« DDDという雑誌 | Main | 夜明け前の一番寒い時に聞く"ECHOES" »

May 08, 2009

しばらく音信不通だった訳ですが…

世の中的には大型連休も一段落ということで
通勤電車も普通の混み具合だったりする訳だが
静岡ホビーショーももう目前に迫ってきた。

GW商戦ということではプラモも縁の無い話という訳でもなく
ガンプラでもHGUCシリーズのキャンペーンなんかも行い
クリアファイルを手にされた方も多いと聞く。
レッドクリフ効果も多少はあったのだろうかSD三国伝もまずまずな動きだった様子。

業界的に特筆すべき新製品というのは例年に比べても薄い感じは否めなかったが
ホビショでは…どうなんだろうねぇ。

個人的には現在艦船モードな気分に入っていて
乙型駆逐艦の箱を引っ張り出してきて仕事模型の手を動かしながら眺めていたりする。

とりあえずは"涼月@天一"あたりを…とは思っているのだが
アオシマWLもピットも艦首は通常型と変わらないので
どっちをベースにするにしても艦首のフレアはそのまま…という訳にもいかない。

実は1ヶ月ほど前の仕事模型が忙しくなる前に
ピットベースで艦首を弄り始めてはいたのだが
イメージ通りの形が出せないまま中断していたりする。

090405a
発売当時"限定モノ"ということで3隻確保していたのだが
艦尾の甲板モールドが"涼月"用に変更されているので
同系艦に化けさせるという訳にもいかず予備役状態になっているので
もう一度気分を改めて作り直そうか…などとも思ったり。

まぁ、いずれにしてもホビショが終わるまでは手を付ける余裕は無いんだけどね…。

|

« DDDという雑誌 | Main | 夜明け前の一番寒い時に聞く"ECHOES" »

Comments

こんばんは。九州のJETTOです。
川口さんもさすがにお忙しいみたいですね。
私も気がついたら今年は一日も休んでない。。
好きなことを仕事としてやらせて頂いてるから、
考えようによっては毎日休みなんですが。
私は独身だから家族サービスetcなど、
世間の30代後半男性のお勤めが必要ないので、
たとえ休みがあったとしても、手持ちぶさたで、
クルマなんぞいじってる訳ですが。

せっかく生きてるんだから楽しんでやりましょ。
楽しまないと寿命がもったいない。

Posted by: JETTO | May 13, 2009 02:37 AM

■ JETTO様
好きなことを仕事に…というのは
好きなだけにしんどいこともありますが
それを上回るお楽しみもある訳で
そういう意味ではシアワセな人生を送らせてもらってると思ってます。

まぁ、それでも何事も身体が資本…
というのは間違いないところですので
JETTOさんもご自愛いただきながら人生楽しんでくださいませ。

Posted by: 川口 克己 | May 17, 2009 02:06 AM

水線船か?
私もすることがいます
http://tw.myblog.yahoo.com/andys890901/article?mid=1777&prev=1793&next=1743&l=a&fid=1
どうぞご指導下さい><~~

Posted by: 技術上尉 | May 18, 2009 10:18 PM

■ 技術上尉 様
タミヤ旧版の竣工時の武蔵ですね。
古いキットですが細部も丁寧に作られていて
全体の仕上がりも軍艦の持つ力強さと美しさが良く表現されています。

特に鉄甲板部の塗装は質感をよく表現されているので
各砲や艦橋~煙突~後部艦橋にかけての中央構造物も
同様に仕上げてみると良いと思います。

エッチングによる手すりで精密感が良く表現されているので
細部の塗装にもこだわって仕上げていくと素晴らしい作品になると思います。

Posted by: 川口 克己 | May 20, 2009 12:24 PM

川口様の指導は、精密度の指導は感謝する
でもさ、
日本人は本当は用心するのは用心深いですね

呼称は”様””様”のですね(笑)~~~


Posted by: 技術上尉 | May 20, 2009 09:50 PM

■ 技術上尉様
写真だけではわからないところもあるので
勘違いなコメントになっていたかもしれませんが
これからもいろいろな模型を楽しんでください。

人にもよりますが私の場合"様"は書き込んでくれた方への感謝を表して使ってます。

Posted by: 川口 克己 | May 21, 2009 06:47 PM

川口さま。

私も様で行ってみます。
ちょっと柔らかい感じで”さま”ですが。

私の場合、自営業で目標の設定も、
売上を伸ばす意識もないので
本当に忙しいけど気楽なものです。
根本的に仕事はお客様をいかに喜ばすか。
こちとらプロだから喜びのツボをいかに、
お客さん以上に設定するかのように思うんです。

たとえば最近のMGグフVer2。

正直、おっさん大喜びです。
昔の1/100がMGになったようで。
本当に大喜びしてますし、
同世代の人に模型誌の記事を見せて
購入の斡旋をして何人かは食指を動かしています。

なんとなくですが、
模型という趣味の世界ですが、
こういう部分も大切な気がします。

いつも、ありがとうございます。

あ。先日タミヤさんの1/350大和の初版を手に入れました。
思いっきりモーターライズで嬉しかったです。
近所の池で遊びたくなりました。
ガンプラもそろそろ三世代商品です。

英才教育のためにお風呂で孫と遊べるゴックなどいかがですか。
ゴム動力なんかで。
そうするとガンダムには発泡スチロールを内蔵して。。

え?自分でやれ?ごもっともww

Posted by: JETTO | May 24, 2009 01:07 AM

■ JETTO 様
初めての模型との出会いを思い出すと
ガシガシとディティールアップを行っていた訳でもなく
船なら風呂や池に浮かべて・・・
戦車なら砂場を走らせて・・・
という風に「模型はこう楽しまねばならぬ」というようなルールとは無縁でした。

しばらく砂場を走らせていて遊び倒した後に
箱絵と比べて何か違うなぁ・・・というような"細かいトコロ"が気になり始めて
コレは自分で何とかしないといけないんだ・・・とヘタレなりに挑戦する
というのが模型趣味のスタートだったりします。

今という時代ではそういう接触は稀かもしれませんが
長い付き合いの第一歩ってのはそれなりに琴線に触れるところがあるはずなので
メーカーの中の人としては時代とともに変わる環境や価値観を踏まえて
模索を続けるということになります。

お客様の想像・予想の範囲内では満足は戴けないんですよね。
なかなか難しいところではあります。

Posted by: 川口 克己 | June 02, 2009 05:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference しばらく音信不通だった訳ですが…:

« DDDという雑誌 | Main | 夜明け前の一番寒い時に聞く"ECHOES" »