« November 2007 | Main | January 2008 »

December 30, 2007

表彰(BlogPet)

きょうこげちゃまるは作業するはずだったの。
でも、ぴかちうたろうはお世話が審査するつもりだった。
それでぴかちうたろうはぴかちうたろうと表彰したかったみたい。
だけど、ぴかちうたろうの忘年会に製作した?

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2007

Shoot'Em Up

海外出張のお楽しみのひとつが機内上映の映画だったりする。
なかなか劇場に足を運べないこともあり普段はWOWOWのお世話になることが多い。
今回帰国便で見たのがC級アクション映画の誉れも高い

Shoot'Em UP (2007 アメリカ)

そうは言っても主演にクライヴ・オーウェン、ヒロインにモニカ・ベルッチ、
敵役にポール・ジアマッティ・・・と、悪くない役者陣が顔を並べている。

内容的には少々悪趣味なバイオレンス系アクションで決して娯楽作品ではない。
ただ、これは監督(マイケル・デイビス)が意図的にC級を狙ったとしか思えない。
好き嫌いは別にして登場人物は皆個性的で面白い。

その中で主人公に巻き込まれる形で殺し屋集団に追いかけられる娼婦を演じた
モニカ・ベルッチがオイラ的には大変好みだったりする。

「イタリアの宝石」とも称されたモニカ・ベルッチ
1964年生まれということなので既に四十路を越えているのだが・・・カワユスなぁ。
スチルで見るとそれなりの年齢を重ねている印象は拭えないが
スクリーンならぬモニター上の彼女は実に(・∀・)イイ!

071227

|

December 26, 2007

BAKUC2007 Final

一般部門11カ国、ジュニア部門9カ国の参加で競われたBAKUC-Final。
結論から言うと優勝は 一般部門:香港 / ジュニア部門:タイ ということになった。

審査に際してはカワグチ、Masked BAKUC、ホビー部海外販売担当2名の計4名で行った。
今年は特にジュニア部門の審査が難航し、審査が大きく割れたが
最終的には協議の末、リサイクル・ジオングが優勝を勝ち取った。

技術を競うというよりも作品性で評価したい・・・
というのがBAKUCに際してのオイラの気分なのだが
実際に各国の予選を勝ち抜いてきたハイレベルの戦いにあっては
技術の差で優劣を決めることは出来ない。
「俺の作品」というこだわりを持って作られたものは
それが見るものに伝わってくる。

普段はゆるい感じでガンプラを楽しんでもらって
ここ一番という時はガチで作る、くらいの緩急をもって接してもらえるといいなぁ・・・
などと個人的には思ったりする。

071226

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 25, 2007

怪しいブース

071225

エキスポの会場内で最も目立つのがBAKUCブースなのだが
写真を見ると何のイベントだかサッパリ判らないw

2体の怪しいコスチュームを纏ったマネキンは
本館イベントレポをご覧になったことのある方は既にご存知かもしれないが
"Masked BAKUC"という謎の覆面モデラーの衣装だったりする。

ちなみに左が現在活躍中(?)のMB最新コスチュームで
右のアッサリした衣装は"Masked BAKAC"時代のもの。
去年イタリアの参加で名称が"Bandai Action Kits Universal Cup"となったが
それまでは"Bandai Action Kits Asia Cup"という名称でコンテストが行われていた。

今回はイタリアは勿論、アメリカからの参加もあり
BAKUCの世界制覇の野望は着々と実を結びつつある。
あとはハッスル!のリングに登ることがMBの目標だったりする。

この写真は参加各国の作品が並べられる前のもので
マネキンの足元には参考出品モノやMBの因みモノが並べられているが
明日着予定のマレーシア作品を除く各国の作品に今日差し替えられた。

そして明日、2007年のBAKUCの覇者が決定する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2007

クリスマスイブに香港

071224

秋から参加各国で予選会が行われたBAKUC2007
今年も最終決戦が香港で行われる。
ということで、世間的にはクリスマスイブで華やぐ中
カワグチ的には香港へ向け旅立つことになった。

香港の冬はクリスマス~新年~旧正月と
街中も華やぐタイミングで人々も活気がある。
気候も寒すぎずで香港へ訪れるなら最適の時期なのではないか・・・
と、オイラ的には思っている。

BAKUC-Finalは"高達世紀展覧(GUNDAM EXPO)"というイベントの中で行われる。
今回も会場となるのはショッピングモールのロビーということになるのだが
その辺はまた改めでご紹介するとして

今晩はサンタクロースの訪問を香港で待ちたいところではある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2007

ガンプラフォトコンテスト@Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPANでガンダム特集が組まれている。
その中で11/29~12/20の応募期間で
ガンプラフォトコンテストが行われた。

スキルを競うのではなくイメージを競う、というもので
模型誌などで行われるガンプラコンテストとは若干趣が異なるのだが
期間的にも告知から応募締切りまでの時間がかなり短かったので
果たしてどれくらいの応募があるのだろう???
と、思っていたが150点ほどの応募があったらしい。

で、昨日六本木のYahoo! JAPANさんに審査ということで行ってきた訳だが
面白い作品や凝った作品等々、様々なアイデアが盛り込まれた作品が多く
普段のスキルレベルを見るというコンテストとは違った楽しさがあった。

昨日はHJ、DHM両編集部担当さん、サンライズさんも審査をされていたが
それぞれにお薦め作品が異なり、なるほどなぁ・・・という感じ。

この後Web上に掲載され投票で優勝作品が決まることになる。
HJ、DHMでも1/25売り号で受賞作品が掲載されることになっている。

ちょっと肩の力を抜いて楽しむガンプラコンテストという感じだったが
改めてデジカメの普及とそのポテンシャルを感じるコンテストでもあった。

Yahoo! JAPAN 機動戦士ガンダム総力特集

| | Comments (2) | TrackBack (0)

台湾(BlogPet)

きのうは台湾もお世話するつもりだった。
それでオープンするはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2007

作業スペース

今週は日頃お世話になっている模型誌さんとの忘年会が続いた。
普段はやはり仕事がらみの話が主となるのだが
こんな時はやはり害のない模型談義が交わされる。

昨日はジャパンさんとの宴席だったのだが
編集の人と話をしていて作業スペースの話になった。

オイラ的には自宅で作業部屋を確保しているし
編集の人や弊社スタッフには独身者も少なくないため
模型製作に際して場所の確保には困らない・・・はずなのだが
気がつくと狭い自慢になっていた。

こんな少スペースで効率的に作ってるんだぜぃ!
というのが自慢の趣旨なのだが
気がつくとオイラも最近は椅子に座り
机に背を向けてひざの上にA4ほどのベニヤを載せ
その上にカッターマットを置いて作業していたりする。

部屋に置いてあるテレビ画面がその方向にある
というのが当初の理由だったのだが
その体勢に慣れてしまったためか最近は机の上が物置になっている。

パーツを落としてもすぐ拾えるというような
副次的な効果も無い訳ではないが
冷静にその姿を想像してみると何とも情けない。

せめて伊号潜くらいのスペースを・・・と以前当ブログに記したことがあったが
当時のUボートクラスの空間は気がつくと甲標的くらいになっている。

年末年始はUボートクラスを回復して伊号潜を目指したいもんだ。
いや、一気に条約型重巡まではいきたいのぅ・・・。
戦艦クラスと言わないところがちょぴっとリアルだったりしてw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2007

SuperModelers その後

14日にプレオープンしたSuperModelers(以後SM)。
その日、店内の製作ブースに半日籠もりガンプラを作っていた訳だが
開店から5日、そろそろいろいろな話が聞こえてきた。

浅草勤務のオイラは秋葉に出る際に銀座線末広町から歩いてJR方面に行くので
その通り道に当たるSMに距離的な壁感覚は無いのだが
確かにJR秋葉原から行こうと思うとちょっと距離がある。
しかも、1階のエクセルシオールが目印とは言え
その5階に模型店があるなどとは知らない人は全く気付かない。

しかも、激戦区である秋葉の地に専門店としての出店に
「ガンプラならアキ淀でもABCでも買えるし
 スケールにしてもラジ館6階のイエサブとホビステがあれば困らない・・・」
というのが割りと多い声だったりする。
確かに割引率、駅そばというロケーションも含め分の悪さは否めないところだが
そんなことは勿論出店に際しては折込み済みらしい。

他店との差別化を如何に図るか・・・という点に関しては
先日の日記でも触れたが工具、マテリアル関係の充実を以ってそれとするとのこと。

パチ組みオンリーの人には関係ないかもしれないが
秋葉で工具・材料系が充実した店というのは案外無いのでオイラ的には実に嬉しい限り。
それだけでも存在意義は十分だったりする。

製作ブースが機能するかどうかも課題じゃないかなぁ。
他店でも規模は別として作業スペースを設けている店舗もあるが
気がつくと物置き状態になってしまっている・・・というケースも少なくない。
アレだけの空間を用意した真意は「単なる製作スペースには終わらんよ」ということなのだろう。
とりあえず年明け早々にはDHM本誌の企画で
再びあの作業スペースを使わせてもらうことになっている。

プラモの品揃え的には現在まだ60%くらいとのことだが
年明け1月25日のグランドオープンに向け、諸々の修正増強が行われるらしい。
さて、これでホビージャパン×ポストホビー、電撃ホビーマガジン×SuperModelersという
2大模型誌と販売店の組み合わせが生れたわけだが
先々どんなビジネスモデルが生れていくのか、
近隣の競合店ならずとも興味は尽きない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2007

ぴかちうたろうで(BlogPet)

きょうはぴかちうたろうで蔵したかも。

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2007

「SuperModelers」@電撃プロデュース

秋葉に新規模型店がオープンする。
電撃さんプロデュースのショップなのだが
JR秋葉原を背に中央通りを末広町方面に歩き
ドンキを横目に見ながらもう少し歩いていくと
中央通り左手にエクセルシオールがある。
その建物の5階が「SuperModelers」というショップになるのだが
明日プレオープンとなる。

グランドオープンは年明け1月25日らしいのだが
プレオープン後も営業は行い、
不具合を調整しながらグランドオープンを目指すらしい。

模型店激戦区のアキバに新店、店舗的な特徴は???
というと、電撃さんプロデュースということで
DHM誌作例展示はもちろん、上階がイベントスペースということで
折々にそこを借りてイベントを行うとのこと。
来年のガンプラ王東京大会はそのイベントスペースで行うことになるらしい。

店内にはガラス張りの工房が設けられ
模型製作道具一式が木村編集長のお見立てで用意され
締切りに間に合わないモデラーさんがそこに入れられ
泣きながら作ることもあるとか無いとか・・・w

販売に関しては特に工具、マテリアル系には力を入れているということで
締切り間際にモデラーさんの駆け込み需要もあるとか無いとか・・・。

で、弊社にも諸々のご協力を・・・ということでDHM誌前編集長からオファーがあった。
で、明日のプレオープンに工房使用第一号としてオイラが放り込まれることになった。
11時開店なので午後から・・・ですかねぇ、平日だし・・・
というS前編集長(名誉店長)のご判断で13時から籠もることになった。
1時間半から2時間やって休憩してまた・・・という感じでやることになるが
とりあえずお題的には今Yahoo!のガンダム特集用に用意した
「MG RX-78-2 ガンダムver.ONE YEAR WAR 0079(劇場版イメージカラー)」

とりあえずパチ組み+αくらいを目標に
時間があればもう少し手をかけてやってみたいと思っている。

終わり時間は未定だが多分6時とか7時くらいにはなるんではなかろうか。

ちなみに今回製作するMGガンダムは
Yahoo!通販専用商品ということでSuperModelersでは販売は行いません。

SuperModelers
Yahoo!限定 MG RX-78-2 ガンダムver.ONE YEAR WAR 0079(劇場版イメージカラー)

※ 御詫びと訂正
投稿時、開店を10時と記しておりましたが10時からプレス公開、
11時オープンということでしたので、本文中の記述を修正させていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2007

模型製作技術って別に特別なことではなく・・・

昨日の日記で台湾BAKUCに関して触れたが
表彰式後に模型教室的な時間を頂いた。

コンテストに出品した人を対象とするもので
よくイベントの際に行っている「よい子の模型教室」とは趣を変え
作品診断的な感じで実演を交えながら行うという方法を採った。

質問を受け回答するというスタイルで行った訳だが
時々回答に対して困惑気味な表情を浮かべる人もいた。
例えば、細かいスリットのある部分や三次曲面上での塗り分けをキレイにしたい。
という質問に対しマスキングテープでマスクして塗装すればオケーなのだが・・・
???という感じ。
特別なやり方や道具があるのではないかと思われ期待されていたようだが
マスキングテープを細切りにして貼り込んでいけば
手間はかかるけどどんな部分でもマスクは出来ると伝えると納得してもらえた。

実際オイラが製作時に使っている道具や材料に特殊なものは無い。
作業的に不具合があれば都合がいいようにアレンジしているだけのこと。
今回の例は台湾モデラーに限ったことではなく
おそらく国内、他国のモデラーさんたちにもあてはまる事例なんじゃないかと思った。

オヂサンたちは失敗を繰り返しながら技術を身につけてきた訳だが
その時々の失敗が別の曲面では有効な手段だったりすることもある。
何事も効率を求める向きがあるが
トライ・アンド・エラーは引き出しを増やしてくれるノウハウであると思うんだねぇ。

071211
ちなみに連邦の制服を着ているおねいさんは
今回の表彰式のMCをしてくれたおねいさんだったりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2007

今年も異国で俺的新年

土曜からBAKUC台湾予選会の審査表彰ということで
台湾へ行っており、本日戻って参りました。

昨年の倍以上の応募作品が揃った台湾BAKUC
なかなか面白い作品も見られましたが
年末に香港で行われるファイナルに向け
良い戦いの出来そうな作品を選出してきました。

ファイナルでは一般、ジュニアの2部門で
グランドチャンピオンが競われるのですが
今年の一般部門の台湾代表は・・・コレ↓

071210

で、昨年に引き続き今年も今日も台湾で1歳年を取りました。
まぁ、オイラ的新年が今日から始まった訳ですが
出張先で迎えた新しい年、
今日から始まるオイラの1年は今年も忙しくなりそうですw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2007

大空(BlogPet)

きのうはぴかちうたろうの連休蔵すればよかった?
だけど、きょうこげちゃまるは定期購読誌っぽい発売したかも。
それで大空に休刊しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2007

大空のサムライ

カワグチ的には何誌か定期購読誌がある。
その中で通勤電車の友になっている月刊誌がある。
PHPから刊行されている「歴史街道」がソレなのだが
今月の特集が・・・

大空のサムライ
坂井三郎と零戦 傑作戦闘機に託した「不撓不屈」の魂

既知ではあるが様々なエピソードが記されているのを読んでいて
あぁ、オイラの模型趣味の起源はコレだったんだぁ・・・
と、ジュニア版の空戦記を読んだ35年ほど前の小学生の時代を思い出した。

 戦闘機パイロットになるまでの挫折
 中国大陸での転戦
 ラバウルへの進出
 台南空三羽烏の勇戦
 ガ島上空での負傷と奇跡の生還
 内地での治療
 硫黄島での防戦・・・

断片的ながらも様々なエピソードが蘇ってきた。
同時に当時の記憶も併せて蘇る。

戦記を読み耽るようになったのはそれからのことで
その戦記世界を追体験するような感覚で模型趣味に深くはまりこんでいった。

曖昧な記憶の中でガチな模型趣味の最初はウォーターラインだったと認識していたが
原点は撃墜王坂井三郎と零戦だったんだよ。

モデルグラフィックス誌とファインモールドによる
零戦21型の雑誌付録模型には未だ手をつけていないが
ここはやはり坂井三郎機できっちりと仕上げたいところだなぁ・・・。

思えばオイラの模型趣味人生って
こうして時々回帰しながら歩んでいるのだなぁ・・・。
その都度都度で昔は出来なかったけど今なら出来る
というリターンマッチを繰り返しているのかもしれない。
それに模型趣味の歩みが当時の記憶とセットになっているから
やっぱり模型趣味は・・・ヤメラレナイ。

歴史街道(PHP研究所)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2007

livedoor ニュース

かなり気恥ずかしいほどの仰々しいタイトルではあるが
ライブドアニュースで「週アスまつり」での弊社出展の様子が採り上げられ
オイラの実演の様子が結構細かく記されていた。

当日、BS朝日さんに取材がいらっしゃることは
事前に先方と打合せ済みだったのだが
ライブドアさんの取材は弊社スタッフさんが対応してくれていたらしく
オイラは全く気付かなかった。

オイラの製作物ではない展示もおまとめで紹介されているので
ご覧になった方は「こんなのも作ってたの?」と思われるかもしれないが
週アス編集さんの作品や弊社新製品展示物も混じっていることは
念のためにお伝えしておきたい。

非常に好意的に記事にしていただいて実に有り難い限りなのだが
コレはいささか持ち上げ過ぎじゃなかろうか・・・(苦笑
基本的にはSide-BNの延長線上、模型専門誌の手前くらいの
お手軽系な実演だったりするんだけどね・・・。

当日会場にお越しいただけなかった方には
その雰囲気の幾分かは感じていただけるような内容なので
お時間のある方は覗いていただくのも宜しいかと。

でも・・・おいらの名前は川口克己でござるよw

■livedoor ニュース 【アキバ物欲】
 ガンダムの世界をリアルに再現!川口名人が"ガンプラ"の超テクニックを伝授

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2007

発売(BlogPet)

きょうこげちゃまるは、収録発売するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もあと1ヶ月となりました

週アスまつり以降も何となくバタバタしていたり
風邪ひいたりで(現在はほぼ治癒)日記の方も放置になってしまいました・・・orz

腰痛とともに明けた2007年も残すところあと1ヶ月。
ROMの皆様も年の瀬に向けてお仕事に年忘れの集いにと
慌しさが加速し始めているのではないでしょうか?

カワグチ的にもスケジュールは着々と埋まりつつあり
カレンダーを眺めていると
アレッ?!という間に年末を迎えているビジョンが浮かんできます。

イベント的にも毎年恒例となった海外行脚最終戦が近付き
来週末には台湾、クリスマスの週には香港が控えとります。

今日はSide-BNの撮影ということで行ってきましたが
12月中旬までには次号の撮影を行うことになっており
作りモノ仕事も容易に年をまたがせてもらえそうにはありませぬ。
今回撮影分は来年1月中旬配布号ということになりますが
ネタ的にはSD三国伝再び・・・
ということで年末商品「桃園の誓いセット」に入っている
クリアカラー成形版桃園三人衆を製作した次第。

画像はまだ撮ってないので当ブログへのUPは
また後日改め・・・ということでご勘弁のほど。

さて、今年はプラモおさめには何作ろうかなぁ・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »