« もの申されてきました・・・週アスLIVE! | Main | 愛知サマーセミナー »

June 30, 2009

電撃ホビー工房

ソフマップPC総合館の裏にある"リナックス・カフェ秋葉原"から
大粒の雨の落ちる中、中央通りを万世橋交差点の方向へ向かう。
こういう時には歩行者天国だったら楽なんだけどなぁ・・・という思いが頭をよぎる。

途中で電撃ホビー工房の関田マイスターと合流し
スタッフさんと打ち合わせを兼ねた昼食をいただく。

アソビットホビーシティは普段からお買い物でお世話になっている訳だが
1階にガンプラ、2階にツール、マテリアル関係、3階にスケールモデル・・・
ということで特に2,3階は個人的に馴染みが深かったりする。

電撃ホビー工房は2階にあるのでエスカレーターで上がる訳だが
1階エスカレーター脇から上りエスカレーターの壁面にずらっと並ぶオサーンの写真。
さぁ、頑張って実演なされ!という自分からのプレッシャーを受けながら
3時少し前に工房に入る。

今回のお題は
"プロショップ専売商品のクリア版MGガンダムver2.0の攻め方"ということなのだが、
スーパーモデラーズでやっていたようなその場で1体作るという方法ではなく、
クリアキットを作る時の注意点やアイデアなどを披露するという方法で行うことにした。

1体をマルっと作る場合、それなりの時間を要す上に腕足など同じ作業を繰り返す場合
ネタ的にも滞ってしまい実演時間中、どうしても中弛みが生じるためで、
今回は言ってみれば約2時間の小ネタ集という感じでの実演ということになった。

1時間半強をこちらからの実演に費やし、残りの時間は質問タイムとさせていただき
いただいた質問になるべく実演でお答えするというやりとりも
事前の打ち合わせ無しにぶっつけでやらせてもらった。

以前から透明の壁をはさんだ内外の温度差というのが気になっていたので
今回は特に直接的なコミュニケーションをとってみたいという気分も実はあった。

マイスター関田さんや手元アップを追い続けてくれたカメラマン氏には
実に申し訳ない展開だったと思う。

090630b

そんなこんなで2時間の実演を行った訳だが
工房前のスペースに20人ほどのお客様がずっとお立ち見状態で付き合って下さった。
2時間立って見ているというのは疲れちゃいますよね。

今度またこういう機会があれば中休みをはさむ・・・とか
みんなでちょっとストレッチしてみる・・・というような
インターミッションは必要かもしれません。

雨の振る中ご来店いただき、2時間お付き合いいただいたお客様には只々感謝であります。
しかもアソビットホビーシティに入荷したクリアガンダムも完売したとのこと。
皆様には重ねて感謝御礼申し上まする。

マイスター関田さんやアソビットホビーシティの皆様、電撃スタッフの皆さん
本当にお疲れさまでした!

|

« もの申されてきました・・・週アスLIVE! | Main | 愛知サマーセミナー »

Comments

はじめまして
トークショーと電撃ホビー工房イベント両方参加しました者です
楽しいトークを聞いてるとあっと言う間に時間が過ぎてしまい
もっと聞ければと思う程で
2時間立ちっぱなしも全然苦になりませんでした

質問コーナーではSガンダムの頬の塗り方を教えて下さり
しかも僕の目の前で親切丁寧に実演して貰い本当に有難う御座いました

帰宅後早速実践してみましたが
紆余曲折ありながらも何とか自分なりに
綺麗に仕上げることが出来て感動しています
また一つ模型制作の楽しみが増えました
今後はオリジナルカラーにも挑戦して行きたいと思ってます

楽しい時間を有難う御座いました!

追伸:サイン入りMSVデザートザクは僕にとって大事な宝物になりました!大切にします

Posted by: ウルファー | July 01, 2009 11:50 PM

どうも、先日は大変お世話になりました。
仕事の都合で工房の途中からの参加となってしまいましたが、
ハセガワの鏡面シートを使ったデコレーションや
密度感を高めるためのパイピング等、いろいろと参考になる実演を見せていただき、
また「オリジナルのカラーリングを綺麗にまとめるコツ」という
かなり無茶振りな質問にも丁寧に答えて下さり、本当にありがとうございます。

実演で見せていただいたテクニックを参考に購入したクリア版ver.2.0で
以前話した「上井草のアレ」をモチーフにしたものを作ろうと思っています。
手が遅いのでのんびりやることになると思いますが(笑)。

Posted by: コタ-2 | July 02, 2009 02:36 AM

■ ウルファー様
雨の秋葉で両イベントともご覧いただき、ありがとうございます。

早速お試しされたとのこと
なかなか上手くいかなかったかもしれませんが
試行錯誤して出来上がった時の気分というのが
やっぱりプラモデルの楽しさだと思いますので
これからもいろんな試みにチャレンジしてみてください。

またイベントなどでお会い出来るのを楽しみにしております。


■ コタ-2 様
いつもご来場いただき、
また電撃ホビー工房にもお越しいただきありがとうございます。

2時間という時間、ご覧いただくには長い時間ではありますが
実際に作業することを考えるとお伝えできなかったことも多く
反省するところも多々あります。

プラモの面白いところは作りながら思いつくアイデアをプラス出来るところ、
完成した後からでもアイデアを追加できるところだと思っています。

とりあえず完成形が見たいというのも人情ですから
急いで完成させるというのもアリですが
ひとつのものをじっくり時間をかけて作り上げるというのもアリだと思います。

いろんなアイデアを試しながら盛り込んでもらい
是非、世界にひとつしかない作品に仕上げてみてください。

Posted by: 川口 克己 | July 03, 2009 12:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 電撃ホビー工房:

« もの申されてきました・・・週アスLIVE! | Main | 愛知サマーセミナー »