« U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(5) | Main | U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(7) »

November 05, 2008

U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(6)

■ 貼り合せ前の車体下部塗装

今回は最終的にサンドブラウン系で仕上げることを想定している。
車体下部と上面を組み合わせてしまうと塗装する際に
塗料が回らない部分が生じることも考えられるため
あらかじめ隠れそうなところは大まかに塗装してから組むこととする。

Hg024 車体上面にはクリアパーツのペリスコープ
を取り付けてしまったので
養生テープでマスキングを行う。
塗装した後でペリスコープを組み付ければ
何の問題もなかったのだが
その辺はとりあえず反省中。

もちろんマスキングテープでも良いのだが
丁寧に貼り込むことより隙間が生じない
ことだけを念頭に大まかに貼っていく。
この後、持ち手となる割り箸を両面テープと養生テープを使い固定する。

今回は戦車模型で見られる下地に金属色を塗装し
その上に車体色を重ね、仕上げの際に車体色の塗膜に傷を付け
チッピングを行うという方法で仕上げようと思っている。

実は先日掲載したスコープドッグもこの方法で仕上げていたりする。

擦れて剥がれ下地の金属色が露出した際に比較的目立つ色・・・ということで
今回車体部分の第一層はクレオスの缶スプレー"黒鉄色[28]"を用いた。

Hg025
部位により多種の金属で構成されているだろうから妄想を膨らませ
他の部位に関しては異なる色味を使うつもりではある。

今回缶スプレーを用いたのは広い面積のパーツに対し効率的であるという点と
缶スプレーの塗膜が比較的強いという点による。

完全に乾燥した後に車体色の地色としてマホガニーをエアブラシで吹きつけ
その後にサンディーブラウンを重ねるつもり。

ラッカー系金属色で下地を作りアクリル系で車体色を重ねるという方法で
仕上げられた作品をよく目にするが、傷を付ける際の力加減に気をつけることを前提に
今回は下地も車体色もラッカー系で仕上げようと思っている。

念のため黒鉄色を吹いた状態で一晩放置し、明日以降に車体色の塗装と
車体の組み立てを行おうと思う。

|

« U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(5) | Main | U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(6):

« U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(5) | Main | U.C.HARD GRAPH / 1ヶ月で61式戦車を作ってみる(7) »