« カワグチ的ガンプラとの付き合い方 | Main | 混乱したかったみたい(BlogPet) »

February 23, 2008

そして・・・プロショップ講習会

3/4:東京、3/13:名古屋、3/14:大阪 というスケジュールで
プロショップ講習会を行うことになっている。
昨年7月に続く第2回講習ということになるのだが
マイスターさんには登録時に18ヶ月の間に講習会に参加すること・・・
というのが登録条件のひとつとしてあり
前回参加出来なかったマイスターさんに向けた
補講というのが実際のところだったりする。

で、今回のDHM誌のカワグチ企画は
実は講習会ともリンクしていて
実技の題材にはMGゲルググを用いることになっている。

講習会に出席される前にDHM誌で
予習しといてもらうといいかなぁ・・・というのが本音だったりする。

内容がDHM誌と全く一緒という訳にもいかないので
追加の製作ポイントのご紹介も行うのだが
それが当ブログで紹介したお試しだったりもする。

他にはダメージ表現なんかも
もう少し突っ込んだ形でご紹介したいと思っている。

3月中旬以降、マイスターさんのいらっしゃるお店で
そんなネタでコミュニケーションをはかってもらえるとありがたい。

080223

|

« カワグチ的ガンプラとの付き合い方 | Main | 混乱したかったみたい(BlogPet) »

Comments

はじめまして、関西在住の出戻りモデラーのRaulと申します。

本日、電撃ホビー読ませていただきました。
私のような出戻り素人モデラーにもわかりやすい内容で楽しく拝見させていただきました。

で、今回のDVDの中でプロショップマイスター制度の説明をされていたわけですが、実際私が住んでいる近くの店舗(模型店、量販店とも)が7,8店あるのですが、そのうちの一件を除いてあとすべての店舗のマイスターさんが質問に答えることのできない現状があります。

質問自体は極々簡単なコトで例えばフィニッシャーズの塗料にクレオスの薄め液は使えるのでしょうか的なレベルです。
もちろん人間ですから全て答えることが出来るとは思ってませんし自分で調べることが大事なのも解ります。
また質問に答えることが出来ないというより(これは量販店に多いのですが)日常業務が忙しくて客と会話をする暇がないと言う場合がよくあります。

あくまで私見なのですが、川口氏が目指している販売店を通じて”模型の楽しさを感じてもらう”という言葉に些か違和感を感じるのも確かです。

私の場合は運良く”私に合ったマイスターさん”に出会うことが出来、日々楽しくガンプラ作りを享受していますが、そうではない方々も居るはずです。

素人の分際で偉そうなことを言い申し訳なく思いますが、川口氏ならびにバンダイさんにはよりよいプロショップ制度の確立にご健闘願います。

お体にお気をつけこれからも頑張って下さい。

Posted by: Raul | February 25, 2008 11:40 PM

プロショップの企画自体が本年度からスタートしたもので
まだまだ至らない点は多々あるかとは思います。

現在登録いただいている販売店さんも
とりあえず先行情報や未発売製品のサンプルが手に入るといった
実利を求めて登録されている店舗さんも少なくないことは認識しております。

現在700店舗ほどの販売店様に登録していただいていますが
マイスターさんの知識・スキルには大きな格差があります。
一気に格差を埋める方法というのは正直なところ
妙案が思い浮かばず、現状はきっかけとしての器を御提供しているに過ぎません。

その器を各マイスターさんが如何に利用してくれるか
というところに拠っているのが現状でもあります。

お客様からいろいろ教えてもらいながら
模型に接してらっしゃるマイスターさんもいらっしゃいますし
お店で模型教室を実施されているマイスターさんもいらっしゃいます。
カワグチ的にはどちらのマイスターさんも
プロショップの企画意図に応えていただけているものと思います。

"販売店様を通じて~"というのも第一段階での通過目標としています。
楽しさを伝えるためには伝える本人が楽しさを感じてもらわなければならない訳で
そのためにもマイスターさん自身が模型を作ってもらわなければ
何もスタートできないと思っています。

先日も東京での講習会を実施しましたが
その数時間でお伝えできることは限られています。
参加されたマイスターさんが単に商品販売を行うだけではなく
知識と技術を兼ね備えた"お客様に合ったマイスター"に
自らの意識をもって頑張っていただく第一歩になってもらえれば・・・
というのが率直な気分ではあります。

一朝一夕に優秀なマイスターさんが生まれる訳ではなく
お客様からのある時は厳しく、或いは優しいお声掛けが
マイスターさんたちのモチベーションとなるものと思っております。

今回提唱しておりますプロショップの制度では
1度登録したらずっと・・・という訳ではなく
プロショップとしての活動に関する折々の報告等も頂くことになっており
利を求め登録された店舗さんにとっては
更新時に継続するメリットを感じられないかもしれません。

最終的には模型趣味を売り手と買い手が共有できる店舗だけが
プロショップとして残ることになるでしょう。

短期間で結果を出すことは難しく、歯痒い面もあるかとは思いますが
長い目で見ていただけますと幸いではあります。

Posted by: 川口克己 | March 07, 2008 09:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そして・・・プロショップ講習会:

« カワグチ的ガンプラとの付き合い方 | Main | 混乱したかったみたい(BlogPet) »