« スコープドッグを作っていたり・・・(BlogPet) | Main | 1/100scale MasterGrade-Model RX-78-2 GUNDAM ver.2.0 »

October 20, 2008

ほびしょ終了しました

今年は国産プラモ50周年を記念したイベントをセットにしたプラ・ラジ
ということで、会場内に特設ブースを設けての開催となった。

例年のほびしょでも十分に"てんてこの舞い"を舞っていたのだが
今回は作品展示とステージイベントに関わることになり
今までに例の無い勢いで"てんてこの舞い"を舞っていた。

前回の日記で製作中のAT画像を掲載したが
「カワグチクン、作品を10点くらいもってきてちょ」というお達しを受け
最近作り溜めてイベントなどに持ち歩いているものを掻き集め
更に、そんな場で新作のひとつも無いと心苦しい・・・ということで
MGガンダムver.2.0と、件のスコープドッグの情景作品を完成させ持ち込んだ。
昼夜を問わない作りモノ作業は商業モデラー時代の勢いに近いものがあり
このところ音信不通になっていたのもそのせいにしたりして・・・。
081020b
会場で御覧いただいた方もいらっしゃるとは思うが
詳細はまた改めてギャラリーの方に載せたいと思っている。

で、ステージイベントの方なのだが
「キャラクタープラモトーク」という表題で
声優の神谷浩史さん、入野自由さん、中村悠一さんをお迎えしプラモの話をする・・・
という稀有な機会をいただいた。

ステージ前方に声優さんのファンの女性が多数並ぶ中、登壇し
ちょっとお勉強チックなお話しをさせていただいた。
「オサーンの話しはいいから早く・・・」というのが正直な気持ちだったとは思うのだが
そんな気配は微塵も感じさせない面持ちで
結構真剣に聞いていただけたのは実にありがたい限りだったりする。

神谷さん、中村さんがガンプラがお好きというのは聞いていたのだが
トーク自体は結構つっこんだネタもあって
キャラクターイベントでの声優さんステージとはかなり違う空気だった。
土日の両日登壇くださった入野さんも初日を終えたあと
HGダブルオーを速攻で作り日曜日には持ち込んでくださるという具合で
プラ・ラジになんで声優さんのステージを???
と思われていた方も結構納得していただけた様子。

途中ミニ四駆の話しに及びドキドキしたり
キャラクタープラモの簡単な歴史のようなものをPPTを使って話している時に
客席脇でご覧になっているハセガワの勝人常務のお姿があり
小僧がたれる講釈が陳腐に聞こえなければいいんだけどなぁ・・・
などと冷や汗かいたり等々、オイラ的にも実に刺激の多いステージだった(笑

でもステージでご一緒させていただいた神谷さん、入野さん、中村さん、
ヘタレなナビゲートにもみなさん気を使っていただいてホントに感謝であります。

模型の国の人と話をするのはやぱり楽しいもんだよ。
081020

|

« スコープドッグを作っていたり・・・(BlogPet) | Main | 1/100scale MasterGrade-Model RX-78-2 GUNDAM ver.2.0 »

Comments

まずはホビーショーお疲れ様でした。
私はパブリックデー(18、19日)にお邪魔させていただきましたが、
今年のホビーショーは特設展示、ステージイベント等のおかげか
普段見られないような客層の方々が多く非常に興味深かったです。
幸い両日とも川口さんとお話しする機会に恵まれ、楽しませていただきました。

スコタコの作例、本体の出来もさることながら、ベース部分の立体的な面構成にグッときました。
やはりATは同スケールの人物と絡めることで魅力が更に引き立ちますね。

トークショーは19日の方に参加しました。川口さんはヘタレなナビゲートとか書いてますけどとんでもない!すごく上手な進行だったと思いますよ。
中村さんもグラハム、そして仮面の男ばりに熱いガンダム馬鹿(褒め言葉)っぷりが良かったですね。ほとんど模型知識のない入野さんに対して容赦ないツッコミの嵐という展開に笑わせていただきました。w

最後に私信になりますが、うちの嫁さん候補から一言、
「ガンダムWのHCM-Pro化感謝してます。出来ればウイングゼロ(TV版)、ガンダムエピオン等TVシリーズ後半のMSも商品化していただければと思います。」
とのことです。個人的にはリーオーとかヴァイエイト、メリクリウス辺りが欲しいのですが…。w

Posted by: コタ-2 | October 21, 2008 01:03 AM

■ コタ-2 様
当日はご来場ありがとうございました。
「模型?何それ??」というような過度なキャラクターイベントに行き過ぎることも無く
結構バランスのとれたプララジになったのではないかと思ってます。

トークショーはMCのおねいさんに進行を完全にお任せし
かなり噛み噛みになってしまい終了後に一人反省会をやってましたが
それこそゲストの声優さんたちが「模型?何それ??」という人たちではなかったので

かなりリラックスした気分で行えたのが実にありがたかった次第ではあります。
MCのおねいさんも以前のホビーショーで
何度かご一緒させていただいたこともありましたし・・・。

ATは1/20というスケールを意識して作りたいというのが当初のテーマだったのですが
まだまだ不足部分もあり、少しづつでも手を加えていきたいと思っています。
模型というのは一度完成した後でも如何様にでも手を加えることが出来る
というのがお楽しみのひとつだと思ってますので
いずれ熟成させたモノを御覧いただく機会もあるのではないかと・・・。

HCM-ProでのガンダムW関係のラインナップは
シリーズの掘り起こし的な意味合いもあっての展開でしたが
いろんなチャレンジの出来る商材だと思っていますので
これからも生暖かく見守っていただけると幸いであります。

Posted by: 川口 克己 | October 23, 2008 01:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ほびしょ終了しました:

« スコープドッグを作っていたり・・・(BlogPet) | Main | 1/100scale MasterGrade-Model RX-78-2 GUNDAM ver.2.0 »