« January 2008 | Main | March 2008 »

February 28, 2008

ナドレでお試し

080228a

昨日ホビーの蔵・改の4月配布号用の撮影が行われたのだが
今回のお題は"1/100ガンダムOOシリーズ"
その中でも目玉となるのは今日発売になった
1/100 ヴァーチェ/ナドレだったりする。

で、今回はパージ前後で雰囲気が変わる感じに・・・
ということで先日のデュナメスのお試しの感じで
外をツヤ消し、中の人をグロスにしてみた。

それだけだとなぁ・・・ということで
スミ入れの色を中の人は赤で、外をブルーでやってみた。
結論としては赤はクリアレッドで下地が透過して見える・・・
くらいの方が良かったように思える。
外の青はブルーグレイくらいのくすんだ感じが良かったように思える。

ということで、何時になるかは判らないが
ガチで作る時にはそんな感じで仕上げてみようと思う。
080228b

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2008

週アス・コラム終了

昨年からやっていた週刊アスキーでのコラムが今週号で一応終了する。

ブログですら時折音信不通になるオイラではあるが
週刊ペースの書きモノということで
アカザー氏をはじめ、編集部の皆様には
大変お世話になり、いろいろとご迷惑もおかけしてしまった。

今迄は模型誌周辺という限られた世界限定で生きてきた訳だが
この1年弱という時間でその限られた世界は
ちょぴっと広がったような気がする。

果たしてどれだけの週アス読者さんが
オイラの駄文にお付き合いいただけたかは判らないが
コレをきっかけに久しぶりにガンプラつくってみようか・・・
という気分になられた方が一人でもいらっしゃれば幸いではあります。

で、コラム終了後は月イチペースで
再び誌上でお目にかかる予定になっている。
WAMという情報ページが後ろの方にあるのだが
そちらの方で・・・というお話しをいただいている。

今迄は画像を御覧いただくにはいささか自由度の限られる1Cだったわけだが
そちらは4Cなので特に作る系のネタの場合有効活用できそうではある。

詳細は3月に入ってからの打合せになるが
変わらぬご愛顧を賜りますよう、この場にて御願い奉りまする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2008

混乱したかったみたい(BlogPet)

きょうぴかちうたろうと、混乱したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2008

そして・・・プロショップ講習会

3/4:東京、3/13:名古屋、3/14:大阪 というスケジュールで
プロショップ講習会を行うことになっている。
昨年7月に続く第2回講習ということになるのだが
マイスターさんには登録時に18ヶ月の間に講習会に参加すること・・・
というのが登録条件のひとつとしてあり
前回参加出来なかったマイスターさんに向けた
補講というのが実際のところだったりする。

で、今回のDHM誌のカワグチ企画は
実は講習会ともリンクしていて
実技の題材にはMGゲルググを用いることになっている。

講習会に出席される前にDHM誌で
予習しといてもらうといいかなぁ・・・というのが本音だったりする。

内容がDHM誌と全く一緒という訳にもいかないので
追加の製作ポイントのご紹介も行うのだが
それが当ブログで紹介したお試しだったりもする。

他にはダメージ表現なんかも
もう少し突っ込んだ形でご紹介したいと思っている。

3月中旬以降、マイスターさんのいらっしゃるお店で
そんなネタでコミュニケーションをはかってもらえるとありがたい。

080223

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 22, 2008

カワグチ的ガンプラとの付き合い方

080222

さて、間もなく発売になる2/25売りDHM誌、
ネタバレはいかんだろう・・・ということで詳細に関しては触れてこなかったが
スーパーモデラーズさんでは既に付録のDVDを店頭で流しているらしく
なぁ~んだ、それじゃ・・・ということでMGゲルググである。

今回MGゲルググを題材にオイラなりの楽しみ方をご披露した訳だが
なんでゲルググ?どう楽しむ訳?
というようなことはさすがに本誌を御覧下され・・・ということになる。

ただ、今回のDHM企画に際し読者さんに感じて欲しかったのは
製作技術の習得なんてものは
知識面ではそれこそネットで検索すればだいたいのことは得ることが出来る。
それに倣い何度か自分で試してみれば実技として習得も出来るけれど
何でその技術を使うの?どうしてそうするの?
という点に関しては人に教わることは出来ないんじゃないの・・・という点にある。

例えば汚しをして完成品を作り上げるとする。
何時?どこで?どんな風に?何故???
というようなことを意識するかしないかで仕上がりは
変わってくるんじゃないの・・・ということ。
エナメル塗料で汚す、顔料の粉で汚す、最近は便利なマーカーなんかもある。

普段は何にも考えずに作るのも全然アリだと思うし
こうしなければならん・・・というような大きなお世話は大嫌いだが
作った物を他人に見せる、飾るのであれば
見る人に作者としての気分を伝えたいというのは人情ではなかろうか。

突き詰めていくと「何でプラモ作るの?」というところまでいってしまうのだが
そんなガチな気分を味わうと模型趣味は
永く楽しめるものになるんだと思うんだがねぇ・・・。

080222b

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2008

成果ってどこにあるかな(BlogPet)

こげちゃまるは成果がほしいな。
成果ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2008

試してみた・・・その2 ビームサーベルの模型的演出(BlogPet)

ぴかちうたろうの「試してみた・・・その2 ビームサーベルの模型的演出」のまねしてかいてみるね

このところお試しのかというと3...

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2008

試してみた・・・その2 ビームサーベルの模型的演出

080207

このところ"お試し"の成果を当ブログで紹介しているのだが
何をやっているのかというと
3月に予定しているプロショップ講習会に備え小ネタを仕込んでいる。

基本的には昨年行った講習会に参加できなかったマイスターさんに向けた
補習(?)のようなもので内容的には同等のものという事になっている。

それでも前回参加されたマイスターさんが再度参加される
ということも考えられるので幾つか小ネタレベルで仕込みはしておきたい。

そんなこんなで今回は・・・
今までも模型教室等で実演してきたビームサーベルの演出ということで
発光している雰囲気を何とか出来ないかなぁ・・・というお試し。

画像にはMGゲルググのナギナタの刃が3本並んでいるが
上がパーツそのまま
中が今まで実演でやっていたヤスリで荒らした状態、
で、下がクリアオレンジを軽く吹いてヤスリをあてた状態。

まだまだヤスリの当て方等、改善の余地はあるが
ひと手間加えて・・・ということではそれなり感はあるように思える。

とりあえずコレはコレということでもう少し考えてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2008

試してみた・・・

080206

トップコートの用法ということで1/100エクシアのGNソードで試してみた。

塗装による刀剣の表現というのもなかなか難しいのだが
とりあえずグレイの成型色一色というのも淋しいので
ツヤ消しを全体に吹きつけ、完全に乾燥した後に
外縁部にペーパーをかけコートを落としコンパウンドで磨く。

上画像は切り出したパーツそのままで試したのでちょっとメリハリにかけるが
外縁を薄くし切っ先を尖らせ
彫刻部にスミ入れを施してやってみるとなかなか良さそうな気がする。

もちろん金属色で塗装した上に上記の仕上げを施してやると
かなり良いんじゃなかろうか・・・今度やってみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2008

MSのツヤ

080205
週アスのコラムで2週に渡り"MSのツヤ"に関して記してみた。
「もしホンモノがあったなら・・・」
というのは架空・空想兵器の模型を嗜む際の思考の原点ではあるが
もちろんそんなヤヤコシイことなど考えずともプラモデルは楽しめる。

オイラが折に触れ考証的な向き合い方を推奨するのは
考証に徹せよということではない。

"そんな意識で作ってみると、普段接しているプラモも
違った楽しみ方ができるんではないの???" という大きなお世話な話し。

上に掲げた1/100デュナメスは
基本塗装無しのエナメルスミ入れ+トップコートで仕上げたモノ。

グレイのメカ部には黒でスミ入れを施しツヤ消しのコートを吹いている。
本体部分はレッドブラウンでスミを入れ光沢で仕上げた。
増加装甲部はレッドブラウンでスミ入れをしツヤ消しに仕上げている。

無理矢理考証的に理屈をつければ如何様にもつけられるが
今回ツヤ消しと光沢を使い分けたのは
ツヤ消しの装甲に覆われた中から光沢のガンダムが現れるとカッコイイぢゃん・・・
という気分に拠る。

本当はヴァーチェでやるともっと良かったのだが
現在成型品が手元に無いのでデュナメスで試してみた。

ツヤ消し主体の装甲をパージするとグロスでテラテラのナドレが現れる・・・
なんて、プラモならではのお楽しみだと思う訳よ。
で、外装も全部ツヤ消しではなく
部分的に光沢やメタリックが入っていると尚ヨロシイ。

どうつくるのも商品を手にした人の自由。
ならば自由を楽しんでみないかい?
というのがオイラの気分なのだが・・・ご理解いただけるだろうか???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2008

Ju88R-2

ハセガワさんのJu88シリーズ夜戦型第三弾が今月末発売になるらしい。
夜戦好きなオイラ的にはやっぱり朗報。

G-1の時は限定ということを知らずに気付いた時はどこに行っても姿も形も見れず
結局オークションに頼り、
その後、意外なところで見つけて喜び勇んで購入した経緯がある。
そんなこんなでC-6の時は情報を逃さないように気をつけながら入手した。

さて、今回も既に通販系のサイトでは予約を終了しているところもチラホラ。
値踏んでる間に無くなってしまうかもしれないのでとりあえずは確保の方向で・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

納品終了(BlogPet)

ぴかちうたろうの「納品終了」のまねしてかいてみるね

先日触れた2/25売りDHM誌用の作例、本日納品してきました2/25売りDHM誌用の作例、本日納品してきました2/25売りDHM誌用の撮影は...

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2008

Masked BAKUCの野望

海外販売チームのスタッフでもある謎の覆面モデラー"Masked BAKUC"
中の人は東南アジアを中心に飛び回る営業マンでもある。

彼は部員も知らぬ間に様々な販促物を仕込むことで勇名を馳せているのだが
次なる新ネタを持ってオイラの所にやって来た。

国内では容易に他社さんのものが手に入るということで
ツールの販売は行っていないのだが海外の場合必ずしもそういう環境には無い。
ということで工具のメーカーさんとタイアップして
プラモ製作ツールの売り込みなんかも行っている。

その新ネタというのが・・・「三国伝ツールセット」と「三国伝ニッパー」
基本的に新規に製作したのはニッパーだけなのだが
グリップのところが劉備ガンダムの剣を模した赤と青に龍のレリーフが施されたもの。

切れ味は・・・まぁ並みというところだが
三国伝ニッパーというのが何となく嬉しい。

今年も海外に赴く機会も多々ありそうなのでさっそく使わせていただくことにする。

080201
そして謎の覆面モデラーは次なる秘策をたくらんでいる・・・らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »