« May 2008 | Main | July 2008 »

June 28, 2008

発売(BlogPet)

こげちゃまるはぴかちうたろうと講習会へ参加するはずだったの。
だけど、ぴかちうたろうと、発売したかも。

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2008

戦間期の艦船

先日の赤城三段甲板に続きアオシマさんから川内1933、神通1933が発売になった。

赤城は別として5年位前のオイラなら華麗にスルー・・・というところだったろうが、
最近は峰風、神風、睦月といった古色蒼然とした駆逐艦や
5,500t級軽巡が妙に味わい深く感じられる。

こうなると三段甲板時代の加賀も欲しいし屈曲煙突時代の長門も欲しくなる。
て言うか、今の状況だけで見ると鉄板でしょうw
ついでに言えば新造時の古鷹なんかもちょっと欲しい。

いや、別に消磁電路を付けるのがめんどくさいとか
窓を埋めるのがめんどくさいとかいう訳ではないからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2008

Pro-Shop 専売商品#2 続報

来週から講習会がスタートする訳だが、
現在カワグチ的には講習会の準備と
専売商品第二弾の商品化作業をひたすらやっていたりする。

6/18付けの日記で製作アドバイスリーフの撮影を終えた話しを記したが
BHCデザインから、6/25入稿なので24日中にテキスト入れてちょ
というメッセージと共にレイアウトを組んだものが昨日送られてきた。

スケジュールが押しているのは判っているので
自分でもわかる引き攣った笑みを浮かべながらとりあえず仕上げ
さっきメールで無事送信した。

普段からガチで模型を作ってる人が見れば
下の画像からだいたい内容は想像できるかもしれない。
とりあえずは7月発売予定ということで
バタバタしながら準備の最終段階に突入している今日この頃ではある。
080624

| | Comments (9) | TrackBack (0)

June 20, 2008

どうでもいい話

ちょっと前に当ブログでも触れた"髭男爵"
080620a
右の"山田ルイ53世"が誰かに似てるとずっと思ってたんだが・・・

カウボーイビバップ #20「道化師の鎮魂歌」に出てきた
"東風(Tongpu)"に似てるんだよw
080620b
ぱっと見の外観とか・・・笑うキャラとか・・・
まんま同じという訳ではないけど、共通要素が多いのね。
銀河万丈さんに「ルネッサ~~ンス!」って言ってもらいたいなぁw

| | TrackBack (0)

画像っぽい参加したいです(BlogPet)

きょうぴかちうたろうと、画像っぽい参加したいです。
それできょう、ぴかちうたろうで重点商品っぽい販売したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2008

今年も東京おもちゃショーが始まった訳だが

先月静岡ホビーショーを終えてまだ1ヶ月ということで
ホビー事業部的には重点商品を中心にした展示が行われている。

そんな中でおもちゃショーが初お披露目という商品もある。
080619a
おねいさん約2名がデモンストレーションしているのが
HY2M エアショックバトル 1/12 ビームサーベル」という商品。
エアギターならぬエアビームサーベルということで
なりきり系の商品と言って良いだろうか。

で、この商品のプロモーションの一環として
バンダイブースのメインステージで古谷徹さんと若井おさむさんをお招きして
商品紹介をしていただいた。
080619b
若井さんの緊張が伝わってくるやりとりを交わしながらの紹介だったが
最後は二人に数フレーズ交代で商品説明を行っていただいた。

途中でどっちが喋っているのか判らなくなるような気がしてくるから不思議だ。

しかも、なんとなく古谷さんが若井さんの喋りに寄せているような気がする。
アムロの声を演じる古谷さんの真似をする若井さんの真似をする古谷さん・・・
という感じで少々ややこしいが、
普段の古谷さんのセリフ回しとは微妙に違ったような気がした。

見ていた人たちはWアムロが登場しただけでも結構盛り上がっていたが
妙に息の合ったお二人の掛け合いにかなり満足されていた様子。
正直オイラもかなり楽しんでしまった。

Wアムロは今日のステージだけだったが
メーカー各社が夏商戦に向けた商品を揃えたおもちゃショー。
今日明日のバイヤーズデイの後、土日には一般公開ということで
東京ビッグサイト西館で入場料無料で開催される。

天気の具合が微妙ではあるが
週末特に予定のない方はお立ち寄りいただくのも一興かと・・・。

東京おもちゃショー2008
エアショックバトル 1/12 ビームサーベル (バンダイ ホビー事業部)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

June 18, 2008

プロショップ専売商品#2、お準備中

先日プロショップ専売商品第二弾に同梱する製作アドバイスリーフの撮影を行ってきた。
土日で部分的なサンプルを製作し臨んだのだが
結局1体まるっと製作する以上の労力を要することになった。

080618
画像はそんなサンプルの一部だったりする

前作は第一弾ということもあり
ベーシックなガンプラ製作一般論的な内容で構成したため
いや、そんなこと知ってるし・・・という声も多く聞かれた。

今回は一応「砂漠のザクの表現」を意識した内容に振ってはいるが
知ってる内容でも実際にお試しいただかないと何ともではある。
知識=スキル・・・ではないのが現実だからねぇ。

で、今回の内容の多くは塗装していただくのを前提で構成しているのだが
「色替え商品でしょ、パチ組みする人以外には需要無いんじゃない?」
と思ってる人も多分多いと思う。

塗装してしまえば緑ザクでも容易に砂漠用ザクカラーで仕上げることが出来る。
確かにその通りなのだが、成型色と塗装色が近似というのは
塗装する際に下地に左右されない便利さがある。

サフ吹けば・・・という人もいるが、
カワグチ的にはガンプラに限らずGK以外はほとんどサフを吹かない。

模型コンテストなんかで割とよく見かけるのが
エッジ処理や彫刻の掘り直しにかなりの労力をかけながら
サフ+塗膜で結局ゆるい感じで仕上がってしまった作品。

ハウトゥものなんかでも必ずサフに関する項目があるが
なんでサフを吹くのか・・・という理由を解せず、
模型製作の必須工程としてやっている人も案外多いんではなかろうか?

なんでそうする?
なんでそれを使う?
どうしてそんなことする?

当たり前のように普段やってることを一度考えてみるといいと思う。
効率も良くなるかもしれないし、新しいやり方を発見できるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2008

久し振りに秋葉に出たが・・・

例の事件後初めて秋葉に出た。
駅から出た辺りでは未だ事件から1週間も経っていないという実感は
往来する人々の姿、配りモノをするメイドさんたちの姿からは
あまり感じられない。
それほどまでに一見普段と変わらない秋葉の姿が在った。

中央通りを末広町方面に向かい歩いていくと
そこここに警察官の姿が見られる。
献花台が設置されている現場交差点近くには
今もマスコミのクルーが数人、脚立に腰掛け通行人を眺めている。

行き交う人たちは或る人は献花台の前で合掌し、
また或る人は黙礼して献花台の前を通り過ぎていく。
駅前では感じられなかった重い空気感が周辺に満ちているように思える。

鞄の中にデジカメを入れて歩いているカワグチだが
さすがに献花台に向けてカメラを向けようなどという気は起きない。
他の人同様に黙礼してその場を過ぎた。

係りの人が立ち、テントが張られ、
花やメッセージなどが整然と並べられた献花台は
悲しい光景ではあるが正直な感情としては現実感があまり伴わない。
むしろ、交差点の手前、
駅寄りの1本の街路樹のたもとに捧げられた花や飲み物の方が
事件を雄弁に物語り生々しさをもって迫ってくるように思われる。

TVでは大事件の常として連日加害者の心理分析が行われ、
"社会の歪"という類型に原因をはめようとする。
事後に犯罪者心理を分析し社会に事件の原因を求めること、
そんなことの繰り返しで同種の事件の抑止効果があるとは思えない。

事件に対し悲憤を口にするニュースキャスターと呼ばれる人たちの中で
果たして事件後、この場所にやって来た人はどれくらいいるのだろう?

現場に立たなければ判らないこと、
別に震災後の四川に行けと言っている訳ではない。
都内にいればすぐにでも行ける秋葉原。

通り一遍の言葉で、或いは様々な言葉を弄して事件を語られても空虚に聞こえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレビ(BlogPet)

こげちゃまるがぴかちうたろうで画像へ販売したかった。
だけど、ぴかちうたろうとテレビTVBへ代理♪

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2008

バンコクから戻り・・・

バンコクで行われたガンプライベントに参加する、
ということで先週の金曜にバンコク入りし月曜に帰ってきた。

カワグチ的には初めて訪れたタイではあったが
イベントの中で行われたガンプラコンテストには総数66点の応募があり
各賞の審査を行ってきた。

海外での三国伝は堅調に推移しているが
三国伝キャラをリアルタイプで仕上げた作品が6点ほど見られ
中でもリアル夏侯惇ギロスとリアル夏侯淵ダラスはかなりの仕上がりだった。
080611

若年層の応募が少なかった点は今後に課題を残すが
これまでBAKUC-Finalで選りすぐられたタイ・モデラーの作品しか見たことがなかったが、
現地で目にする多くの作品からは多くの刺激を頂いた。

情報ということでは日本のガンプラ事情に通じている人もいて
さすがにリアルタイムではないようだがプラモ狂四郎が好きでした・・・
というようなモデラーさんもいらっしゃった。

現地販売代理店の方々、イベントに来られたお客様の歓迎をいただき
3泊4日の出張は実に楽しいものではありました。

微笑みの国タイに感謝であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2008

ぴかちうたろうと(BlogPet)

きのう、ぴかちうたろうで販売しないです。
それでぴかちうたろうと画像が撮影ー!

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2008

週末、タイへ・・・

夏場のイベントな日々の先駆けという訳でもないのだが
タイの販売代理店の要請をいただき
金曜から月曜までタイへ出張することになった。

プラモキャラバン、プラモコンテスト審査・表彰
模型教室、現地ガンプラファンとの懇親会、メディアインタビュー
というようなメニューが予定されているとのことだが
タイというのはカワグチ的には初めて訪れる地。
静岡HSの際に販売代理店のエライ人とお会いした際に
その旨をお話ししたが、「辛いものは大丈夫か?」と聞かれ、大好きだと即答した。
彼は意味有り気に笑っていたが、
やはり郷に入りては郷に従いローカルフードを戴きたいところだ。

いや、食事が目的ではなくてガンプラ普及活動が目的ですよ。
あくまでも・・・。

ちなみにタイのモデラーさんがどんな作品を作られるのかは
現地に行ってみないとわからないが
昨年末のBAKUC-Finalに出品された作品はこんな感じだったりする。
                 ▼
080604

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2008

朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや。

今日香港のテレビTVBの「好友移城」という番組の撮影隊がバンダイ本社にやって来た。

アニメ・トイ特集ということで
サンライズに富野監督を訪ね、BHCでガンプラが出来るまでを見学したり・・・
という内容らしいのだが
今回、番組のレポーター(?)として来日されたのが梁榮忠[Joey Leung]さん。
電撃ガンプラ王香港大会で審査員として、また香港ガンプライベントでMCとして
年に1,2回ではあるがご一緒させていただいている
本館イベントレポでもお馴染みのジョーイ・リョーンさんだった。

で、彼のご希望ということでバンダイ本社にカワグチを訪ねて来られた
というような流れだったりする。
番組という彼の本職の絡みで日本でお会いすることが出来る
というのは今まで夢にも思わなかった。
まさに、「有朋自遠方来 不亦楽」である。

記念に・・・と言うか、或る意味長いお付き合いの感謝を込めて
拙作をお贈りさせていただいた。

余談ながら今回の拙作に付けたプレートは
静岡HSでエーワンさんから頂いた"メタリックシルバーフィルム"という
インクジェット対応シールで作ったもので、地にヘアラインが入っていて
プレート等を自作するとかなりそれらしく見える。
080602

ということで、収録後に今夏、ガンプラ王香港大会で再びお会いすることを約束し
ちょっとオイラ的にはメモリアルな一日は終わった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »