« 識者と呼ばれる人々 | Main | 見本誌 »

January 12, 2007

シュトゥルムティーガー@レベル(イタレリ)

秋のホビーショーの時にハセガワブースで見かけたレベルの突撃臼砲
中身はイタレリのキットなのだが、つい衝動買いしてしまった
タミヤ、AFVクラブから出ている車種なのに何でわざわざ・・・
という気もしないではないが
車体にコーティングパターンが彫刻されているという気軽さは魅力で
何も考えずにとりあえず作るぶんには十分であろう

一応コブレンツタイプに仕上がることになるのだが
パーツ段階で見ていると、ヒケは出放題、小パーツは変形しているものも少なくない
パーツの合わせも多分隙間、段差は出るんだろうなぁ・・・という感じで
難を探せば山ほどあるのだが、無駄に細かいパーツ分割や
ランナー上でのパーツ配置からイタレリ風味が滲み出ているようで何となく愛おしい

何も考えずに・・・とは言うものの
38cmロケット砲口はさすがに何もしない訳にもいかず
とりあえずライフリングだけは手をつけることにした
エッチングを買ってくるのももったいないような気がしたので
何か手ごろなものは無いか・・・と思案した結果、プラペーパー無き現在
ハイコンのブリスター(受けの方)の平坦面を切り出し
Pカッターで軽く溝を切ったものを砲身に詰め込み表現することにした

真面目に採寸し突っ込むととりあえず1発でフィット
なかなか(・∀・)イイ!じゃないか・・・
あとはチャッチャと組み上げて塗装してしまえばそれなりには見えるだろう
昨年末から放置されているパンターと一緒に塗装して仕上げてみるか
070112

|

« 識者と呼ばれる人々 | Main | 見本誌 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シュトゥルムティーガー@レベル(イタレリ):

« 識者と呼ばれる人々 | Main | 見本誌 »