« プララジ49th 終わりました | Main | さて、どう料理したものか・・・ »

October 13, 2009

フジミの艦船模型

プララジも一段落したところで秋月の製作を再開しようか・・・
などとおもっているところなのだが
今回のプララジでフジミブースから1/700艦船の新作情報が発せられた。

龍驤のリニューアルは素直に嬉しい。
利根のリニューアルもアオシマ版が些か微妙な感じだっただけにこれまた嬉しい。

でも長門はどうなんだろう???
金剛、榛名レベルでの模型化というのは歓迎したいところだが
アオシマの陸奥・長門にしても少々艦齢は経っているが良いキットだと思う。
まぁ、大和型以後に妙高型4隻もやっている訳で
何を憚ることなく・・・というところなのだろうが結局買っちゃうんだろうなぁ・・・。

そして、試作ということで乙型駆逐艦が長門、利根と並んでいた。

アオシマ、ピットともに一長一短というのが正直な気分で
決定版不在を感じていただけにフジミからリニュ版が出る
ということであれば、これは大歓迎ではある。

そうなると買い溜めていたピット版乙型駆逐艦の備蓄をどうするか
という悩ましい問題もあるのだが
ここはフジミの出来次第ではあるが場合によっては
ピット×フジミのニコイチという贅沢をかますことになるかもしれない。

なんにしても、ちょっと待ち遠しいなぁ・・・。

091013

|

« プララジ49th 終わりました | Main | さて、どう料理したものか・・・ »

Comments

模型って…なんだろう…?

Posted by: BlogPetのこげちゃまる | October 16, 2009 02:39 PM

夜分遅くに失礼します。
個人的には昨年の金剛型の流れからすると新金型で1/700の翔鶴か伊勢を予想していたのですがまさか長門が出るとは思いませんでした。とりあえず積んであるアオシマ長門レイテをレイテ用部品を使わず気の向くまま気楽に作ってみようと思います。

1/700の戦艦に限定して言えば実質的に「三周目」に入ったのかもしれません。「二周目」に入るきっかけを作ったのはフジミでしたが今回もまたフジミがきっかけになるのでしょうか…。
ただ各社が艦船模型に注力している中、最近ピットロードが何となくいまいちなのが残念です。まあ個人的に一番残念なのはレナウンの発売が伸び伸びな事なのですが(笑)。

Posted by: バンキッシュ | October 17, 2009 04:23 AM

■ バンキッシュ様
個人的には伊勢はともかく翔鶴だったらかなり嬉しい話ではあるのですが
長門でも金剛級の仕上がりであればそれはそれで買いに走ってしまいますね。
感覚的にはディティール多めのピットロードが駆逐艦を順調に出していた頃のような
高いけどWLよりもちょっと良いかも・・・な感じに近いような気がします。

フジミ金剛型を見てしまうとWLをあの域まで仕上げるのも結構な苦労だと思いますが
メーカーの体力と言う点では正直不安も拭えない、というところでしょうか。

ピットロードも人の出入りがあったりで以前とは変わってきているようですが
艦船冬の時代を支えたあの頃のピットが記憶にあるだけに頑張って欲しいものです。

Posted by: 川口 克己 | October 22, 2009 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フジミの艦船模型:

« プララジ49th 終わりました | Main | さて、どう料理したものか・・・ »