such as Gundam and Star Wars are the entertainments.

Therefore, it is thought that there is only a difference whether "TRAVERSE OF THE GODS" that is the writing of British's Bob Langley is real existence or it is a fiction, and I am entertainment of the equivalence of Star Wars and Gundam, etc.

Posted by: K.Kawaguchi | December 09, 2009 03:39 PM

■ たくぼん
熊本城、ホントにお疲れさまでした。

座右の書というのもそうですが、趣味であれなんであれ
熱中できる対象を持っている人は幸せな人だと思います。

そういう気分でその対象を大事にし、いろんな事物に接していきたいものです。

Posted by: 川口 克己 | December 09, 2009 03:41 PM

that story is lite great that why german are intelegent but i have a story ferrari forum ban me because of misunderstanding its like thats story a climbler cant get on the top

Posted by: koji okama | December 09, 2009 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北壁の死闘:

« 気がつくと既に12月 | Main | 東京スカイツリー »