« さて、どう料理したものか・・・ | Main | 読了 »

October 16, 2009

刃の下に心あり

以前、「傷物語」「化物語」「偽物語」をまとめて買った
という記事を記したことがある。

通勤時間に電車の中で読むというのんびりした読書習慣のおかげで
まだ全巻制覇はしていない。

素直に休日なんかでも読みたいという気分はあるのだが
作りモノ仕事を家でやっていたり、イベントの画像を整理していたりで
なかなか時間を費やせない・・・というか、
早々に読み終わってしまうのがちょっともったいないような気分というのが
実は正直な気分だったりもする。

正直ついでに言ってしまうと
偽物語の下巻に入ってちょっと違和感を感じていたりする。

委員長ちゃんやツンデレちゃんのキャラがすっかり変わってしまったようで
何だか遠い人になってしまったような気がしないでもない。
それに加えて阿良々木クンの壊れ具合が加速しているようで
「ヲイ、おまえはそんなキャラだったのか???」
と、読み進めながらツッコミたい気分になってしまう。

いや、まだ月火ちゃんがそういうアレだったというのがわかったところなので
残りのページでどうなるのかは予断を許さない(?)ところではあるが
いい感じに落としてくれることを俺的には望みたいところではある。

さて、読み終わったらどうしようかなぁ・・・
通勤時間の有効活用を今から考え始めておかないとだなぁ。

※ 「偽物語」の以後の展開に関しては読了までネタバレコメントを禁止します!

|

« さて、どう料理したものか・・・ | Main | 読了 »

Comments

米国に来て1年半になり、活字に飢えているときに、ブログを読んでこの本を知り、取り寄せて読みました。登場人物の会話が面白くて、あっという間に読んでしまいました。来年の続きも楽しみです。

このブログを読むまで、模型紙の記事でしか川口さんの事を知らなかったので(第1次ガンプラブームの頃から・・・)、このブログでは意外な側面が見られて楽しく読ませていただいています。これからも期待しております。

Posted by: ブリタニア帝国住人 | October 22, 2009 01:08 AM

■ ブリタニア帝国住人様
ご来場ありがとうございます。

文体に独特のリズムがあるように思えますが
それに乗っかると読破タイムもかなり短かったのではないでしょうか。
多すぎず少なすぎずの個々のキャラクターも魅力的だし
八九寺と委員長ちゃんのエピソードは本当に今から楽しみです。

現役商業モデラー時代も時々ハメを外して編集さんから渋い顔をされることもありましたが
基本的にはミーハーと言いますか、浮気性と言いますか
面白そうな事にはつい首を突っ込む雑食性が身上(?)ということで
ネットという自分勝手な情報発信メディアは実にありがたいものです。

かなり偏向した趣味嗜好を書き連ねているブログではありますが
お時間のある時にちょっと覗いていただけると幸いであります。

これからも宜しくお願いいたします。

Posted by: 川口 克己 | October 22, 2009 06:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 刃の下に心あり:

» 化物語 [たいちのささやき]
刃の下に心あり 以前、「傷物語」「化物語」「偽物語」をまとめて買った という記事... [Read More]

Tracked on October 17, 2009 04:29 PM

« さて、どう料理したものか・・・ | Main | 読了 »