« THE DARK SIDE OF THE MOON | Main | 仕事始めとホビーの蔵 »

January 09, 2007

スターリングラード

年末年始のTV番組というのは名作とか古典と評される映画が放送されるので結構楽しい
昨晩というか深夜にNHK-BS2で「スターリングラード(ヴァシリ・ザイチェフの方)」
をやっていたのだが、独ソ戦というのはどうも暗いというか陰惨だねぇ
いや、戦争に明るいも暗いもないんだけど
エンタテインメントである映画の題材としては爽快感のカケラも無い

実際のスターリングラードなんてもっと悲惨な状態だったんだろうけど
人の生き死にが自分とは無縁と思っている時代、国に生きている身としては
冒頭からドイツ軍陣地に殺到する赤軍が追い返され
退却を許さない赤軍将校の命令により味方の銃弾で赤軍兵士がバタバタと倒れていく
エピソードとしては知っていても演技とは言えビジュアルで見せられると
やはり陰鬱な気分になってしまう

映画としてどうよ? と問われると・・・俺的には結構好きだったりする
狙撃兵の話ということで戦争という組織・集団の中での個人技の話になる訳で
ハンターが追われる身になり逆襲を果たすという展開は或る意味王道
エド・ハリス演じるケーニッヒ少佐が実に渋カッコイイ
山岳帽のエーデルワイス章、似合い過ぎですよ
少佐の最期には少々異議有りではありますが、まぁビジュアル的には判らんでもないし

でも劇中から感じられるドイツ軍の様子を見てると
パウルス第6軍は無条件降伏するほど逼迫した状況ではないよなぁ・・・

|

« THE DARK SIDE OF THE MOON | Main | 仕事始めとホビーの蔵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スターリングラード:

« THE DARK SIDE OF THE MOON | Main | 仕事始めとホビーの蔵 »