« 受付したかも(BlogPet) | Main | これまた微妙なネタ振りですこと・・・ »

June 02, 2009

エッチングとは強烈な薬のごときもの

艦船模型を作る際にエッチングは手を出すまい!
と、心に決めていたのだが、ついに手を出してしまいました。

090602a

これまではマストを作るにしても舷外電路を作るにしても
頑なにPlastructのプラ線を使っていたのだが
元々ピットロードのようなオーバーディティール気味のゴチャ感が好きなので
どうしてもプラ線で作った舷外電路には納得いかない思いを抱いていた。

そもそも艦船模型関係でエッチングを使うきっかけとなったのは
数年前に販売したでっかいヤマトだったりする。

商談用の営業サンプルを営業氏らが作っている姿を横目に自分仕事をしていた時に
キット付属のエッチングを貼り込む段になり、リリーフを引き受けることになった。
コレが有る無いではやっぱり見栄えが大きく変わってくる。

使うことで得られる劇的な満足感を一度知ってしまって以来、
趣味模型で艦船を作る時にはずっと葛藤していたのだが
結局乙型駆逐艦を作るにあたり手を出してしまった次第。
やっぱり舷外電路はただの線ではいかんのだよなぁ…。

090602b

ちなみに涼月はやっぱり作り直しをすることに決定。
再戦に望む前にネームシップの秋月@エンガノから…ということでチマチマ始めている。
(ネームシップはやっぱり照月ではなく秋月だろう)

いつもお世話になっているS氏のご好意による
ホビステ改めモノクロームの1/350秋月を立体資料として傍らに置く
という贅沢をかましながら、仕事模型の合間にまったり艦船模型趣味を満喫中なのだが
今回は学研本#23が実に役に立つ。

秋月が竣工の暁にはやっぱり個人的に思いの深い涼月、冬月は並べたいし
壮烈な最期を遂げた初月も…という気分になる。

そうなると強烈な薬の一面でもあるハイコストの問題になってくるんだが
やっぱり仕上がり感は捨て難い。
世の中を見渡せばもっと大変な趣味もあるのはわかっているのだが
小市民的模型の国の住人としてはやっぱり悩ましいのである。

|

« 受付したかも(BlogPet) | Main | これまた微妙なネタ振りですこと・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エッチングとは強烈な薬のごときもの:

« 受付したかも(BlogPet) | Main | これまた微妙なネタ振りですこと・・・ »