« 台北より帰国 | Main | DQⅨはDSかぁ・・・ »

December 12, 2006

硫黄島からの手紙

イーストウッド監督の硫黄島二部作の後編にあたる
「硫黄島からの手紙」が米国の映画賞を受賞し話題となっている

未見の作品なので断定的な物言いは出来ないが
主演である渡辺謙が演じるのは硫黄島守備隊長 栗林忠道陸軍中将

絶望的な戦いに殉ずる役回りということでは
ラスト・サムライの"勝元"に通ずる
"滅び"を背負った人物像を演じている訳だが
もし単なる悲運の名将として描かれているのであれば
オレ的には感情移入できないかもしれない

原案は梯久美子氏の『散るぞ悲しき』だということなので
基本線は大丈夫だろうとは思うのだが
単に戦争という極限状態には生き難い
ヒューマニズムを謳うものでもちょっとノレないかもしれない

制海権も制空権もない、支援の全く望めない孤島で
1ヶ月余に渡り米軍を足止めし得たのは何故か

太平洋戦争末期の玉砕戦では必ず採られたバンザイ突撃が
硫黄島で行われなかったのは何故か

戦後、太平洋戦争に於ける日本軍人で最も優秀な指揮官として
米軍から栗林中将の名前が挙げられるのは何故か

明敏にして冷徹な合理主義とそれゆえに選ばざるを得なかった
散るよりも辛い生きて戦う道を部下に強いることとなった哀しみ

その辺のところをしっかり描ききってくれていたら
オレは多分涙することになるだろう
期待半分、不安半分というのが今のところの正直な気分だが
実際に見るまでは様々な映画評は避けて過ごすことにしたい

|

« 台北より帰国 | Main | DQⅨはDSかぁ・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 硫黄島からの手紙:

» 硫黄島からの手紙 [ニュースをよむ!]
公開前からアカデミー賞の呼び声が高かったクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」。「父親たちの星条旗」に続く2部作第2弾として、日本から見た硫黄島を描いています。いまや世界的な俳優になった渡辺謙をはじめ嵐の二宮和也、伊原剛志、中村...... [Read More]

Tracked on December 25, 2006 08:47 PM

» 日本は硫黄島で2度負けた〜「硫黄島からの手紙」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、というか硫黄....... [Read More]

Tracked on December 30, 2006 10:08 AM

« 台北より帰国 | Main | DQⅨはDSかぁ・・・ »