« 所持金86円也 | Main | 旬なのか??? 1/350艦船モデル »

March 15, 2007

それはそれとして・・・

TBSのNEWS23で都知事候補予定4氏の"討論"なるものが放映された
その直前のテレ朝・報道ステーションでも同じ4氏が登場していたらしいのだが
帰宅時間との兼合いでそっちは見逃してしまったため比較はできないのだが
23の方は見ていて何とも釈然としない気分になった

筑紫氏が候補予定者にテーマを投げ、答えてもらう形式なのだが
4氏を招いて行われているはずの"討論"が
筑紫氏と石原氏の遣り取りに終始しているようにしか見えない
しかも一貫してその内容は現都政批判的なものばかりで
浅野氏、吉田氏は相づちに毛の生えた程度で黒川氏は蚊帳の外
討論というよりも弾劾という言葉が思いっきり当てはまるような印象を受けた

石原氏の功罪というのはいろいろあるとは思うけど
見ていて限りなく偏向しているように思えたのはオイラだけだろうか?

同意出来る出来ないは別として筋道を立てた石原氏の反論に対しては
「それはそれとして・・・」という言葉で何度も反論を断ち切る
矛先が浅野氏に向くと「それはそれとして・・・」で話題を変える

FAX、メールの受付は終了しました、という横槍やCMの入るタイミングさえ
見様によってははかっているようにすら思えてくる

K1放送中に流されたディレクター自作の桜庭批判の架空掲示板映像を
イメージ映像と言い切って憚らないあたりを見ると
CM入りの街頭インタビューに応える都民の声も仕込みじゃないの?と思えてくる

朝ズバのコメンテイターであった浅野氏に肩入れしているんじゃなかろうか???
そう言われても否定できないような内容だったんじゃないの?
そういえば朝ズバのプロデューサーはNEWS23を立ち上げた人らしいからねぇ・・・

と、都知事選に直接関わる事のできない千葉県民のオイラは思う訳だよ

|

« 所持金86円也 | Main | 旬なのか??? 1/350艦船モデル »

Comments

いつも楽しみに拝見させていただいております。
同感!!だったんで、カキコさせていただきました。
筑紫氏が予定していた石原都政にたいする糾弾のシナリオがあって、それに則らない発言はすべてCMと話題転換と、恣意的な論理のすり替えで黙殺されていく・・・そんないつものパターンで糾弾は進められましたね。
そもそも、世論調査を筑紫の都合良い部分だけ抜粋して(筑紫の私的な意見をも世論かのごとく)取り上げる番組だから、石原氏には想定内だったでしょうけれど、政治的に偏った放送であったことには違いないですね。今時、「報道ステーション」でもあんなにアコギなことはやりません・・・

Posted by: HIRO | March 17, 2007 12:01 AM

でしょ、でしょ。

ワタシ的には報道メディアに中立性を求めるなどという幻想は既に捨て去っているのですが、
今回のはあまりにも露骨なので怒りを通り越して笑っちゃいましたよ。
企画プレゼンテーションなんかでもデータを自分の都合のいい傍証として使うことはありますが、
そういう時はツッコミを入れられないよう予防線を張るものですが、
逆襲されて「それはそれとして・・・」で逃げるなんてヘタレもいいとこです。

でも、泡沫候補扱いされている黒川氏が結構ポイントでいい味出しているのは見ていて面白いかなぁ・・・。
黒川氏に突っ込まれて急に不機嫌そうな表情に変わり、声のトーンが高くなった浅野氏、
そしてすぐにCMが入るタイミング。
あまりにも見事過ぎて語る言葉もなし・・・という感じでした。

茶番にもならないヘタレ加減、ヘタなバラエティよりもよっぽど面白いのですが
これが報道という看板を背負ったメディアがやっていることで、
日本国の首都、東京都政の行く末を左右する大事を扱っている、というのが笑えないところではあります。

Posted by: 川口克己 | March 18, 2007 01:30 AM

 レスいただき、感動しています。
 もはやあれは報道番組という看板を掲げた左傾した世論操作です。(放送局は素晴らしいんですけどね(^^;))
 怖いのは、あの番組に頻繁に見られる、悪意を持って編集された放送内容を信じ切ってしまう人がほとんどだってことでしょう。「笑っちゃ」えるのは、免疫が出来ている人だけなんだと思うんです。


Posted by: HIRO | March 18, 2007 11:14 PM

>HIRO 様

随分時間が経ってのレスで恐縮です。
結局石原氏3選ということでオチがつきましたが、メディアというものは恐ろしいもので、
事の真偽とは別次元で信じる人が存在する事で白いものも黒くなってしまいます。

インタビュー等の信頼性にしても編集次第では本人の意図と正反対の発言に組み替えられてしまうことも現実には有り得る訳で、
そこに編集者の意図が有る無しに関わらず、人間が手を加える場合は当人の価値観が間違いなく反映されます。
本人の言に疑問を差し挟むというのは至難のことで、大概は誤認識が一般化することになります。

真贋の見極めという点では特定番組なり組織なりの傾向を認識した上で
他の番組・組織と比較し自分なりに割り引いて受け取るしかないのかもしれません。

マスメディアというのはやはり厄介なものではあります。

Posted by: 川口克己 | April 16, 2007 08:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference それはそれとして・・・:

» 浅野氏ってさぁ・・・ [だっちん堂(死ぬまでガンダマー?)]
 買出しの帰りにいつもの道の反対側を歩いてみました。同じ道なのに随分と印象が変わりますね〜不思議なものです(--)。んで目に留まったのが選挙のポスター(を貼る板)。 都知事選が近いですね。んでよく見ると知事候補のポスターを貼る場所が、1、2、3・・・18?こん...... [Read More]

Tracked on March 19, 2007 05:38 PM

« 所持金86円也 | Main | 旬なのか??? 1/350艦船モデル »