« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

Clife

中日新聞に月イチで折り込まれる「Clife(C-ライフ)」という情報誌があるらしい
広報経由で今日取材を受けたのだが、テーマはもちろんガンプラ
同誌のレギュラーで昭和の流行モノを取り上げるコーナーがあるとのことで
ガンプラブーム当時の話を中心に今も続くガンプラについて語るというものだった

日曜に静岡CVFでガンプラ史について話をしてきたばかりなので
ついつい過剰サービス&喋り過ぎな感じでインタビューに応じさせていただいたが
限られた紙幅で記事をまとめる記者さんのご苦労を思うとちょっとしのびない

掲載がいつになるかはまだ決まっていないらしいが
中部エリアで中日新聞を購読されているご家庭には
そのうちオイラがおじゃますることになると思います

| | TrackBack (0)

January 30, 2007

カルビチム

牛丼の松屋の新メニューに"カルビチム定食"が加わった
松屋は牛丼オンリーという訳ではなくメニューの種類は豊富なのだが
何となくわざわざ松屋で食べなくてもねぇ・・・
という気分があって、俺的には店に行くこと自体が稀だった

それでもカルビチムというメニューにはちょっと心動かされるものがあり
先日CVFで静岡に行く時に朝ご飯ということでいただいてみた

以前ガンプラ王で韓国に行った時にいただいたカルビチムが美味しくて
以来、カルビチムにはちょっと思い入れがあるのだが
日本ではあまりお目にかかることが無い
昔カルビチムの素みたいなのが出ていたことがあったが
すぐに市場からは消えてしまった

久しぶりに口にしたカルビチム
見た目も味も想像していた物とはやや違うが
まぁ、これはこれでオケー

でも、どこかに美味しいカルビチムを食べさせてくれるお店、ないかねぇ・・・
070130

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とか書いてた(BlogPet)

ぴかちうたろうが
こっそり的にシーマンに対して強い思い入れがあるのだがシーマンの最新作が3月末に発売さ.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2007

こっそり・・・

ちょっと前にSPAM系書き込みの波状攻撃に屈する形で当HPの掲示板を凍結した
ブログのコメント機能もあるので代用すれば・・・
ということでしばらくそのままにしていたのだが
いろいろな方とお話したりメールをいただいたりする中で
何人かの方から掲示板の復活を望まれる声をいただいた

ブログのコメントだとレスをつける形になるので扱い勝手は確かに悪い
ということで、掲示板をこっそり再設置した
(ここに書いてる時点でこっそりも何も無いのだが・・・)

相変わらずの無料レンタル掲示板なので
SPAM系の書き込みもあるだろうが、今回は書き込み通知機能付きということで
そういうのは片っ端から消していけばよろしい
もちろん普通に書き込みしていただいたメッセージに関しても
通知メールで認識できるので今までよりは多少レス付けも早くなるとは思う

当HP自体、一応模型系サイトを標榜してはいるものの
雑多なコンテンツの寄せ集めのようなものなので
模型ネタはもちろん、お気軽にご利用いただければ幸いではありまする

川口克己のヲタク的趣味生活BBS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2007

CVF本番

先日告知させていただいたCVFでの講演
雨が降るかも・・・と言われていた当日ではあるが
天候が崩れる事もなく、多くの方にご来場いただき本日なんとかやり終えた

当初の計算では30~40分くらいで出来る目算を立てていたのだが
カミカミのオシオシで結局1時間弱の講演となり
多くの方々にご迷惑をおかけし・・・申し訳ない

日本国内で今回の演目を行ったのは初めてで
中国でやった時は通訳を介してだった事もありペースの取り方も比較的容易だったが
今回はスタートからエンドまで一人喋りだったので勝手が違い
来場された方にとっては、お聞き苦しいところも多々あったとは思うが
最後までご清聴いただいた方にはとにかく感謝申し上げたい

もし今後このような催しを行う機会をいただけるようであれば
もう少し精進して行いたいと我ながら反省点ばかりに思い至る今日ではありました

いずれにしましても
本日ご来場いただいた方々、準備にご尽力いただいたスタッフの皆様には
こんな場ではありますが御礼申し上げる次第であります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ペットとおしゃべり(BlogPet)

BlogPet 今日のテーマ
「あなたがペットに覚えて欲しい言葉はどんな言葉ですか?」
おとうちゃん!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2007

次は北京原人

個人的にシーマンに対して強い思い入れがあるのだが
シーマンの最新作が3月末に発売されるらしい

今度は"北京原人育成キット"という内容なのだそうだが
それで何故シーマンというタイトルが付くのか純粋に疑問は感じる

それでもシーマニア的にはスルー出来ない何かを感じてしまう

公式サイトの方では前作同様に生真面目に作り上げたガセが
さももっともらしい筆致でネタとして展開されており
それを読むだけでも面白い

ダウンロードサービスということでブログアクセサリーなんかも用意されていたので
早速当ブログにも北京原人時計を貼り付けた

家族のいるところでプレイするにはいささかマヌケな感じもしないではないが
発売されればスルー出来ないんだろうなぁ・・・

SEAMAN2 ~北京原人育成キット~ 特報ページ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 26, 2007

ガンプラ王グランドチャンピオン

昨年夏に第一次選考があり
日本、香港、台湾の最優秀作品の作者さんに出されていた二次課題の作品が揃った

最終審査ということでお声掛けいただき
今日3作品を拝見させていただいた

2ヶ月という製作期間の中でMGを題材に作品を制作する
というのが今回の二次課題だったのだが
各人各様の持ち味が発揮されていてなかなかに見応えのある作品だったが
最終的には全員一致でグランドチャンピオンが決定した

本誌掲載の兼合いがあるのでここでは結果は記さないが
模型本来の醍醐味のようなものを久しぶりに感じさせていただいたような気がする

写真撮りし雑誌に掲載された時にどこまで読者さんに伝わるのか
という危惧は感じないでもないが
出来ることなら読者さんに現物を見てもらえる機会を設けて欲しいと
切に思える逸品ではある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2007

ヤマト、発進!

昨春、5月のホビーショーで発表以来
紆余曲折を経て1/350 宇宙戦艦ヤマトが今日、遂に出荷となった

一応発売日は1/27ということになっているが
販売店様の全てが出荷日と同日に商品入荷~販売という訳ではないので
発売日告知を行う場合、出荷日+2日くらいを告知日とするのだが
早いところでは即日入荷で今日既に店頭に置かれているお店もあると聞く

今回お値段もさることながらパッケージがとにかくデカイ
そして今回のパッケージではボックスアートに
高荷義之氏、加藤直之氏のお二人に原画をお願いし
両A面という形で使わせていただいている

そんなこともあり、流通各社さんではパッケージに傷が付かないよう
かなり気を使ってくださっているという話も聞こえてくる

ヤマトに魂を揺さぶられた現役模型ファンというのは
絶対数で見ると少ないかもしれない
それでも普段模型とは縁のない生活をしていても
ヤマトという名前を聞くと思わず振り返ってしまうという人は少なくないはずだ

今回一部販売店様の店頭ではキッシー岸山クン出演の
ヤマトご紹介ビデオを流していただいている販売店様もある
普段あまり我々とは縁のない枠にCMを入れたりということで
なるべく多くの方に商品の存在を認識していただきたいと思っている

御購入いただければこの上なく有り難いのではあるが
関心を持っていただくだけでもお願いしたい今日この頃

実際の商品がどんなものなのか
弊社サイトの方でも専用ページをアップしているので
そちらの方もご覧いただけると幸いではあります

バンダイホビーサイト-宇宙戦艦ヤマト

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 24, 2007

しずおかコンテンツバレーフェスティバル2007

1/26(fri)~28(sun)の3日間、静岡県庁周辺のエリアで
SCV(しずおかコンテンツバレーフェスティバル)というイベントがある
イベント自体の詳細はググっていただくとして
BHCも昨年に続き、そのイベントにご協力させていただいている

1/21(日)から静岡の地下連絡通路ショーケースで
新製品の展示やBHCのご紹介をさせていただいているのだが
070124
そのイベントにカワグチもちょびっと参加することになった

"バンダイ・クリエイティブ・トーク"ということで講演らしきものを行うのだが
プラモデルの歴史とガンプラ」ということでお話させていただくことになった
基本的には去年北京で行った講演内容を2007年版に更新したもので
現在はpptデータの更新作業中

pptはあくまでもお話をする時の資料に過ぎないので
データが出来上がっておしまい・・・という訳にもいかないのだが
お話しする内容はpptを作っている最中に考えながら、ということなので
試行錯誤を繰り返しながらの制作とはなる

最終日になる日曜日が本番、ということなのだが
もしお近くにお住まいの方でお暇があるようでしたら
ご来場いただけますと幸いであります

以上、告知でした!

しずおかコンテンツバレーフェスティバル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2007

新宿で見かけたヒト

仕事で新宿方面に出たのでついでに"さくらや"にでも行ってみるか・・・
ということでMY CITYの方から出てアルタ前で一服し
さくらやへ至るルートを採った

地上に出て来た時に街頭演説をしている声が聞こえてきた
新宿で珍しいなぁ・・・
渋谷だとかつては赤尾敏氏がよく辻説法と称して街宣をやってたけどなぁ

一服している間に白髪の初老の御仁の話を聞くとはなしに聞いていると
唯一神だとか、世界経済共同体だとか
日本の天皇制云々、英国の王政云々といった言葉が聞こえてくる

政治結社? 宗教結社? ただの怪しいヒト?
様々な「?」が頭をよぎる

街宣車というにはありきたりなワンボックスの車体には
< www.matayoshi.org >とURLが書き記されている

とりあえずアクセスしてみる・・・
ネット歴は浅くはないつもりだったが
嗜好に偏りがあるので白髪の初老の御仁を存じあげなかったが
検索をかけると出てくる出てくる

こんな有名人だったのかぁ・・・唯一神又吉イエス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2007

ラブカとラブカ

"生きた化石、深海魚ラブカを捕獲、泳ぐ姿の撮影に成功"

深海約600mあたりに生息し、海面近くに上がってくることは稀だと言われる深海魚
生きた化石とも呼ばれるラブカが沼津で捕獲されたらしい

水圧の変化のせいだろうか衰弱しており捕獲数時間後に死んでしまったそうだ

ところがニュースで報じられるラブカの映像を目にしても
貴重な生きた化石の映像であるはずなのに相応の高揚感が沸いてこない

何故なんだろう???

暫く考えて思い当たったのは
チョコエッグの第一弾でコンプリートを目指して買い漁っていた時に
やたらとラブカが出てきて猫またぎ状態になり有難みが全く無くなってしまった
というのが遠因ではなかろうか
ラブカという名前、模型とは言え姿形に新鮮味を感じなくなっているせいではなかろうか

間違いなく貴重な映像ではあるんだけどなぁ・・・
070122

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 21, 2007

特Ⅱ型@ピットロード

070121
ドラゴンのパンターA型、レベル・イタレリのシュトゥルムティーガーと
作りかけが机の上で完成を待つ中
先日押さえたピットの新作「綾波」のパッケージを開けてしまった

俺的には連合艦隊駆逐艦の中では特型駆逐艦というのは
かなり心動かされるアイテムだけに(本当は特Ⅰ型の方が好きなんだけど)
パッケ開けたら仮組みでしょう・・・ということで船体パーツを切り出してしまった

最近の艦艇模型の例に漏れず舷側のディティールを表現するために左右分割された船体を
接着した後に甲板を接着するというパーツ構成
形状的な考証はまだしていないが、模型としてのパーツの合いはかなり良い
甲板がピタッと船体に収まる感じというのはちょっと快感すら覚える

こりゃぁ一気に作ってみたくなるじゃないか・・・
綾波で作るんならやっぱり第三次ソロモン海戦だよなぁ・・・
そしたらもう一隻押さえて敷波にして・・・
T社特Ⅰ型とニコイチで浦波も・・・
それじゃぁ長良も作んないとなぁ・・・
でもタミヤの長良は対空兵装強化後だから・・・

嗚呼、妄想は限りなく広がってゆく
さっきまで戦車モードな気分だったのにすっかり艦船気分になっちゃってるですよ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 19, 2007

これは卑怯だろう・・・

普段見るテレビ番組というのは固定化していて
カテゴリー的にもけっこう偏りがある

バラエティ番組も見ることは見るのだが
やっぱり見る番組もだいたい決まってしまっている
そうすると出演者やゲストの顔ぶれなんかも固定化してしまい
たまに普段見ない番組を見ると新鮮だったりする

昨晩テレ朝のアメトークを何となく見ていて
神奈月のクレヨンしんちゃんには飲みかけのコーヒーを吹き出しそうになった
あれは卑怯だろう・・・
YOUTUBEで動画を探してみるとそこそこ出てくる
これで笑ってしまった自分というのがちょっと許せないのだが
久しぶりにヤラレタ感をあじあわされた気がする

イジリー岡田とか神奈月あたりは嫌いではないが
番組的に普段その芸を見る機会も少ないので知らなかった
それはそれでなんかちょっと悔しい気がする

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2007

メンテナンス終了・・・らしい

ココログ24時間メンテが終了した
今回は途中で不具合もなかったようだが(多分)実際どうなんだろう?
何がどう変わった、という実感は実際のところ感じられない

当ブログの左フレームで飼っているネズミのこげぞう@ BlogPet
ちょっと前にバージョンアップされたらしく新しい機能がいつの間にか追加されている

こげぞうをクリックするとフキダシが出る、というのは変わってはいないのだが
以前"名前"にカーソルを合わせると出てきたツールバーが現在固定表示になっていて
ツールバーに"ペットのひみつ日記"というのが新たに加わっている

こげぞうが日記を書いているらしいのだが
1/16付けの日記が実にタイムリーでいい味出している
やるなぁ、こげぞう・・・侮れない奴
070117

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 16, 2007

きょうは(BlogPet)

きょうは、放送ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2007

ココログ メンテナンス

昨年53時間メンテに失敗したココログ
ユーザーからのクレームも多数寄せられたようだが
その時出来なかったメンテナンスが明日行われることになった

1/16 15:00 ~ 1/17 15:00 の24時間の予定ででンテナンスが行われます
その間はオイラの書き込みはもちろん、コメントの書き込みも出来なくなります

ログの閲覧は問題なく出来るのでROMさんには影響ないと思いますが
一応ご連絡まで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2007

見本誌

アーマーモデリングの見本誌が昨日届いた
基本的な誌面構成は特に変わってはいないのだが
今月の特集は「鉄獅子、南へ」と題された旧日本陸軍戦車特集

「硫黄島からの手紙」の公開後というタイミング
ファインモールドから新砲塔の九七式中戦車と三式砲戦車が発売されたばかり
というタイミングを考えると当然と言える特集ではある・・・のだが
こう言っては何だが、今月の表紙は地味だねぇ

日の丸を敷いた上に単品迷彩塗装の三式砲戦車

"Armour Modelling"という欧文タイトルが無ければ、"丸"の付録?
と勘違いしてしまいそうな装丁
普通の人が書店で見た時にどんな印象を受けるんだろう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2007

シュトゥルムティーガー@レベル(イタレリ)

秋のホビーショーの時にハセガワブースで見かけたレベルの突撃臼砲
中身はイタレリのキットなのだが、つい衝動買いしてしまった
タミヤ、AFVクラブから出ている車種なのに何でわざわざ・・・
という気もしないではないが
車体にコーティングパターンが彫刻されているという気軽さは魅力で
何も考えずにとりあえず作るぶんには十分であろう

一応コブレンツタイプに仕上がることになるのだが
パーツ段階で見ていると、ヒケは出放題、小パーツは変形しているものも少なくない
パーツの合わせも多分隙間、段差は出るんだろうなぁ・・・という感じで
難を探せば山ほどあるのだが、無駄に細かいパーツ分割や
ランナー上でのパーツ配置からイタレリ風味が滲み出ているようで何となく愛おしい

何も考えずに・・・とは言うものの
38cmロケット砲口はさすがに何もしない訳にもいかず
とりあえずライフリングだけは手をつけることにした
エッチングを買ってくるのももったいないような気がしたので
何か手ごろなものは無いか・・・と思案した結果、プラペーパー無き現在
ハイコンのブリスター(受けの方)の平坦面を切り出し
Pカッターで軽く溝を切ったものを砲身に詰め込み表現することにした

真面目に採寸し突っ込むととりあえず1発でフィット
なかなか(・∀・)イイ!じゃないか・・・
あとはチャッチャと組み上げて塗装してしまえばそれなりには見えるだろう
昨年末から放置されているパンターと一緒に塗装して仕上げてみるか
070112

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2007

識者と呼ばれる人々

昨年末に新宿・渋谷で遺体が発見された殺人・遺体遺棄事件の犯人が逮捕された
被害者の妻が犯人ということでニュースではセンセーショナルに報じられている

年末から年明けにかけて近親者の間での殺人事件のニュースを頻繁に耳にするが
2件の殺人・遺体損壊事件が兄による実妹の、妻による夫の、というのは
猟奇殺人が増えているように思える昨今にあっても確かに衝撃的ではある

報道エンターテイメント系の番組の常として
コメンテイターと称される人々が様々な憶測を口にしていた
ある番組では「外国人による犯罪」と、特定に近い物言いまでしていたが
果たして本件の成り行きを想像し得た人は居たのだろうか?

事件の推移に合わせて識者のコメントは変化していくのだが
事実関係が明らかになると概して「想像を絶する・・・」的なコメントになっていく

想像出来ないんなら適当な憶測をTVで垂れ流さないで戴きたい
て、言うか、その道の専門家ならいざ知らず
畑違いの識者様が「ワタシが日本人の良識です」というような顔をして
コメントと称した感想を垂れ流すという厚顔無恥さがどうにも気持ち悪い

まぁ、こんなところで愚にも付かない事を垂れ流してるオイラが
言えた義理じゃないんだけどね

しかし、2件の殺人・遺体損壊事件を立て続けに扱う事になった
渋谷・代々木署は新年早々大変だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2007

仕事始めとホビーの蔵

昨日ホビーの蔵@SIDE-BNの撮影があった
12月配布号でGコレを飾る時のワンポイントアドバイスというのをやったのだが
今回はその続編
100均で売ってるコレクションケースを使ってもうちょっと手をかけてみよう
という試みをご紹介させていただいた

Gコレ自体が最近はミニコンプの奨励ということで因み系MSが揃うとシーンが出来る
という構成を採っている
本体に改造を加えるのではなくミニコンプ状態のものの飾り方に凝ろうよ
ということで、「ディオラマって思ってるほど難しくないよ」というのが
実は裏テーマだったりする

今回用意したサンプルは3点
その中で宇宙空間に浮かぶMSということで書割りの背景を配し
背景から突き出させた支え棒でMSを固定したものが
今回風見彩嬢に挑戦してもらうサンプル

その他にもうちょっと手の込んだジャブロー戦のサンプルも用意したのだが
これはまたの機会・・・ということで基本的には持ち越し

創意工夫で頑張ろう、というのが蔵の理念なので
今回使用した材料や工具も基本的には100均で手に入るものばかり

ちなみに今回製作した3点のサンプル
製作時間は同時進行で乾燥待ち時間なんかも含め約8時間也
070110_1 














←クリックすると少し大きい画像になります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2007

スターリングラード

年末年始のTV番組というのは名作とか古典と評される映画が放送されるので結構楽しい
昨晩というか深夜にNHK-BS2で「スターリングラード(ヴァシリ・ザイチェフの方)」
をやっていたのだが、独ソ戦というのはどうも暗いというか陰惨だねぇ
いや、戦争に明るいも暗いもないんだけど
エンタテインメントである映画の題材としては爽快感のカケラも無い

実際のスターリングラードなんてもっと悲惨な状態だったんだろうけど
人の生き死にが自分とは無縁と思っている時代、国に生きている身としては
冒頭からドイツ軍陣地に殺到する赤軍が追い返され
退却を許さない赤軍将校の命令により味方の銃弾で赤軍兵士がバタバタと倒れていく
エピソードとしては知っていても演技とは言えビジュアルで見せられると
やはり陰鬱な気分になってしまう

映画としてどうよ? と問われると・・・俺的には結構好きだったりする
狙撃兵の話ということで戦争という組織・集団の中での個人技の話になる訳で
ハンターが追われる身になり逆襲を果たすという展開は或る意味王道
エド・ハリス演じるケーニッヒ少佐が実に渋カッコイイ
山岳帽のエーデルワイス章、似合い過ぎですよ
少佐の最期には少々異議有りではありますが、まぁビジュアル的には判らんでもないし

でも劇中から感じられるドイツ軍の様子を見てると
パウルス第6軍は無条件降伏するほど逼迫した状況ではないよなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2007

THE DARK SIDE OF THE MOON

夜中に以前NHK-BS2で放送された洋楽ライブ番組の再放送があり
1994年のロンドン/アールズ・コートでのライブが放送された
メダマは『狂気』の全曲演奏ということになるのだが
夜中に誰もいない部屋で聞くフロイドというのはやはり良い

学生時代、まだ暗い冬の夜明け直前に窓を開け放しヘッドホン+大音響でエコーズを聴き始め
東の空が明るくなっていくのを何をするでもなくただ聴きながら眺める・・・
というのが至高の贅沢に思えた時期があった

まぁ、俺気分的にはフロイドは真昼間の陽光の下で聴くような健康的な音楽ではない
友人とノリノリで聴く音楽でもない
ひとり自分の世界に籠もって鬱々と聴き入るというのがやはりヨロシイ

そんな気分を思い起こさせてくれたライブだったのだが
惜しむらくはやっぱりそこにはロジャー・ウォータースの姿は無い訳で
その1点に於いては俺的には残念でならない

近年の月を覆う影が消えたフロイドも嫌いじゃないんだけど
ファイナルカットまでの楽曲に関しては
R.ウォータースの鼻にかかったボーカルが聞こえてこないと落ち着かない

そういう意味ではLIVE8のステージというのはやっぱり貴重な演奏シーンなんだねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2007

風林火山

タイトルだけ聞けば武田信玄の話? と思ってしまうところだが
今年のNHK大河ドラマの主役は山本勘助
武田二十四将のひとりとして城取り、軍略に長けていたとされる異形の軍師

井上靖氏の原作に拠るとは言え、近年まで架空の人物とも言われていた一武将が
1年間の長丁場となる大河ドラマの主役というのは少々驚く

青年時代からスタートするというドラマの年末のクライマックスは
勘助最期の戦いとなる「第四次川中島の戦い」ということになるのだろうが
その敵将となる上杉謙信にはGacktが扮するという

俺的には合戦に於ける軍神とも称される猛々しさというのが謙信のイメージなのだが
チーフ・プロデューサー氏の言では
「孤高の天才という雰囲気を漂わせるストイックなカリスマ性」
ということでの起用であるとのこと
まぁ、昔から謙信女性説などというものもある訳で
必ずしも既成の謙信像にこだわる必要も無いのだが
勘助の生き様同様にGackt演じる謙信というのもちょっと面白そうではある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2007

いつの間にか・・・

昨年から原油価格の高騰によるプラモデル商品価格の改定が話題になっている

ガンプラも・・・などという噂も巷間にはあるようだが
とりあえず今のところはそういう方向にはなっていないので
ガンプラ趣味人さんは安心して欲しいところなのだが
タミヤさんのHPで価格改定のご案内を改めて見ていてちょっとビックリ

サイドカーが¥1,200、8体入りフィギュアセットが¥900、Ⅱ号戦車が¥1,000・・・
貨幣価値が変わっているにしてもオイラが小学生の頃は
¥1,000overの主力戦車やハチハチなんぞというスターは夢のまた夢
その叶わぬ夢を同じ戦車だ、という乱暴なカテゴライズで
Ⅱ号戦車を買って我慢していたことを思うと隔世の感を覚える

て言うかさぁ、アフリカ軍団4体+戦車兵1体付きⅡ号戦車が¥1,000で
ドライバー、パッセンジャー+行軍中の歩兵、計4体付きサイドカー¥1,200って
どういう価格体系なんだろう???
まだまだ上がりますよ、ということなんだろうなぁ・・・

若い衆が最近スケールモデルを作らない、という声はよく聞かれるが
そりゃぁ買えませんがな

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 02, 2007

メジャー

昨日から妹家族も親元に来ていて賑やかな正月風景が繰り広げられている

比較的おとなしいとはいえ小学5年、3年の甥っ子に
幼稚園年長さんの姪っ子
それに加えてもうすぐ2歳になる我が家の姫さんと、子供が4人もいれば
それなりに賑やかになるのは必然・・・ではあるのだが
甥っ子達は朝からNHK教育で集中再放送されている「メジャー」に釘付け状態

付き合う訳でもなく何となく見ていると・・・面白いじゃないか

不勉強ながらサンデーを読む機会もあまりないので原作は読んでいなっかったため
ただの少年野球漫画くらいの認識でいたのだが、甘かったっすよ

SEED DESTINY放映の際に小学生視聴層をメジャーに持っていかれた
という話は当時から言われていたのだが、今更ながらに納得
明日は自宅で腰をかばいながら静養ということになるのだが
多分8時には起きて見ちゃうんだろうなぁ・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

導入に先駆け京成京成(BlogPet)

ぴかちうたろうは
来年2月に導入される「京成カード」導入に先駆け京成京成、車内でその広告を頻繁に.
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こげちゃまる」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

2007年

昨日博多の親元に来て新しい年を迎えた

六星占術的には昨年で大殺界が終わり
今年は「年運:種子/月運:立花」ということで幸先いい筈だったんだけど・・・

夕方頃から強烈な腰痛に見舞われ立ち歩きもちょっとままならなくなっている
まだ学生だった頃にやはりかなりキツイ腰痛があり
その後それ程ではないのだが時々腰痛に苛まれることはあった
単に痛いだけならまだ良いのだが(良くはないけど)
時々腰に力が入らなくなるというのは閉口する

三が日中は病院もやっていないし、明日は空路自宅へ戻ることになっている
いずれにせよ4日の朝イチで病院へ行くということで
とりあえず無理はしない・・・ということになるのだが
何とも不本意な年明けではある

例年であればHPトップの看板も新年用に掛け直すところなのだが
今年はその余力もなく、メールで新年のご挨拶をいただいた方々にも
こちらからのご挨拶は少々遅めになってしまいそうで大変申し訳ありません

まずはこの場にて普段よりご贔屓に頂いております皆様へ・・・

新春のお慶びを申し上げます
  本年もどうぞ宜しくお願いいたします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »