« 電王が来場したいです(BlogPet) | Main | ぴかちうたろうと(BlogPet) »

September 04, 2007

FG ガンダムエクシア

070904

今日の予定だったSide-BNの撮影が明日になった。
若干当初予定から変わり、素組みとチョイ手を入れたものの2点を用意して
マーカーや筆塗りでここまでは出来る・・・というのを表現することになった。

シールを貼るよりも塗った方が楽、というところもあるが
改めて塗装していくとデザイン的にも面白い機体であるというのを再確認できた。
デザインに関しては好き嫌いもあるだろうが
先日から始まった試写会キャラバンで第1話をご覧になった方は
動くエクシアを観てどう思われただろうか。

|

« 電王が来場したいです(BlogPet) | Main | ぴかちうたろうと(BlogPet) »

Comments

初めてコメント投稿させていただきます。
残念ながら試写を拝見させてはいただいておりませんが、新ガンダムに関して、購読している模型誌(ホビージャパン誌)等でチェックさせていただいております。ターンエーガンダムとは別の方向に新しさを感じるデザインだと思います。
永らく続いてきたガンダムシリーズにおいて、何作かに一回、今までのデザインの方法論をひっくり返すような斬新なデザインが発表されるのは、とても良いことだと感じております。
本放送と合わせ、模型展開にも期待しています。
また、ホビージャパン誌でお話のありました、MGザクVer2.0を基準としたMSVの可能性、こちらにも大いに期待させていただいております。
昨今、川口様のブログのコメント欄においても弱冠首をひねらざるを得ない投稿も散見いたしますが、川口様の真摯な対応を見るにつけ、当分はガンプラをはじめとするキャラクターモデル業界は安心であろうと感じます。
では、ガンダムOO、ガンダムUCに期待しつつ、まずはMGターンエーの箱を開けさせていただきます。
今後とも、一模型ファンとして応援しております。

Posted by: 石田 | September 06, 2007 11:21 PM

川口さん、こんばんは。JETTOです。
まずは新番組、ガンダムOOの立ち上げおめでとうございます。

精力的に新商品を発売されていくようで、
今後のラインアップが非常に楽しみです。

ガンダムエクシアのFGを入手出来ましたので
早速、組み立てて飾らせていただいております。
ガンダムSEEDのFGシリーズに比べ、
タッチゲートの採用や新解釈のポリ部品の仕様により
同じ価格帯の商品とは思えない位、進化していますね。
なかなか、模型を買う時間はあっても、
本格的に組み立てる時間が無い者としては
すぐに形に出来るこのシリーズは重宝しております。

ガンダムのデザインも大河原さんのフォーマットから
半歩抜け出した意匠が多くこのデザインをさらに生かした
今後のシリーズ展開が非常に楽しみです。

やっと胴体と肩の間に1ブロック入りましたし、
股関節や膝といった部分の可動をデザインの段階から意識してあり、
メカとしてのかっちり感とキャラクターモデルとしての見栄を両立した
良いガンダムであるように思えます。今後を楽しみにしております。

Posted by: JETTO | October 09, 2007 11:59 PM

■ 石田様
ガンプラに限らず模型趣味というものは
作り始めて完成するまでの間、
作っている対象に関することを考えながら集中して作業する訳で
そうして抱かれた想いというものは深いものになります。
或る意味、因果な趣味ではありますが
日本の50年に及ぶ模型市場、
27年続いてきたガンプラを支えてきた原動力は
キレイ事ではなくそういう想いを抱いているお客様だと思っています。
誰もが最初は一見さんであり初心者。
今回のダブルオーがガンダム・ガンプラ初体験である人たちが
一人でも多く模型趣味に目覚めてくれることが
我々にとってはダブルオーに期するところであり
今回の世界観、デザイン等が
そうした期待を具現化してくれることを期待しています。

もちろん"ガンダム初めまして"の方々だけではなく
"ガンダムいつもお世話になっています"な方々に向けた商品も
展開は考えていますし、TVで新作が放映されることによる効果が
単にダブルオーに帰結するものではなく
ガンダム全体に波及するものであることは過去の経験則からも
十分に予想されるものでありガンダム・ガンプラの活性化も
今回の作品の成功と併せ期待したいと思います。

■ JETTO様
放映も3話を終え徐々にではありますが
西暦2307年のガンダム世界が明らかになってきました。

商品の方もFGに続きHGシリーズの展開も始まり
エクシアに続きフラッグも店頭に並びました。
FGについては番組を見た人が
手っ取り早く今回のガンダム造形を感じて貰えるようにということで
早々に4種のガンダムを商品化し
HGについては現在のスタンダードなガンプラの仕様を
知って貰いたいという意図でラインナップを構成していますので
従来に比べても商品の展開はかなり早いものとなっています。

世界に喧嘩を売ったソレスタルビーイング。
ハガレンの水島監督の描くガンダム世界は
おそらく一筋縄ではいかないものと思っておりますが
1/100、1/60と続く商品展開と併せ
西暦2307年の世界情勢にもご期待いただけますと幸いです。

Posted by: 川口克己 | October 22, 2007 06:32 PM

たびたびこんばんは。
JETTO@九州です。
コメントありがとうございます。

TV放送も盛り上がってまいりまして
毎週末が非常に楽しみです。
デザイン画を見る限りでは、異世界の超兵器、
ガンダム群という様に感じていたのですが
そこはさすがにガンダムシリーズ、
パイロット次第で十分戦えるのですね。
今後の展開が楽しみです。

エクシアは非常に大スケール栄えのする
デザインであるように思います。
1/100、1/60そして、
多分発売されるかなと思うPGが楽しみです。
↑気が早い。

ユニットの構成が明確なガンダムですので、
エッジを立ててやって塗装の質感を考えて、
いかにも工業製品のようにかっちりと仕上げたい。
そんな妄想ばかりが膨らんでおります。

その前に、それを成す為の時間をどうやって捻出しようか。。

川口さんもお忙しい毎日とは思いますが、
いい仕事はリラックスを伴う事で出来ると思います。
詰まった時はタバコで一服して気分転換してくださいね。

お互い、特に楽しさを発信するお仕事ですから。


Posted by: JETTO | October 22, 2007 10:56 PM

■ JETTO様
世界が変わり始めて参りましたw

賛否が渦巻くガンダムデザインではありますが
カワグチ的にはJETTOさん同様に
立体にした時に面白いガンダムだと思っています。

>エッジを立ててやって塗装の質感を考えて、
>いかにも工業製品のようにかっちりと仕上げたい。
特に大型モデルでやってみたいところですね。

単品のデザインばかりではなく
今回のMS描写を見ていると
立体で表現してみたい・・・と思えるシーンも多く
ディオラマまではいかないまでも
ヴィネット向きな題材もかなり見られます。

今後もプラモを作りたくなる作品として
進展していくことを今はひたすら祈ってる次第ですが
最近カワグチ的には仕事っ気無しで
ダブルオーと三国伝はかなり心動かされてます。

Posted by: 川口克己 | October 24, 2007 01:31 AM

川口様

初めまして。
ガンダムの新シリーズが始まるとネットも大騒ぎです。
ガンダムブランドの浸透度と人気の高さを感じます。
00はHGエクシアの出来と評判が非常に良くて、
この先もどこまで飛ばしていくのか楽しみです。

ただ00シリーズ開始にぶつかって、個人的には思い入れ一杯の
デスティニーのMGが割を食ってるなあと悲しくはあります。
せっかくMG化されたのに、00とぶつかって模型雑誌の表紙を
飾れないって本当に悲劇としか(涙)。
特別版まで発売されることには感謝しまくっておりますが、
そいつが絵になるだけに無念。CMもして欲しかった。

川口様も触れられている好調な三国伝にとどまらず、
プラモの再販、過去のアニメ化作品のDVDボックス発売から
懐かしいカードダスの復刻まで、SDガンダムの最近の盛り
上がりにはびっくりです。SD直撃世代として、
これら関連商品ほとんど全部予約させていただいております(笑)。
しかし、ボンボン休刊と合わせたかのように、活発になるなんて、
皮肉な巡り合わせですね。

Posted by: ネオブラック | October 24, 2007 05:49 PM

新作の放映に伴い賛否が様々に語られる・・・というのは
毎度のことではありますが
そうして「ガンダム」という話題が人々の口の端にのぼること
ガンダムのブランドとしての力であることに間違いはないと思います。

SEED関連商材に関しては劇場版の話が弾着していない中で
商品化、宣伝販促等のタイミングを図るのも難しくはありますが
流れた話という訳ではないので、ダブルオーはもちろんですが
SEED関連も盛り上げていきたいとは思っています。

SDについてはネオブラックさんも仰るとおり
微妙な巡りあわせではありますが
久しぶりに元気なSDガンダムということで
開発担当を始めとするスタッフはみな意気軒昂。
国内はもちろんですが、アジア圏で受け入れられている
というのが心強い限りではあります。

新章は角川ケロケロエースで連載されることになっていますが
媒体力を再びいただき追風になってもらいたい・・・
という思いではあります。

Posted by: 川口克己 | October 24, 2007 06:31 PM

川口名人から速攻でお返事をいただけるとは!と
少々興奮しております。

SEEDに関してはデスティニーやシンの扱いとか、
作品としては個人的に非常に複雑に思うところも
あるのですが、それも含めて記憶に残ったとは思います(汗)。

三国伝はアジア圏で人気なのですね。
三国志の本場である中国で受け入れられていることは
比較文化的な意味からもとても興味深いです。
日本でもさらに盛り上がることを期待しております。
ケロケロAは三国伝のために是非買いたいと思います。

今後ともご活躍を期待しております。
また、こちらに書き込みもさせていただくかも
しれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: ネオブラック | October 24, 2007 07:48 PM

ケロケロエースの見本誌が今日届きました。
いよいよ新児童誌のスタートです。

三国伝も風雲豪傑編から英雄激突編となり
ガンダム、ケロロと勢いの感じられる誌面ではあります。
これから年末に向けアジア圏への出張も控えていますが
彼の地での三国伝の盛り上がりについても
折に触れ記していきたいと思います。

気になるネタの時はお気軽に書き込み下さい。
これからもヨロシクお願いいたします。

Posted by: 川口克己 | October 25, 2007 10:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference FG ガンダムエクシア:

» 1/144FGガンダムエクシア [ほぼ日刊へろへろ管理人日記]
3連休でしたが、相変わらずどこにも出かけないで、息子の野球部の練習試合を応援に行... [Read More]

Tracked on September 18, 2007 09:56 PM

« 電王が来場したいです(BlogPet) | Main | ぴかちうたろうと(BlogPet) »