« 薄薄しましょう | Main | 今月の模型誌 »

February 21, 2007

エッジを出してみる

世間ではバンダイエッジと呼ばれるパーツ端の面取り
弊社品質基準上、安全性という観点から為されている処理ではあるが
完成後のシャープさという点ではやはり悩ましいところではある

もちろん世の中のモノで刃物を除き
手が切れるほどのシャープエッジを持つものは稀ではあるが
スケール換算して5cmの面取りがされている工業製品というのも稀

シャープエッジを出すというのはガンプラ製作上の必須項目のように言われているが
全部のパーツに処理を施す必要はなく
部位によりシャープに見せるところ、むしろ丸く見せるところ等
使い分けして施してやれば良い・・・とカワグチ的には思う次第

そんな事を考えながらとりあえず肩アーマーから処理を始める

今回は比較的やり易い方法ということでパーツ削りの方向で進めることにする
パーツの面に倣いながら金属ヤスリでC面立ち上がりを削っていく
あくまでも力を入れ過ぎず軽くヤスリながら面を出していく

この方法だと面の角度が変わってしまうという弊害もあるが
広い面に施す場合はあえて目をつぶる

金属ヤスリで削る際に軽くやすっていると
ゲート跡でヤスリが引っかかるような感触を覚えることがある
その際にエッジを傷つけてしまう事があるのでゲート跡のある部位は
より丁寧にヤスリを当てるよう意識すると良かろう

全体にエッジが出たところでサンドペーパーで表面を整形する
加工後は落としたりぶつけたりすると一撃でエッジが潰れてしまうので
保管には十分注意した上で作業を進めていく

070221

といったところで今日の作業は終了

|

« 薄薄しましょう | Main | 今月の模型誌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エッジを出してみる:

« 薄薄しましょう | Main | 今月の模型誌 »