« October 2009 | Main | December 2009 »

November 29, 2009

BAKUC2009 韓国予選会

11/27(金)にソウル入りし、応募作品の審査表彰などを行い
本日帰国しましたよ。

行きのスカイライナーの車窓越しに感じられた陽光は
「冬ですか?」という疑問を覚えるほどだったのだが
ソウルはいわゆる底冷えというやつでしょうか、いや、寒い寒い。

そんな冬ど真ん中のソウルで開催された本年度のBAKUC韓国予選。

例年に比べると作品数は全体にやや減少気味ではあったものの
作品としては面白いものが多かった。

オンライン・コミュニティで仲間と模型を楽しむという傾向が強く
コンテストへ応募するという気分はあまり強くないというのが
韓国のモデラーさんたちの気分らしいのだが
プラモはやっぱり作ってなんぼ、現物見てなんぼ、というのが
カワグチ的な気分でもあるので
そういう気分に応じてくれる人がやっぱり増えて欲しい・・・というのが人情ではある。

出品傾向で特に目に付いたのがU.C.HARDGRAPHを含むイグルー関連ネタの多さ。
多少粗くはあるがビグロのキットにプラ板の箱組みを付けてビグラングを作った
ジュニア部門の参加者などもいたりでちょぴっと驚かされたりもした。

下画像のシナンジュは一般部門の作品だが
部位によってツヤを変えたりメタリックカラーにちょっとこだわったりと
なかなかよく出来た作品ではありました。

さて、直近では12月に入って台湾予選会の方へ行く予定になっている。
今年は夏の台湾電撃ガンプラ王が無かったので久しぶりの台湾ということになるが
どんな作品に出会えるのか、楽しみではありますよ。

091129

| | TrackBack (0)

November 17, 2009

聨合艦隊旗艦

太平洋戦争前・戦中に於いて日本人が最も親しみを持って認識していた巨艦は
戦艦長門と航空母艦赤城であったという。

艦船模型を嗜む者としてはやはり両艦はコレクションに加えたいところで
アオシマさんのリニューアル版 陸奥・長門は死ぬまでに作るリストの上位にあった。

WL4社時代には他社との比較に於いて
トータルバランスに難有りというイメージがつきまとっていたアオシマさんだったが
WL3社時代に入り、利根・筑摩で「おや?」っという思いを抱き
その後の陸奥・長門では「これがアオシマのキットか?!」と、正直なところ驚嘆した。
以来、考証面も含め問題が全く無いとは言わないが
扶桑・山城、飛龍、5,500t級軽巡等々、良作を輩出している。

主戦場が1/350に移って来ている昨今ではあるが
その中ではフジミさんの勢いがまさに目を見張るばかりで
1/350のみならず1/700でも大和型戦艦、妙高型巡洋艦といった有名艦から
津軽、沖島といった知名度的には微妙なアイテムが続々と発売され
金剛・榛名に至っては1/700艦船模型としてかなりの高みに至っているように思う。

そして今秋のプララジでは1/500の大和、1/700長門、利根、龍驤が発表され
参考出品として秋月型防空駆逐艦の展示も行われた。

そんな艦船模型バブル継続中の様子に浮かれ気分な昨今のカワグチではあるのだが
この度フジミさんの長門のテストショットを拝見するという幸運に恵まれた。

まだ初期段階のものなのだろう、未加工部分も所々に見られたが
総じてきれいな成形品だなぁ・・・という印象を受けた。
金剛・榛名はもちろん手にし、見ているのだが全体にシャープさが増して
ディティールのキレが良くなっているように思える。
091117a
成形色によるところもあるのかもしれないが
直接比較してみても気のせいではないように思える。

ブルワークなどもかなり薄く仕上げられており
煙突周辺では蒸気捨て管などは全て別パーツになっている。

現状のパーツで組んだのであろう仮組み状態の長門の雄姿は
フジミさんのサイトや有名艦船模型サイトでも拝見したが、
コレはやはり実際に組み上げたい衝動に駆られる。
フジミさんのサイトによれば専用エッチングパーツの発売も予定されているとのことだが
12月にはキット、エッチングともに店頭に並ぶことになるだろう。

ここはやはり、日本人なら一家に一隻、長門を飾っておきたいところだ。
アオシマさんの長門には申し訳ないが、フジミ長門への期待は高まるばかりである。
091117b


フジミ模型公式サイト

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 13, 2009

つばさキャット 其ノ參

"化物語"のBR,DVDの販売が好調らしい。
"けいおん!"、"化物語"と今年の深夜アニメの2作品に注目してきた俺的には
まだアンテナは鈍っていないのかもしれない・・・ということで
満更でもない気分だったりもするのだが
10月新番に関しては正直なところあまり気持ちが入る作品とは出会えていない。

さて、その"化物語"だが今月上旬から公式サイトで13話の配信が行われている。

いよいよ色ボケ猫の登場ということで
エピソード的には委員長ちゃんファンは悶え死に必至の回なのだが
気のせいか委員長ちゃんの作画の雰囲気が今迄とは違うように思える。
いつもの制服・三つ編みという外見の違いで雰囲気が変わったように見える・・・
というのはもちろんあるとは思うのだが
何となくそれだけじゃないような気がするんだねぇ。

しかし、八九寺の言ではないがツンデレちゃんと委員長ちゃんを並べたら
普通は委員長ちゃんに転ぶよなぁ。

原作でも長いエピソードの委員長ちゃんなのだがアニメでもあと2話分残っている。
暫くの間はまだまだ楽しめそうだが、
こうして委員長ちゃん編を見ていると"傷物語"も新房作品として同じ座組みで見てみたい。

化物語 公式サイト

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 08, 2009

500円超えたらやめると思うけどね

タバコ増税の話がまたニュースを賑わしている。

「諸外国並みに価格を上げるべき!」などということを申す大臣もいるが
諸外国に足並みを揃えなければならない理由は何?

「健康と医療関連費用の観点からタバコ増税もやむなし」という話も聞くが
身体に悪いと言うのなら法的に喫煙を禁止する方が理に適っている。

結局はとり易いところから税金を取るというのが主旨なんでしょ?

国民の健康と生命・財産の安全を本当に考えてくださるのなら
タバコ増税の次は酒税の大幅引き上げですか?

健康云々に関しては飲酒にしても健康被害はある訳だし
飲酒運転による事故の無くならない我が国においては直接的な生命の危機
という点ではタバコによる健康被害の比ではないでしょう。

某居酒屋チェーンから多岐に渡る業界へその手を広げている社長様も
全面禁煙に賛成、タバコ大増税歓迎と申されて憚らぬ様子だが
その顔見てると酒税も同様に上げて欲しいと俺は思うよ。

自分が嗜まないものは増税結構、などと公言して憚らないのは
ただのエゴイストだと俺は思うし
そういう人も俺的には信用できない。
ということで"わ●み"の系列の店では飲みたくないな、これからは。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

November 07, 2009

だいじょーぶか?! フジミ!!

作りモノ仕事がちょぴっと一段落したところで(全部は終わってないのだが)
趣味プラなんぞを買い求めたりしているのだが
10~11月新製品ということで1/700艦船模型を2点購入した。

フジミのエッチング入り妙高とアオシマの蒼龍なのだが
事前に情報は聞いていたものの妙高の箱を開けてそりゃもうビクーリですよ。

成形品一式+エッチングでメーカー希望小売価格¥2,940-
通常品で¥1,680-だから・・・エッチングで¥1,260-換算ということですか?!

最近安いエッチングも時折見かけるけど
このボリューム(内容)でそのお値段は価格破壊モノでしょう。

091106

いや、ユーザー的には非常にありがたいし
相場感がコレくらいになってくれると艦船模型趣味のハードルが
ちょぴっとだけ下がるような気がしてとってもウェルカムなんだが・・・

フジミさん、大丈夫なんだろうか???

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 06, 2009

模型趣味的な観点による"見立て"

スケールモデルを経験した我々の世代の中には
架空の世界の架空のメカニックに対し、
既知のモノに見立てることで感情移入、妄想の拡散を促すという人が少なくない。

曰く「ザクが4号戦車でさぁ、ゲルググはキングタイガーだよね・・・」
曰く「MSVでね、B型パック装備のゲルググがシュワルベでね、
   C型パック装備のゲルググキャノンがシュツルムフォーゲルな訳・・・」

などという呪文のような言葉を見聞きしたことのある人もいるだろう。

偏向しているかもしれず、
本人しか納得できないかもしれないそうした"見立て"は
プラモ製作時のモチベーションの維持に結構役立ってくれる。

もちろん第三者に見てもらうことを前提とするならば
その"見立て"が共通言語として通じることが必要であり
訳のわからないイメージの仮託は"見立て"の主旨とは大きく隔たってしまう。

などというようなことを今回2機の06Rを製作している時に考えていた。
"見立て"で無理矢理にでも気分を高揚させないとver.2.0とは言え
MGザクを短期間で2体仕上げるなどという作業は心が折れてしまう。

で、今回の06Rの"見立て"なのだが、とりあえずMS-06FをBf109G-6あたりと考える。
で、MS-06R-1がBf109G-10(R-1をG-14、R-1AをG-10でもいいや)
R-2Pはかなり無理があるけどG-10ASかなぁ、それで06R-2がBf109K-4・・・
そうすると、06R-3は幻のK-14ということでどうだぁ!!

などとザクとメッサーをダブらせながら勝手に盛り上がりながら作っていた次第。
メッサーではなく、フォッケでもいいんだけど
メッサーの方が無理矢理性能向上を図りながら変貌していった
みたいな感じがあって俺的にはザクとの相性ということではしっくりくる。
無理矢理使われ続けたという点では零戦でもいいんだけどジオンって俺的にはドイツだしさぁ。

そういう仮託出来る対象があると気分も高揚するのでミカン星人な人にはお薦めである。
その対象は別にミリタリーである必要も無いしね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 05, 2009

音信不通の良い訳

昨日、年末発売予定のプロショップ専売商品の商品撮影に行ってきた。

プララジの会場でも展示を行った06Rなのだが
「キット改造で06R-2Pを作ってみないか?」
というご提案をあわせて行うにあたり、
完成した06R-2Pが無いという訳にはいかないでしょう・・・
ということで、ここ数週間で作っていた。

更に展示に使った完成品は
5月のホビーショーの際に参考出品ということで間に合わせた急造品で
その後、特に手を入れていた訳ではないので、
それを商品見本用に使用するのは些か難がある・・・
ということで06R-1と06R-2Pの同時進行とは相成った。

スケジュール的にもグダグダになりながら
各方面にご迷惑をおかけしつつ、なんとか完成し撮影という運びとなった。

発売は・・・多分年末どんづまりのあたりになるのではないかと思われ。

091105

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »