« 以前より(BlogPet) | Main | こいつぁ、ちょっと・・・ »

June 28, 2007

東京おもちゃショー 2007

070628
今日から日曜までの4日間、
東京ビッグサイトで"おもちゃショー"が開催されます。

一般公開日は土日の2日間ということになりますが、
先日当ブログでも触れました通り
機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)に関しては
先日行われた商品化発表会と同様の内容で出品されております。

今日あたり早々にネット上ではおもちゃショーの様子が
アップされていることと思いますが、
ご来場を予定しているお客様は
そのあたりの情報も予備知識として事前に押さえておくと
混雑が予想される一般公開日を
洩らしなく御覧いただけるのではないかと思います。

ちなみに去年はホビー事業部ブースは
バンダイブースの出口のところだったので
然程の混雑は免れましたが、
今年はバンダイブースの中の方にあって通路もあまり広くないので
かなりの混雑が予想されます。

ダブルオーに関しては一部テストショットも展示されております。
その他MGターンAも静岡HSでは間に合いませんでしたが
今回は成型品を組んだ状態で展示されてますので
そちらも是非御覧いただけると幸いであります。

ということで、百聞は一見にしかず、とも申します。
お時間の都合が宜しい方は是非御来場下さいませ。

|

« 以前より(BlogPet) | Main | こいつぁ、ちょっと・・・ »

Comments

おもちゃショー、昨日行って参りました。

バンダイさんの実情が良く分かるイベントでした。はっきりいって、考え方を変えたほうがいいです。

ずばりいいますと、自分のこと(バンダイさん、御社のこと)しか考えていなようです。

例えば、入場で列に並ばしているときです。お待たせしているという気持ちはさらさらないようです。ただ漫然と”3列に並べ ”とか ”間隔をあけるな”等 顧客の気持ちをまったく感じようとしない。あんな列並びたくないでしょう?普通は!!!!。普通はご来場の感謝の気持ちを込め、”申し訳ありません、お持たせいたしまして!!申し少し待ちください!! ”っていうのではないんですか!! 

それに模型のコーナーでは開発担当者が誰1人もいない。折角顧客がたくさん来てくれて、きたんのない意見が聞ける重要な日にもかかわらずです。業者ディのは沢山いたのでしょうか?ユーザーは顧客ではないのでしょうか? その結果ユーザーの意見をまったく聞かないで企画したとも思えるR3は今回のイベントでは単なる場所埋めアイテムに成り下がっていました。

それぞれの担当、営業部で顧客の気持ちを理解しようとしない御社には非常に憤りを感じました。

PS プロショップ限定品はなぜVer1.5? なぜバージョンダウン品を? 

Posted by: 稲葉 | July 01, 2007 12:23 PM

コメントが大変遅くなり申し訳ありません。
会場までお越しいただいたお客様に
ご不快な思いを強いることとなり、大変申し訳ありませんでした。
ご指摘いただきました点につきましては
今後の業務に際し、改善して参りたいと思います。

Posted by: 川口克己 | July 07, 2007 10:23 AM

役所みたいなコメントは期待していませんでした。

少なくとも3点の質問がありました。具体的には以下です。

①列の並ばせ方・今後の対応
②商品開発者のユーザーへの対応 (一番重要! 意見を吸い上げる気があるのでしょうか?)
③なぜ、Ver1.5なのか? 

川口さんしかお答え頂ける方がいないので、コメントさせて頂いております。担当が異なる等というコメントは一切期待してませんので、宜しくお願いいたします。

Posted by: 稲葉 | July 07, 2007 11:16 AM

具体的な回答を、ということですので以下に記させていただきます。

■列の並ばせ方・今後の対応
この点につきましては運営の問題ということになるのですが
弊社全社イベントということで運営担当部門そのものが異なるため
詳細に関しては確認のうえということになりますが
実施スタッフにアルバイトを使用しているはずですので
事前の運営教育に際し"お客様の立場"での対応が十分に行き渡っておらず
今回のような対応になったと思われます。
この点については運営管理を行う際に徹底した意識付けを行うことで
改善していきたいと思っております。

■商品開発者のユーザーへの対応
イベント出展の目的と実際の運営という点について
今回のホビー事業部のおもちゃショーへの出展は
普段プラモデルと接する事のあまりないお客様に
プラモデルを知っていただく、興味を持っていただく
という点を主眼として出展しております。
従って出展アイテムもホビーショーやキャラホビのような
模型を趣味とする方が多くいらっしゃるイベントとは異なり、
夏季に向けての主要商品のみに絞っての出展とさせていただきました。
バンダイのプラモデルがどんなものであるのかよくご存じない
という方にその存在を知っていただくということから
今回はスタッフにつきましても商品プロモーション主体のシフトでのご対応
ということで組んでおりましたので企画開発的なご対応が疎かとなりました。

おもちゃショー、ギフトショー等への出展は上記のような意図で
ホビーショー、キャラホビといったイベントへの出展は
普段から模型を趣味とされている方に
展示を御覧いただき、ご意見をうかがうことを主眼とするということで
出展内容、運営方法も異なるご対応をさせていただいておりますが
多くのお客様にご満足いただける方法論はイベントによらず
検討させていただきたいと思います。

■なぜ、Ver1.5なのか?
具体的にどのような商品を期待されているのか
何をもってバージョンダウンと称されるのかは判りませんが
プロショップでの受注商品に関しては
お客様にガンプラを実際に作っていただくことを意図したもので
少なくとも現段階では今回の商品に限らず、
スペシャル商品という位置付けでの商品企画は考えておりません。
もし期待される商品がガンダムver.2.0とか
新規金型を追加したバリエーション機といったものでしたら
それはむしろ一般商品として、どこでもお求めいただける商品として
考えるべきものだと思っております。

今回のver.1.5に関しては実際に講習会に参加されたマイスターの方々が
講習会後に作っていただき、店頭に飾っていただく。
それをきっかけに来店されたお客様と模型談義を行っていただく
ということを前提に考えましたので、アイテムとしてはRX-78ガンダムを選びました。
ver.1.5である理由は製作者の個性を出す上で、
手を入れれば入れただけの仕上がりが反映されるものとして適当であろう
という判断に拠ります。

今回講習会では教材的な形で成型品一式をお渡ししておりますので
夏休み中にマイスターの手による工夫して作られた作品が
各店様の店頭に飾られる状態が私どもの期待する第一段階となります。
どうやって作ったのかといった話しをしながら
お客様へ"作ること"を勧めていただくというのが第二段階。
かつてのガンプラブーム期のような
カッコイイと思える作品を真似ることでお客様にガンプラへの興味を深めていただく
というのがプロショップ専用商品の企画を行う上でイメージした
成功のシナリオということになります。

Posted by: 川口克己 | July 07, 2007 01:04 PM

丁寧にお答え頂き、ありがとうございます。よく状況が把握できました。

もうひとつお伺いしたいことがあります。それはR3、特にウォーカーギャリアについてです。

まさに”寝た子を起こす”企画であり、ホビーショ-での試作品の発表等今後を非常に期待させる内容でした。しかし、現状のような惨状、、、。
キット化はそんなに間単に企画され、そしてボツになるものでしょうか?

寝た子を起こされなければ、現在のような様々動き(ネット上、モデルグラフィックスのお粗末な記事 等)にならなかったと思います。

ずばりお伺いいたします。ギャリアはどうなるのですか?何か条件が満たされればいいのですか?条件があれば、教えていただきたいです。 もう引き下がれない状況(キット化する)まで来ていると思うのです。

Posted by: 稲葉 | July 07, 2007 05:09 PM

度々コメントをいただきありがとうございます。
先週来不在がちでレスが大変遅くなり申し訳ありません。

ネット社会というのは便利ではありますが、危うくもあります。
R3に関してはネガティブな話しがネット上で様々に採り上げられていますが
必ずしも正鵠を射ているとは言い難いものも多くあります。

R3の場合ガンプラのようにハイペースで商品化を行う企画ではなく
キャラクター個々の特徴を商品に反映させることでシリーズを構成する
という考え方で企画は進められています。

それでもレイズナー(強化型)以降、新製品が出てないという状況が
シリーズ存続に関する不安材料として
お客様に伝わっている現状も否定できません。

この点については、
当初ボトムズアイテムを夏場をはさむ今期中盤に複数点数
R3として商品化する予定だったのが
ペールゼン・ファイルズのリリースもあるということで
版権元であるサンライズさんの意向もあり、R3の枠内での商品化ではなく
独立したシリーズとして展開した方が良いのではないかという判断から
現在独立したシリーズとして展開を始めたという背景があります。

そのような変更により、シリーズとしてのR3の新製品販売ペースが
期間的にかなり空いてしまうことになったというのが実情です。
(この辺は甚だ不本意ではありますが、ホビーショーでの私のコメントとして
 曲解され、R3は一旦中止などという誤った内容で伝わっているようですが・・・)

商品企画に関しては、商品化が決定してから実際に店頭に商品が並ぶまで
既にある金型を流用するというような商品は短期間で商品化作業が行われますが
新規金型による場合は基本的に約5~6ヶ月の時間を要します。
急遽他に候補として挙げられているものの中から選択し開発を進めたとしても
商品が店頭に並ぶのは半年先というのが実際のスケジュールになります。

5月のホビーショーでは商品化に関するアンケートを実施しました。
もちろん今後の展開を策定する上でのお客様の要望をリサーチする
という面はありましたが、同時にボトムズがR3から独立したことで生じる
新製品の空白期間によるシリーズ終末感を多少なりとも回避する
という意図も含まれていました。

ギャリアに関しても商品化の候補から消えている訳ではありません。
昨秋のホビーショーで参考出品しました試作に関しては
R3の方向性を考える際に旧シリーズとの横並び感は必要なのか
という検証のために作られたもので
会場ではお客様からヒアリングをさせていただきました。
商品化最有力候補のひとつではあるものの商品化確定には至っていないことから
参考出品として展示後にギャリアそのものに関する続報も発し得ていない
弊社の情報発信に関する問題ももちろんあります。

ご質問にありました商品化に関する条件という点につきましては
ギャリア単品に関して明確にこういう条件が満たされれば商品化は決定する
という基準のようなものはありません。
商品販売環境としていつが適切であるか、という判断はもちろん行います。
ビデオグラムやゲーム等、プラモデル以外の分野でもザブングルが採り上げられる
といった動きがあれば商品化に向けての動きはもちろん加速します。
逆に流通、メディアの目がガンダムOOに集中するであろう秋のタイミングでは
直接ギャリアに関連が無くとも
導入のタイミングとしては適切ではないと判断します。
ギャリアに限らず、商品発売時期の策定については
そのような直接・間接的な状況も踏まえた上で
最も適切と思われるタイミングを図っていきます。

かなり長く読みづらい文面となり申し訳ありませんが
R3は今後も存続するシリーズであり、
ギャリアが商品化の有力候補であることに変わりはない
という点をご理解いただければ幸いです。

Posted by: 川口克己 | July 14, 2007 09:36 AM

お忙しい中、再三に渡りお返事頂き、まことにありがとうございます。
R3に対し、希望の光が見えてきました。

これからのバンダイさんの模型に更なる期待をしたいと思います。

PS MGザク06S、ゲルググ14S(予約しました)、個人的に期待通りです。スコープドッグは1/20ということで購入にいたっておりません。やはり1/24が良かったです。半端に大きいからです。今後H級が発売されれば(でないでしょうが)、もっと持て余してしましそうです。

今後R3が再開された時には、スケールに対して注意していただければと思います。MGより大きいATなんて、、、。スケールが違うとはいえ、実際同じような場所に飾るとおもうので、、、。
それに既存のキットシリーズとスケールを合わせて頂ければ、主役級しか発売されなくてもいいと思います。改造等で楽しみが広がります。 例えば良い例がザク2.0です。少し例がよくないかも知れませんが、06Rなど各種バリエーションへの変更です。ですからレイズナーは1/72が良かったのではないでしょうか?あの大きさでもいい物ができたのではないでしょうか?改造でバルディやバックバッグの交換等で楽しめたはずです(失敗した1/144エルガイムHGシリーズのアトールVのようにです。あれはあまりにも人気のない期待に加え、あれだけの旧キットをそろえなければいけなかったの失敗要因と思います)。

長文で失礼いたしました。

Posted by: 稲葉 | July 14, 2007 01:33 PM

はじめまして。 鋼鉄戦士と申します。
私は、「リアルロボットレボリューションにかける!」というタイトルの、R3シリーズ及びバンダイホビー事業部の応援ブログ(!)を運営しております。
この度、トラックバックをお送りさせていただきましたので、ご挨拶に伺いました。
(というか本当は、コメントはお送りしないつもりでしたが、トラックバックが露骨に表示されたインパクト(汗)と、当方のブログには稲葉さんも登場される(!)ので、やはりブログからはブログへのご挨拶が相応かと判断したしだいです。)

当方のブログにはバンダイのプラモデルを愛する人たちの、腹を割った「本音のご意見・ご要望」が多数寄せられておりますので、お時間のあるときにご覧いただければ、と存じます。

本音とは言え、お気を悪くされるような記述も多数あるはずですので、あらかじめお詫び申し上げます。
しかしながら当方は、正体がわからぬことを逆手に相手を誹謗中傷する悪質サイトとの差別化を図るため、ブログ管理人である私の素性を、貴社R3ご担当者様宛でお手紙形式で郵送させて頂いております。
もしクレーム等あれば、いつでもご連絡いただける体制をとっておりますので宜しくお願いいたします。

本当に微力ではございますが当方のブログが、バンダイホビー事業部様の商品開発・展開の一助になれば、これ以上の幸せはございません。

これからも、私と当方ブログ読者一同、「バンダイのプラモデル」を応援して参ります。
頑張ってください!
(ストリームベース時代には、「夢」をたくさんありがとうございました!)

Posted by: 鋼鉄戦士 | July 14, 2007 11:55 PM

稲葉様/鋼鉄戦士様

多分に弊社の都合に終始したかのような長文にご理解をいただきありがとうございます。
以前の稲葉様からのご質問への2回目の回答も含め、殊更に詳細を記しましたのは
誤読、誤解釈の余地を残したくないとの思いあってのことでした。
その辺はお察しいただいていたようで恐縮いたしております。

このところ"情報"の持つ危険性について色々思うところもあり
読まれる方にはその煩雑さからご苦労をおかけすることを承知で記させていただきました。

多々至らぬところはありますし、ご心配をおかけすることもあるかとは思いますが
皆様の率直なご意見を今後への糧とさせていただき
少しでもより良いものを目指し商品創りを目指して参ります。

また、確定情報につきましては可能な限り早く、細大漏らさずお伝えできるよう
心掛けて参りますので、今後とも宜しくお願いいたします。

これからも皆様へ「夢」をひとつでも多くお届けできるように・・・

Posted by: 川口克己 | July 15, 2007 08:35 PM

ご無沙汰しております。
鋼鉄戦士と申します。以前、こちらのブログにコメントをお送りさせて頂いた者です。
この度は、R3シリーズ第4弾ウォーカーギャリアをお届けくださり、本当にありがとうございました。
以前頂いたコメントどおり、今、ひとつの「夢」を確かに受け取りました。
まさに、望んだとおりのプロダクトに仕上がっております。
商品から「心」を感じます!

現在、私は『R3にかける! ウォーカーギャリア編』(http://r3gallia.blog62.fc2.com/)なるブログを運営中です。
そこには、R3ウォーカーギャリアを購入された読者の皆様から「喜び」と「感謝」の声が届けられております。
お忙しい中恐縮ではございますが、お時間が許す時に一度のぞいて頂き、皆さんの“声”をお聞き頂けると幸いに存じます。

あと、昨今のガンプラとアニメ「ガンダム」シリーズには、いろいろ思うことがあり、前述のブログの姉妹ブログ『怒りのMG! MS-06RザクⅡ編』(http://ikarino06r.blog46.fc2.com/)にて、その思いを綴らせて頂いております。
こちらは性質的に、前作『リアルロボットレボリューション(R3)にかける!』と似たものですので、万一不適切な記述があった場合には、お手数ではございますがご一報くださいませ。

それでは、川口様とバンダイホビー事業部の皆様の、今後ますますのご活躍とご健勝をお祈りしております。
まずは、R3ギャリア発売のお礼まで。

Posted by: 鋼鉄戦士 | April 18, 2008 01:48 AM

■ 鋼鉄戦士 様
サイトの皆様のお声、拝見いたしました。
弊社にも商品をお手にされたお客様からの声も多く寄せられ
皆様への感謝の気持ちは尽きません。

R3、ギャリアという商材だからこだわらなければならないところ
というのはいわゆるガンプラ、他のキャラクタープラモデルとは
明らかに異なる部分はありますが、そうした商品を世に送り出すことが出来た
ということは弊社におきましても大きな経験となったように思えます。

ガンプラに関しましても多くの方が様々な思いでお手にされている中で
多くのご意見があることも承知しております。
引き続きご意見を拝見させていただきながら
製品に反映出来るよう努めて参りたいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

Posted by: 川口克己 | April 24, 2008 01:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京おもちゃショー 2007:

» 緊急速報!川口氏R3の現状を語る! [リアルロボットレボリューションにかける!]
川口克己氏がご自信で運営されているサイトのコメント欄にて、氏ご自信から「 リアルロボットレボリューション(R3)、及びR3ギャリアの現状に関する詳細な説明 」が発表されました! 3大模型誌はじめ、その他の模型関連メディアでも未だ公表されていない情報!だと思い..... [Read More]

Tracked on July 14, 2007 10:18 PM

« 以前より(BlogPet) | Main | こいつぁ、ちょっと・・・ »