« なかなかに悩ましい | Main | 段階(BlogPet) »

June 20, 2009

"秋月 1944"さらにその後

船体の基本工作を終えたところで第一段階の塗装終了。
喫水線下の艦底色や煙突、機銃等の細部塗装はまだ行っていない状態だが
とりあえず上部構造物はまだ手をつけていない状態なので
これから追々・・・ということになる。
090620a
今はネット検索をかければ様々な模型に関するハウトゥは手に入るのだが
基本的には自分がやりやすい方法で作ればいいんじゃないかと。

船体工作を一通り終えた後にリノリウム部を塗装し
細切りにしたマスキングテープとマスキングゾル改で塗面を保護した後に
エッチングの手すりを船体に貼り付けていく訳だが
今回使用したのはライオンロアの日本海軍艦艇用手すりセット。

他社のエッチングもいろいろ試してみたのだが
俺的には一番扱いやすかったのがLR社のものだった。

固定には瞬着を使用し、貼り終わったところで船体を塗装する。
今回使用したのはクレオスの呉色。
090620b
この後、船体に関してはマスキングして喫水線下の塗装を行い、
工作的には艦上構造物の製作に取り掛かる。

煙突周辺の25mm三連装機銃はフジミ金剛型による武装パーツセットのものだが
大型の乙型とはいえ駆逐艦に搭載するとオーバースケールに見えてしまう。
ここはやっぱりファインモールドのナノドレを使った方がいいのかもしれない。

|

« なかなかに悩ましい | Main | 段階(BlogPet) »

Comments

前回は分かりやすいアドバイスをして頂き誠に有難う御座いました。
私は過去に一度しか戦艦の模型を作った事がないので、次回作製する際の教材となるよう勉強させて頂いてます。

Posted by: 返り咲き親父 | June 23, 2009 04:00 PM

■ 返り咲き親父 様
私自身試行錯誤しながらの模型趣味なので
どこまでお役に立つかは判りませんが
「作る」きっかけにでもなってくれればいいかなぁ・・・
ということで当ブログで作り散らかしている模型話をやってます。

興味を持つというのが模型趣味の第一歩だと思いますので
是非艦船模型などもお試しください。

Posted by: 川口 克己 | June 30, 2009 12:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference "秋月 1944"さらにその後:

« なかなかに悩ましい | Main | 段階(BlogPet) »