« July 2008 | Main | September 2008 »

August 31, 2008

言葉の軽さと重さ

日テレ24時間テレビも31年目になるのだそうだけど
家にいると何となく見てしまったりする。
そういう意味ではオリンピック中継に似ているのかもしれない。

番組自体に好意的な人もいれば否定的な人もいるが
オイラ的には正直なところ特別な感慨を持って接している訳ではない。

難病や障害を持った方々が目標に向かって頑張ってらっしゃる姿には純粋に心を打たれる。
ただ、その後にパーソナリティ諸氏が
「感動」という言葉を並べ立てるのには些か興が削がれるような思いがする。
言葉など無くとも下隅のウインドウの中に
目元を押さえていたり真剣にモニターに見入る出演者の表情が映るだけで
パーソナリティー諸氏の気持ちは十分に伝わってくる。
オイラ的にも余計な解説や言葉なしで余韻を噛み締めていたいこともある。

困難に直面されている方々の本当の辛さや苦しさは
申し訳ないけどオイラはやっぱり判らない。
判らないなりに判ろうという気持ちにあんまり水を挿して欲しくなかったりする。

言葉の持つ重さという点でかなり気になったのが
魚鱗癬という難病と闘う少年の話。
TVというメディアを通じて世の中に魚鱗癬を認知させ
厚労省が特定疾患として指定するに大きく影響を与えた少年なのだそうだ。
彼の夢はTVディレクターになり、そうしたメディアの持つ力で
困っている人、苦しんでいる人を助けたいということ。
それは純粋で素晴らしい夢だと思う。

で、番組ではその夢を叶えるべく番組スタッフが手伝い少年による作品を作る
というもので、その作品は番組中で放送された。
その作品に対しパーソナリティ諸氏は賞賛を送った訳だが
「いろんな勉強をして世の中を見て素晴らしいディレクターになって欲しい・・・」
というようなコメントなら違和感はないのだが
すぐにでも一緒に仕事が出来るかのような手放しの賞賛は
或る意味非常に無責任のようにも思える。

番組的には
彼の作品が出来上がり、番組内で放送することで彼の夢が叶ったと見るのだろうが
実際には彼にとって小さな最初の一歩を記したに過ぎず、
大人になってディレクターになるという夢はまだ叶ってはいない。

日テレが今後も彼を見守りながらディレクターになるという夢の実現に向けて
必要なアシストを行い、社員として或いは番組企画会社で働けるようフォローする・・・
というなら話しはまた別なのだが。
24時間テレビの場合そういうこともあり得るかもしれないが
武道館で自分の作品が放映された後の少年の輝いていた目を大切にして欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2008

最終ラウンド

気がつくと今週で8月も終わる。
7月から8月にかけて国内外を駆け回ってきたが
この夏の最終戦が今週末に幕張メッセで行われるキャラホビということになる。

元々は見物客のスタンスで臨む予定だったのだが
実行委員会のS氏からキャラホビ内のプラモミュージアムで行われる
のもけん氏とたかみ氏がパーソナリティを務めてらっしゃる深夜ラジオ番組
"のもぴ~プラスチックラジオ"の公録へのゲスト参加の要請を受けた。

中部エリアのCBCで放送されている番組なので
関東圏に居住するオイラ的には知ってはいるけど聞いたことナス
というばんぐみなのだが
モデラーさんがパーソナリティを務めるラジオ番組って
ちょっと不思議な感じではある。

土曜日の公録では日本プラモデル工業協同組合の理事長
童友社の内田会長がゲストに招かれており、日曜日はオイラなのだそうだ。

どんな中身になるのかはわからないが
一応国産プラモ50周年企画ということらしいので
内田さんはプラモデル業界の歴史を語られるんだろうなぁ・・・
さて、オイラは・・・とりあえず出たとこ勝負ということでいいだろう(笑

C3×HOBBY キャラホビ2008公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2008

大阪ってどこにあるかな(BlogPet)

こげちゃまるは大阪がほしいな。
大阪ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2008

電撃ガンプラ王東京大会終了

080824
8月第1週の香港大会審査から始まり
毎週末に大阪~台湾と渡り歩いて来たガンプラ王各地予選会も
第4週の東京会場で終了となり、4会場で代表が決まった。

各会場それぞれに"色"はあるのだが、全体に応募作品の技術的な水準は上がっており
審査を行う上ではいずれも難航した。
ガンプラ王の場合現物審査ということになるので
どうしてもアラ探し的な見方をしてしまうのが正直なところ嫌なのだが
技術的な差がなくなってきた時に決め手となるのはやっぱり作品性だったりする。

基本的にはやんちゃならオケーということではなく、確かな技術に裏付けされた+α。
それでも時として斬新な発想や表現力が技術を凌駕することもある。
普段の趣味模型の延長線上で作品作りをされるのもオケーなら
コンテストに向けて狙ってくるのも勿論オケー。

その作品から感じられる作者さんの想いが伝わってくるモノは見てる方からも気持ちがいい。
作ってナンボがプラモ趣味ならやっぱり現物を前にしたコンテストはいいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2008

電撃ガンプラ王2008 台湾大会

8/16~19の4日間、今年のガンプラ王第3戦ということで
香港、大阪に続き台湾大会に行ってきました。

バンダイ絡みということでは
年間3回のガンプラコンテストが開催される台湾。
ここ数年は応募の分散化傾向もあり応募点数も頭打ち・・・という印象が強かったのだが
今回は新設の"三国伝部門"も設けられ
応募総数は前年の130点弱に対し今年は180点余とかなり増えた。

香港ほどではないが中にはかなりヤンチャな作品も含まれているが
二次課題に臨む台湾代表は
基本を極めたかなり正攻法で攻めた作品の作者さんに決まった。
誌面での発表の兼合いもあるのでここでは画像の掲出は差し控えるが
香港、大阪、台湾、そして今週末に決まる東京代表が
どのような課題でしのぎを削るのかは電撃さんの胸の内ということで
オイラ的には第10回大会となる今年度のガンプラ王グランドチャンピオンの行方は
皆目見当も付かない。

応募作品の傾向は、好調に推移している三国伝の影響もあってか、
SDは勿論、リアル武者も比較的多く目にした。
下画像は今回の入賞選外の作品になる。
その中でも構成力のかなり高い作品ということになるのだが
MG真武者をカッコ良く見せるという点に注力して作られた作品と言える。
080822
少々粗さはあったが、数並ぶ作品群にあって目をひいた作品であるのは間違いない。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 11, 2008

イベントな日々・・・ [電撃ガンプラ王大阪大会終了しました]

しばらく音信普通にしてましたが
8月に入りイベントな日々を驀進中だったりする。

3~6日にガンプラ王香港大会に参加し
8~10日にはガンプラ王大阪大会の審査・表彰を行ってきた。
で、会社の夏休みの終わりには台湾大会、翌週に東京大会の審査を行うことになっている。

今年で10回目を迎えるガンプラ王なのだが
今まではスケジュールの兼合いなんかもあって
実は今回初めて大阪大会の審査に臨むことになった。
て言うか、初めて全4会場の審査を行うことになっている。

作品に関しては電撃本誌での掲載の都合もあり画像を上げることはしないが
昨年に比べるとやや応募点数は減少。
名前を見ると見覚えのある名前も多く作品のクオリティは高い。
ネタ系の作品も見られバラエティに富んだ作品群はなかなか楽しかったりする。

アイデアの奔放さが楽しい香港の作品群とはまた違った味わいなのだが
グランドチャンピオンを巡る2次課題での戦いが今からちょっと楽しみではある。

さて、台湾、東京では果たしてどんな作品に出会えるのだろう・・・

080811a
【電撃ガンプラ王香港大会会場】

080811b
【電撃ガンプラ王大阪大会会場】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2008

ぴかちうたろうと(BlogPet)

きょうはぴかちうたろうと終了しようかな。
ぴかちうたろうは中断してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »