« 仕事始めとホビーの蔵 | Main | シュトゥルムティーガー@レベル(イタレリ) »

January 11, 2007

識者と呼ばれる人々

昨年末に新宿・渋谷で遺体が発見された殺人・遺体遺棄事件の犯人が逮捕された
被害者の妻が犯人ということでニュースではセンセーショナルに報じられている

年末から年明けにかけて近親者の間での殺人事件のニュースを頻繁に耳にするが
2件の殺人・遺体損壊事件が兄による実妹の、妻による夫の、というのは
猟奇殺人が増えているように思える昨今にあっても確かに衝撃的ではある

報道エンターテイメント系の番組の常として
コメンテイターと称される人々が様々な憶測を口にしていた
ある番組では「外国人による犯罪」と、特定に近い物言いまでしていたが
果たして本件の成り行きを想像し得た人は居たのだろうか?

事件の推移に合わせて識者のコメントは変化していくのだが
事実関係が明らかになると概して「想像を絶する・・・」的なコメントになっていく

想像出来ないんなら適当な憶測をTVで垂れ流さないで戴きたい
て、言うか、その道の専門家ならいざ知らず
畑違いの識者様が「ワタシが日本人の良識です」というような顔をして
コメントと称した感想を垂れ流すという厚顔無恥さがどうにも気持ち悪い

まぁ、こんなところで愚にも付かない事を垂れ流してるオイラが
言えた義理じゃないんだけどね

しかし、2件の殺人・遺体損壊事件を立て続けに扱う事になった
渋谷・代々木署は新年早々大変だ

|

« 仕事始めとホビーの蔵 | Main | シュトゥルムティーガー@レベル(イタレリ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 識者と呼ばれる人々:

« 仕事始めとホビーの蔵 | Main | シュトゥルムティーガー@レベル(イタレリ) »