« 人間五十年 | Main | 今回の中華アイドル »

December 12, 2009

BAKUC2009 台湾予選会

091212昨年まで年間3回、
ガンプラメインのコンテストがあった台湾だが
今年は諸々の事情から年末のBAKUCのみ
1回のガンプラコンテストの開催となった。

そのぶん集まった作品数は
全応募数で百数十点。
作品のレベルも高く激戦と言っても良い
コンテストになった。

応募部門はファイナルへ進出する
一般部門とジュニア部門、
そして過去コンテストでの
上位入賞者を対象とした
エキスパート部門という3部門からなる。

今回台湾では表彰式の試みとして
各賞を授与する際に作品に関するコメントを申し上げるという方式を採った。

更に表彰式終了後に参加者から質問を受けるという時間を設け
それぞれの作品に対してのアドバイスを行わせてもらった。

どの程度納得してもらえたかは判らないが
やはり審査員がどのような点を評価をしたのか…というのは
参加者の最大の関心事であり、フォローという点でも重要な点であると改めて思ったり。

|

« 人間五十年 | Main | 今回の中華アイドル »

Comments

審査員お疲れさまです。

自分も紙面などで海外の作品をよく拝見させて頂きますが、残念ながらガンダムの生地である我が国日本のモデラーが組むガンプラに対して海外のモデラーの方がオリジナリティが出てきているように見えてきます。

確かに各紙面で活躍するプロモデラーの作例を真似してもそれはそれで正解かも知れませんが、それだと個人のオリジナリティが欠けてしまっているように思えてしかたありません。
色を塗らないといけなかったり、無いものは作らないといけなかったりした昔と違い、昔ではシリコンから型どりして作ってたのも市販として売られている時代ですからね。
話はそれましたが、我が国日本と海外の同じ素立ちでも今のままでは完全に海外組に負けているように思いますので、来年はガンプラ30周年だしガンダムの生地である我が国日本のモデラーも頑張って欲しい限りです。

Posted by: 返り咲き親父 | December 14, 2009 12:37 PM

審査員お疲れ様です。
プラモデルや他のホビー商品を買うときにいつも思うのですが、皆さん完成品の保管をどうしているのでしょうか。買うときに、保管場所を考えいつも躊躇してしまいます。家を建てて、自分の部屋を確保できるならいいのですが、転勤族で引っ越しも多く、なかなかそうはいきません。しかも収集癖があり、捨てることもできず、たまっていく一方。買っただけのホビー商品ならともかく、自分で手を入れたプラモデルは愛着があり手放せません。そうなると、購入時に「後で困るから止めよう」ということに。特に大きい物はそうなりがちです。最近はハイコンプロですら躊躇します。皆さんどうしているのでしょう?

Posted by: ブリタニア帝国住人 | December 17, 2009 03:42 AM

■ 返り咲き親父さま
オリジナリティの発露という点に関しては様々な理由が考えられます。

もちろんメンタリティの違いといったこともあるでしょう。
30年という時間で育まれたガンプラとの付き合い方を
ここ十数年で吸収しようとしている面もあると思います。

個人的にはそういった事情に加え、"言葉"という要因があると思っています。
情報伝播のスピードはネットを通じて国内外差は無いと言える状況があります。
彼らはネット上に上がっている様々な画像に触れ、
翻訳サイトなどはあるもののその画像情報から
製作技術なり製作プロセスを読み取り実践しています。

言葉の理解に不都合がなければ知識として認識することは容易で
試行錯誤による実践には至らないという方も少なくないと思います。

"知ってる"と"出来る"は別物で、その辺は認識しておくべきかなぁ…
などとは思います。


■ ブリタニア帝国住人さま
もちろん人によって異なるとは思いますが
カワグチの場合、完成品は基本的には100円ショップなどで売られているタッパーに入れてしまい込んであります。
同一サイズであれば収納もかなりスムーズであり、密閉出来るので破損した場合でもパーツの紛失が防げる
というのがその理由で、製作途中の模型もタッパーに入れて保存しています。
基本的に完成したら写真に撮ってサイトに上げるというスタイルになっているので
完成品を飾っておくというのは最近あまりやってないです。

Posted by: 川口 克己 | December 22, 2009 12:33 PM

カワクチさん、その言葉を話の人は
あの僕はです......
もしはすみません.....


それは私本届の参加作品ですよ~~
http://tw.myblog.yahoo.com/andys890901/article?mid=2339&prev=-1&next=2304

Posted by: 技術上尉 | December 23, 2009 02:26 PM

■ 技術上尉 様
フリーダムガンダムを作られた方ですね。
全作品へのコメントを記している時に気付きました。
ブログの方も拝見しました。

来年の予定はまだわかりませんが
また台湾へ行くこともあると思いますので
お会いできる機会があれば、またお声掛けください。

Posted by: 川口 克己 | December 28, 2009 12:15 PM

希望によってに競争がまた来年あり、天空の天恵のために明けましておめでとう祈る。

Posted by: 就是愛台灣 | December 29, 2009 08:53 PM

■ 就是愛台灣 様
今年はガンプラが生まれて30年という記念的な年となります。
BAKUCも今までとは少し違った形で実施される予定ですが
台湾のモデラーさんたちが参加できるコンテストは
引き続き開催していく予定でいますので御期待ください。

Posted by: 川口 克己 | January 02, 2010 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BAKUC2009 台湾予選会:

« 人間五十年 | Main | 今回の中華アイドル »