« Ju88R-2 | Main | 試してみた・・・ »

February 05, 2008

MSのツヤ

080205
週アスのコラムで2週に渡り"MSのツヤ"に関して記してみた。
「もしホンモノがあったなら・・・」
というのは架空・空想兵器の模型を嗜む際の思考の原点ではあるが
もちろんそんなヤヤコシイことなど考えずともプラモデルは楽しめる。

オイラが折に触れ考証的な向き合い方を推奨するのは
考証に徹せよということではない。

"そんな意識で作ってみると、普段接しているプラモも
違った楽しみ方ができるんではないの???" という大きなお世話な話し。

上に掲げた1/100デュナメスは
基本塗装無しのエナメルスミ入れ+トップコートで仕上げたモノ。

グレイのメカ部には黒でスミ入れを施しツヤ消しのコートを吹いている。
本体部分はレッドブラウンでスミを入れ光沢で仕上げた。
増加装甲部はレッドブラウンでスミ入れをしツヤ消しに仕上げている。

無理矢理考証的に理屈をつければ如何様にもつけられるが
今回ツヤ消しと光沢を使い分けたのは
ツヤ消しの装甲に覆われた中から光沢のガンダムが現れるとカッコイイぢゃん・・・
という気分に拠る。

本当はヴァーチェでやるともっと良かったのだが
現在成型品が手元に無いのでデュナメスで試してみた。

ツヤ消し主体の装甲をパージするとグロスでテラテラのナドレが現れる・・・
なんて、プラモならではのお楽しみだと思う訳よ。
で、外装も全部ツヤ消しではなく
部分的に光沢やメタリックが入っていると尚ヨロシイ。

どうつくるのも商品を手にした人の自由。
ならば自由を楽しんでみないかい?
というのがオイラの気分なのだが・・・ご理解いただけるだろうか???

|

« Ju88R-2 | Main | 試してみた・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61464/40013948

Listed below are links to weblogs that reference MSのツヤ:

« Ju88R-2 | Main | 試してみた・・・ »