« 電撃ガンプラ王決定戦2009 | Main | 受付したかも(BlogPet) »

May 23, 2009

白と黒のナイフ

先日雑誌取材でお会いした勝山康晴さんが所属されている
コンドルズの埼玉公演のご招待をいただき
久しぶりにライブで舞台を観る機会をいただいた。

埼玉公演ということで出かけた先は"彩の国さいたま芸術劇場"
電車を乗り継ぎJR与野本町駅に降り立った時には開演8分前!

余裕を持って家を出たはずなのだが休日ダイヤを読み切れず
乗換駅ごとにかなりの時間をロスした結果なのだが
駅から会場までは徒歩7分という案内に従い早足で向かう。

夏を思わせる陽気の中、早足で急ぐご同輩もそこここに見られる。
何とか会場まで辿り着き、受付さんへのご挨拶もそこそこに客席へ。

着席してしばらくは汗を拭いながら開演を待つ。
やがて暗転。

"白黒つける"というテーマで演じられる
芝居仕立てのコント、ダンス、音楽が次々と繰り広げられながら
それらが収束してゆく約90分。

演じられる内容も"白黒つける"なら、
感じられる空気も静謐と力強さのコントラストによる"白黒つける"

NHK教育のキッズプログラムにも
いろいろ関わってらっしゃるというコンドルズだが
「からだであそぼ」や「ピタゴラスイッチ」、「あいのて」といった
大人も楽しめる系の番組をまとめて一気に観たような密度を感じた。

惜しむらくはコンサートのようにステージを見上げる
もしくは演者に近い目線で見ることが出来れば
ダンスのダイナミックさがより感じられただろうなぁ…などと。
まぁ、これは劇場の構造上仕方のないところではありますが。

終演後外に出るとすっかり涼しい空気に変わっていたが
気分的な高揚感は冷めることなく家路に着いた。

普段得られない刺激というのは新鮮でもあり嬉しくもある。
そんな刺激が感じられる感覚は持ち続けていたいもんだねぇ。

|

« 電撃ガンプラ王決定戦2009 | Main | 受付したかも(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白と黒のナイフ:

« 電撃ガンプラ王決定戦2009 | Main | 受付したかも(BlogPet) »