« U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(14) | Main | U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(16) »

December 05, 2008

U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(15)

■ 転輪の塗装

Hg058 車体同様に転輪も車体色で塗装する。

3段階のサンディブラウンで塗装した後に
先に塗装したラバー部分にマスキングしていた
マスキングゾル改とマスキングテープを
丁寧に剥がしていく。
Hg059 マスクの境目の部分をゾルで、
全体をテープでマスキング
していたので、
剥がすと左画像のように
テープと一緒にゾルの部分も
剥がれてくる。

細部にゾルが残っていないことを
確かめ、次の段階に移行する。
ゾルの剥がし残しを防ぐために
マスキングテープを任意の長さ
に切り出したもので

パーツ表面を軽く叩くようにすると残ったゾルもテープにくっついてくる。

Hg060
基本塗装が終了した段階でウォッシングを行う。
使用したのはタミヤのレッドブラウン[FX-62]。

塗料皿に塗料をとり、薄め液で溶く。
今回は100円ショップのライター用オイルを使用しているが
純正のライターオイルでは塗料の分離が生じるようで
その辺はいきなり本番に挑まず、試験をした後に行った方がよろしい。

薄め液ではなくオイルを使ったのは気化が早く
溶剤成分がパーツに浸透する量を軽減する目的からで
塗装によるパーツの破損の原因の多くはその辺に起因する例が多い。

半乾きの状態になったところで
オイルを含ませた柔らかい布で軽く全体を拭き取り
同じくオイルを含ませた綿棒で細部の塗料を拭き取っていく。

ウォッシングを行うことで得られる効果は
塗装色の塗膜に染みこんだレッドブラウンによる色調の変化と
彫刻部分にスミ入れを行ったように残る塗料による立体感の強調というところか。
Hg60b

|

« U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(14) | Main | U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(16) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(15):

» hard-でつながるブログリング [blogring.org]
hardに関するブログをまとめています。 [Read More]

Tracked on December 06, 2008 12:57 PM

« U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(14) | Main | U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月を超えたけどとにかく61式戦車を作る(16) »