« DQ Ⅸ | Main | メンテナンス »

July 13, 2009

#0 試作!

先日のブログで紹介したペラモデル。
試してみたかったというのは・・・
090713b
ということですよ。

とりあえずのお試しさんなのでバランスが全然よろしくない。
ベースは大き過ぎだし、頭も大き過ぎ。
成形品の寸法に合わせつつ、頭、スカートなどは成形品よりも大きくなるので
0.3mmプラ板にプリントアウトしたシール(非専用)を貼り込み
切り出して成形品にベタ付けするというかなり荒っぽいことなんかもしたりして・・・。

とりあえずやってみた・・・という以上の仕上がりにはなっていないので
試作2号では最低限のプロポーションの変更なんかもやってみようと思う。
一応モデラーですから。
090713a
裏から見るとまたかな~り・・・なので
元々の商品では対応していない裏側なんかもそれらしく程度には仕上げてみようか。

無理やり形にしてみたというところで
俺的な問題点も見えてきたし
完全版を何とか仕上げて5人+1人を揃えたいもんだねぇ。

|

« DQ Ⅸ | Main | メンテナンス »

Comments

 昨日の時点では前面と同様背面もシールが貼れる仕様だと思ってました(背面写真は公式ページにも無し)。

自分なりのコレクションを、自分なりに展開するというのはアリだなと思いつつ、素材としての間口は無限にあるなあと。WEB上でフリー型紙を公開するような人も出てくるかもしれません。

個人的にやってみたいのは100円ショップで買えるフォトフレームにランナーごと納めてしまう壁掛けです。

Posted by: 3 | July 14, 2009 01:13 PM

■ 3 様
ペラモデルを作ることを前提として写真を撮るということであれば
背面の画像というのも揃えられるとは思うのですが
手軽さという点でスナップ等から作り起こすようなシーンを想定しての商品なので
むしろ背面画像を必要とするという意識を持たれると面倒に思われるだろう・・・
ということもあり、基本は前面画像で・・・ということになっています。

関節部も含めインジェクションで成型しているこの商品の場合
プラの肉厚が厚くなるとヒケ等の発生もあるため
プラモデルで言うところの肉抜きと呼ばれる処理同様に
表面がフラットなのに対し裏面は凹凸もやむなしということになっています。

>個人的にやってみたいのは100円ショップで買えるフォトフレームに
>ランナーごと納めてしまう壁掛けです。

ランナーから取り外さずに成形品としての意匠を楽しまれる方もいるかもしれない・・・
という声は企画段階でも出ていたため
ランナーの一部にリング等を取り付けられるようなホールも付いていたりします。

実際に手にしていただいていろいろお試しいただけるとありがたいです。

Posted by: 川口 克己 | July 17, 2009 12:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference #0 試作!:

« DQ Ⅸ | Main | メンテナンス »